ウールドゥヴァハスターサナ(手を上にあけ?るポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガポーズ

ウールドゥヴァハスターサナは、太陽礼拝に含まれるポーズの1つ。正しい姿勢で手を上げ、呼吸をおこなうだけなので、初心者でも無理せずおこないます。肩の柔軟性を上げることが可能。またそれぞれの筋肉を意識することで、筋力を増やすこともできます。

別名「手を上にあけ?るポーズ」と呼ばれることも。バランスが偏っていない正しい姿勢を学ぶことができるので、山のポーズが身についたあとに積極的に取り組んでみましょう。

効果

腹部周辺の筋肉をストレッチする効果が期待できます。腹筋を使って姿勢を支えるため、内臓へ刺激を与えることが可能。胃腸や消化機能を活性化も期待できます。また腕をまっすぐ上げることで、肩だけでなく脇の下にある筋肉も伸ばせるので、疲労を感じたときにもおすすめです。筋肉をほぐし解放させるので、ストレスの緩和にも。

ウールドゥヴァハスターサナのやり方

1.ターダーサナから

ターダーサナ(山のポーズ)から始めます。息を吸いながら、外側から持ち上げるように両手を上げましょう。肩の柔軟性が弱く、背中が丸まってしまう、肩が上がってしまう場合は、まっすぐに伸ばした状態のままで構いません。可能なら手のひらを合わせてください。

2.左右のバランス良く体重を乗せる

耳に肩がつかないようにして、両足にバランスよく体重が乗るように調節します。息を吸うと同時に背筋を伸ばしましょう。

そのままポーズをキープ。息を吐きながら手を外側からゆっくりと下ろしてください。そのまま上半身を股関節から折り曲げ、ウッタナーサナ(立位前屈)へ移行しても構いません。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

シムハーサナ(獅子のポーズ)とは

シムハーサナは、体だけでなく顔も連動させておこなう...

2019年07月04日, ヨガポーズ

ハヌマナーサナ(猿王のポーズ)とは

ハヌマナーサナは、股関節の柔軟性がポイントになるポ...

2019年07月10日, ヨガポーズ

ヴィーラバッドラーサナI(戦士のポーズI/英雄のポーズI)とは

ヴィーラバッドラーサナは、ヨガの代表的なポーズの1...

2019年07月04日, ヨガポーズ