ウッタナシショーサナ(パピーポーズ・子犬のポーズ・猫の背伸びのポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガポーズ

ウッタナ・シショーサナは、初心者でもできるポーズ。背中をストレッチさせることができます。正しいポーズを意識することで、肩や背中の筋肉も伸ばせるのがポイント。1日の終わり、就寝前におすすめです。別名「パピーポーズ」や「子犬のポーズ」、「猫の背伸びのポーズ」などと呼ばれることも。ポーズの完成形が動物が伸びをした姿に似ていることが由来です。

効果

肩から背中を効果的にストレッチすることが可能なポーズ。凝り固まった筋肉をほぐすため、肩こりなどの痛みを緩和できるほか、疲労回復にも効果的です。リラックスできるので、ストレスの緩和にも最適。

注意

肩に強い痛みがある場合は避けましょう。ひざに痛みや何らかの疾患がある場合は、おこなわないでください。

ウッタナ・シショーサナのやり方

1.ひじを伸ばす

四つん這いになります。手は肩から腕が伸びる位置に、太ももが床から垂直に伸びるように置きましょう。そのまま徐々に手を前に移動させ、ひじをついてください。手のひらを床につけます。足はつま先を立てましょう。

2.足の角度がポイント

額を床につけ、骨盤から太ももが伸びるような位置でひざをつけます。

3.ゆっくりとした呼吸で

その状態から、できるだけ胸を床に近づけてみましょう。背中をやや反らせ、ストレッチさせます。お尻が後ろに倒れないようにしっかりと姿勢を保ちましょう。

そのままの状態で30秒キープ。ゆっくりと呼吸を繰り返しながら保ちます。ポーズを続け、慣れてきたらキープ時間を長くしても構いません。

元に戻る際は、息を吸いながら正座をし、バーラーサナ(子供のポーズ)へ移行しましょう。ストレッチさせた体をリラックスさせることができます。

関連する記事

アルダマッツェーンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ)とは

アルダマッツェーンドラーサナは、体をねじるポーズ。...

2019年06月11日, ヨガポーズ

ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)とは

ウシュトラーサナは、大きく胸を開き、背中を反らせて...

2019年06月12日, ヨガポーズ

アドームカシュヴァーナーサナ(下向きの犬のポーズ・ダウンドッグ)とは

アドームカシュヴァーナーサナは、ヨガの伝統的なポー...

2019年06月12日, ヨガポーズ