ナタラージャーサナ(踊り神のポーズ)とは

Eri
公開, 更新 , ヨガポーズ

ナタラージャーサナは、片足でバランスをとるポーズ。ある程度の柔軟性とポーズをキープするための筋力は必要ですが、難易度は比較的易しいため、初心者でも問題なく楽しめます。全身の筋肉を刺激できるため、全体的に引き締めたい人に最適です。

別名「踊り神のポーズ」と呼ばれることも。「ナタ」はサンスクリット語で踊り子と訳し、ラージャは「貴族」の意味を持ちます。股関節の柔軟性を上げたいときにもおすすめ。

効果

肩や胸、お腹などの上半身や股関節、太もも、ふくらはぎ、足首といった広い範囲のストレッチと強化に効果的なポーズ。片足でキープするため、バランス感覚を養うこともできます。集中力の向上にも。

ポイント

初心者は、後ろに持ち上げるほうの足に力を入れることでつってしまう可能性があるため、足首を曲げておくのがポイントです。足が上がらない場合は、無理して上げずにできる範囲でキープしてください。

ナタラージャーサナのやり方

1.体の後ろで足を掴む

ターダーサナ(山のポーズ)から始め、左足のひざを曲げ、足の甲を手で掴みます。両足が開かないようにしましょう。

2.ゆっくりと持ち上げる

右手を上げ、背筋をまっすぐに伸ばし、左足を後方へ持ち上げていきます。

3.呼吸を忘れずにおこなう

股関節から曲げるように上半身も倒し、伸ばした右手と左足を引っ張り合うイメージでキープ。そのまま30秒ほど呼吸を繰り返してください。

元に戻るときは、息を吐きながら上半身を上げ、足を下げましょう。左右の足を変え、同様におこなってください。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ティッティバーサナ(ホタルのポーズ)とは

ティッティバーサナは、高い筋力が必要なポーズ。腕と...

2019年07月04日, ヨガポーズ

プランクポーズ(板のポーズ)とは

プランクポーズは、全身の筋力アップに効果的なポーズ...

2019年07月04日, ヨガポーズ

シャラバーサナ(バッタのポーズ)とは

シャラバーサナは、うつ伏せになっておこなうポーズ。...

2019年07月04日, ヨガポーズ