ティッティバーサナ(ホタルのポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガポーズ

ティッティバーサナは、高い筋力が必要なポーズ。腕と腹筋の力でポーズを完成させるため、比較的難易度は高いのが特徴。初心者は無理せずできる範囲でおこない、徐々にステップアップするようにしてください。別名「ホタルのポーズ」と呼ばれることも。「ティッティバ」はサンスクリット語でホタルを意味しています。ポーズの完成形が昆虫に似ていることが由来。

効果

背中から足の付け根内側を効果的にストレッチすることが可能。腕と手首の筋肉を強化することもできます。また、腹筋を使ってポーズをキープするため、筋力アップはもちろん、内臓機能を活発にする効果も期待可能。バランス感覚が欲しい人にもおすすめ。

注意

肩やひじ、手首、腰に痛みや疾患がある場合は、ポーズをおこなわないでください。

ポイント

初心者は、ひざを曲げた状態で完成として構いません。持ち上げる余裕があれば、徐々に足を伸ばしてみましょう。

ティッティバーサナのやり方

1.しっかり立つ

肩幅よりも大きく足を開きます。しっかりと足裏を床につけ、親指の付け根と小指からかかとまでに力が入るように立ちましょう。

2.前屈する

息を吐きながら上半身を倒し、足の間に肩を入れるようにします。手はお尻の下あたりについてください。このとき、ひざは軽く曲がっていても構いません。

3.ゆっくり持ち上げる

そのままゆっくりと腰を落とし、しゃがみながら両手に体重を移動させます。腹筋に力を入れながら、両足を持ち上げましょう。ひざは、肩とくっつけておきます。目線は前に。

可能ならば、その状態から両ひざ、両ひじを伸ばしましょう。つま先は前に伸ばします。

呼吸を繰り返しながら、ポーズを15秒程度キープ。元に戻るときは、息を吐きながら足を下ろしましょう。

関連する記事

ウパヴィシュタコーナーサナ (開脚前屈のポーズ)とは

ウパヴィシュタコーナーサナは、股関節から足の筋肉を...

2019年06月11日, ヨガポーズ

アルダチャンドラーサナ(半月のポーズ)とは

アルダチャンドラーサナは、足や腕の筋肉を強化・スト...

2019年06月11日, ヨガポーズ

ガルーダーサナ(鷲のポーズ)とは

ガルーダーサナは、片足でバランスを取るポーズ。大き...

2019年06月12日, ヨガポーズ