ウパヴィシュタコーナーサナ (開脚前屈のポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

ウパヴィシュタコーナーサナは、股関節から足の筋肉をほぐせるポーズ。柔軟性をあげるのにも適しています。上半身を倒す際に、股関節からしっかりと曲げることを意識すると効果的。別名「開脚前屈のポーズ」と呼ばれることもあります。

初心者でも問題なく取り組めますが、高い柔軟性が必要になるポーズなので、無理せず徐々に完成形に近づいていきましょう。

効果

足全体のストレッチ効果が期待できます。また、股関節の柔軟性をあげることも可能。それに伴って、内臓の活性化にもつながります。体をほぐしながら数分キープすることでリラックス効果も。前に倒れる際に上半身は伸ばしたままキープするので、自然と腹筋や背筋に刺激を与えられます。

注意

腰に痛みや何らかの疾患を抱えている場合は、厚めに畳んだブランケットやタオルなどの上に座っておこないましょう。体への負担を減らすことが可能です。また痛みがひどい場合は、おこなわないでください。

ウパヴィシュタコーナーサナのやり方

1.ダンダーサナから足を広げる

両足を前に伸ばしたダンダーサナ(杖のポーズ)から始めます。やや後ろに体重を置き、足を左右に開きましょう。重心を元に戻すと、より広げられます。

2.ひざの位置を調整

ひざが天井を向くように太ももの位置を調整してください。かかとは前に押し出し、足裏を伸ばしましょう。

3.股関節から曲げる

ひざの位置はずらさず、息を吐きながらゆっくりと手を前方に伸ばしていきます。ポイントは、股関節からしっかりと曲げること。お腹は折り曲げずまっすぐに保ちましょう。

足の裏側がストレッチされるまで前に倒れたら、その状態で1分ほどキープします。元に戻るときは息を吸いながら、上半身は伸ばしたまま体を起こしましょう。

関連する記事

バーラドヴァージャーサナI(賢者のポーズ)とは

バーラドヴァージャーサナIは、上半身をねじるポーズ...

2019年06月11日, 運動&ジム

ヴルクシャーサナ(木のポーズ)とは

ヴルクシャーサナは、ヨガの代表的なポーズ。片脚立ち...

2019年06月12日, 運動&ジム

ターダーサナ(山のポーズ・マウンテンポーズ)とは

ターダーサナは、ヨガの基本となる立位のポーズ。ほと...

2019年06月12日, 運動&ジム