シムハーサナ(獅子のポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガポーズ

シムハーサナは、体だけでなく顔も連動させておこなうのが特徴のヨガポーズ。リフトアップや表情筋を鍛えたい人に最適です。また顔の筋肉に刺激を与えるだけでなく、全身のリラックス効果も得られます。別名「獅子のポーズ」や「ライオンポーズ」と呼ばれることも。

手を大きく開くと肩甲骨を広げることが可能です。初心者でも取り組めるポーズなので、ストレス発散や美容効果を得たい人は習慣的におこなってみましょう。

効果

顔を大きく動かすため、普段なかなか動かさない表情筋を刺激します。顔の緊張やコリをほぐすことが可能。また首のシワを予防する効果も期待できます。顔のリフトアップに最適なポーズです。

注意

ひざに痛みや疾患がある場合は、長時間おこなわないようにしましょう。もしくは、椅子に座っておこなってください。

初心者の場合、足の下にブランケットを敷いたりすると姿勢が取りやすくなります。

シムハーサナのやり方

1.足をクロスさせる

両ひざをつけて座ります。右足首は左足首に乗せましょう。かかとの上にお尻が乗るように座ってください。

2.指は開く

手の指を開き、しっかりと両ひざを押します。

3.顔の動きは思いっきり

鼻から息を吸うと同時に口を大きく開いて、舌をできるだけアゴへと伸ばしましょう。このとき、両目は大きく開いてください。そのまま息を吐きながら、喉を広げるようにして「はー」という声を出します。

2~3回ほど繰り返したら、足を左右変えて同様におこなってください。

関連する記事

ヴィラバドラーサナ?(戦士のポーズ?/英雄のポーズ?)とは

ヴィラバドラーサナ?は、1~3段階ある戦士のポーズ...

2019年06月11日, ヨガポーズ

アグニスタンバーサナ(薪のポーズ)とは

アグニスタンバーサナは、初心者でも比較的簡単におこ...

2019年06月11日, ヨガポーズ

ブジャンガーサナ(コブラのポーズ)とは

ブジャンガーサナは、ヨガの代表的なポーズの1つ。初...

2019年06月12日, ヨガポーズ