パシャーサナ(輪縄のポーズ)とは

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガポーズ

パシャーサナは、難易度の高いポーズ。初心者の場合は、ねじりを深くするイメージで取り組みましょう。全身のストレッチ効果が高く、内臓機能の活性化にも最適なポーズ。胃腸の調子を整えるのにも適しています。別名「輪縄のポーズ」と呼ばれることも。

かかとをつけてしゃがむのが難しい場合は、かかとの下に畳んだブランケットやタオルなどを敷いておこないましょう。

効果

足の付け根から太もも、足首まで、下半身を広範囲に渡ってストレッチさせることが可能。またねじりを加えると、背骨や腹部のストレッチもおこなえて、内臓機能の活性化にもつながります。胃腸の調子を整える効果も期待可能。姿勢の改善にも効果的です。

注意

ひざや腰に痛み、疾患がある場合はこのポーズをおこなわないでください。

ポイント

全身の高い柔軟性が必要になるポーズなので、初心者の場合は無理せず取り組みましょう。また手を掴むのではなく、壁際でおこない、壁に手をついてねじりを深くする方法が最適です。

パシャーサナのやり方

1.ゆっくりとしゃがむ

タダーサナ(山のポーズ)から始めます。そのまま息を吐きながらゆっくりとひざを曲げ、かかとの上にお尻を乗せるようにしゃがみましょう。

2.体をねじる

息を吐きながら、右を向くように上半身をねじります。左ひじを右ひざに引っ掛けられるまでねじりましょう。脇と太ももをできるだけ近づけるのがポイントです。

3.胸を開き、呼吸を繰り返す

右ひじを背中に回します。左ひじも曲げ、背中側でひざを抱えるようなイメージで右手で左手を掴みましょう。

そのままポーズを30秒ほどキープ。胸をしっかりと開きましょう。元に戻る際は息を吐きながらゆっくりと手をほどき、上半身を正面に戻してください。左右を変え、同様におこないましょう。

関連する記事

ウトゥカターサナ(椅子のポーズ・チェアポーズ)とは

ウトゥカターサナは、下半身の強化に役立つポーズ。ス...

2019年06月12日, ヨガポーズ

ウシュトラーサナ(ラクダのポーズ)とは

ウシュトラーサナは、大きく胸を開き、背中を反らせて...

2019年06月12日, ヨガポーズ

アドームカシュヴァーナーサナ(下向きの犬のポーズ・ダウンドッグ)とは

アドームカシュヴァーナーサナは、ヨガの伝統的なポー...

2019年06月12日, ヨガポーズ