ストレス耐性とは?立ち向かうためには、自覚して受け入れることも大切。

ストレス耐性とは?立ち向かうためには、自覚して受け入れることも大切。

Siena編集部
公開, 更新 , リラックス

ストレスは、避けることができないもの。しかしストレスを受ける度合いには、個人差があると言われています。一般的にストレス耐性と呼ばれ、ストレスに耐えられる力があるかどうかを指すものです。強い場合はストレスに対する抵抗力があり、弱い場合はストレスに負けやすい傾向にあると言われています。

ストレス耐性をつけるためには、一体どのすればよいのでしょうか?ストレス耐性についても、合わせて解説します。

ストレス耐性とは

ストレス耐性とは、ストレスに対する抵抗力や強さのこと。ストレスを対処するスキルがあるかをはかるための指標とも言われています。個人差があり、耐性が高い人はストレスを乗り越えられ、低い人は落ち込みやすいのが特徴。

もし耐性が低くても、ストレスに対しての向き合い方や対処方法などによって、耐性を高めることは可能です。

ストレス耐性を決定づける要素には、下記の6つがあります。

  • 感知能力・・・ストレッサーに気が付くか、気が付かないか
  • 回避能力・・・ストレスを感じやすい性格か
  • 根本の処理能力・・・ストレッサーをなくしたり、弱めたりできるか
  • 転換能力・・・ストレスを良い方に捉え直すことができるか
  • 経験・・・過去に受けたストレッサーにどの程度対応した経験があるのか
  • 要領・・・ストレスをどのくらい溜められるか

低いからだめ、高いから良いわけではない

ストレス耐性といっても、それぞれに合った環境や仕事、また生き方があるため、ストレス耐性が低いのは良くないと一概には言えません。

たとえば耐性が低い人は、言い換えればストレスに対して敏感になっているため、リスクを最小限まで押さえようと対処している場合があります。またていねいで几帳面な仕事をする特徴を持っていることも。

またストレス耐性が高くても、高ストレスな環境に長期間いて適度な発散ができなければ、精神的な不調をきたす可能性はあります。

ストレス耐性を高めたいなら

ストレス耐性をつけるためには、ストレスを自覚することはもちろん、うまく向き合っていくことが大事。自分なりの解消法を見つけたり、考え方を変えてみることもストレス耐性をつけるためには必要なことです。

規則正しい生活を送る

正しい生活によって健康的な体を手に入れるだけでも、心身ともにストレスによる影響を受けづらくなります。自律神経の乱れはストレスを感じやすくなってしまうため、しっかりした睡眠と適度な運動はとくに重要なポイント。自律神経はストレスでも乱れるので、適度に発散することも大事です。

ストレスを自覚する

ストレスがかかっていることを自覚するのも大切。ストレスの原因が分かれば、対処がしやすくなるのはもちろん、解消も効果的におこなえます。

自分がいま何に対して辛く思っているのか、などを紙に書き出してみましょう。ストレスの緩和になるだけでなく、原因を見つけることにもつながります。

ストレスを前向きに捉える

ストレスは良くないものではありません。適度なストレスは、仕事や生活のパフォーマンスを上げると言われています。体に影響を及ぼすほどの高負荷なストレスであれば、対処法を考える必要はありますが、まずはストレスを受けても悲観的に捉えないことも大切なポイントです。

またストレスだけでなく、すべてのものの見方を前向きに捉えるのも大事。

他人のことを気にしすぎない

人からどう見られているのか、どう思われているのかなど、他人から見える自分が気になってしまうこともあるはず。しかし他人は他人と割り切り、気にしないようにすることも大事です。

すぐストレス耐性にをつけようと思っても、なかなかうまくいかないもの。少しずつでも良いので、自分との向き合い方を良い方向に変えていくことで、気持ちが楽になります。

関連する記事

ストレスからくる不調の対処・予防法とは?自分に合った方法を見つけよう。

不安感や憂鬱感、イライラといった心の不調、肩こりや...

2019年07月23日, リラックス

ストレスが溜まっているかわからない。定期的にチェックして、解消していこう。

仕事や家庭、人間関係など、ストレスが溜まる要因はい...

2019年07月04日, リラックス