ストレスが体に与える影響とは?おすすめの対策・対処法も。

Siena編集部
公開, 更新 , リラックス

現代はストレス社会と言われており、老若男女問わず、さまざまなストレスに晒されています。ストレスが体に与える影響は、人それぞれが持つ性格や気質といったタイプによっても左右されますが、多くの場合、自律神経の乱れにつながります。放っておくと、事の能率やモチベーション、人間関係にも影響が及んでしまうことも。

ストレスを溜め込んでしまうと、あとから解消していくのが難しくなってしまいます。そのため、その都度緩和できるように、対処・対策を取ることが大事。ストレスによる影響を減らせます。

ストレスが体に与える影響には、一体どのようなものがあるのでしょうか?対処・対策の方法も合わせて解説します。

ストレスが体に与える影響とは?

ストレスは、体へさまざまな影響を与えます。ストレスを受けたあとに、都度解消していかないと、体に不調が起きる原因に。

たとえば、体を非常に活発にさせ、身体能力が一時的に向上します。一見問題ないように見えますが、ストレスによる体の緊張・活動的な状態は、体をうまく休息させることができなくなる原因に。また緊張状態が続くことで筋肉が緊張し、肩こりや頭痛などの症状が起こることもあります。

そのほか、自律神経のうち、リラックス時に優位になる副交感神経が活発になると、免疫が上がりやすく、反対にストレス・緊張状態の交感神経が優位になっているときは、免疫が落ちているため、病気になりやすい状態です。

ストレスを溜めないための方法とは?

ストレスを溜めないためには、運動などで体を動かしたり、知人へ悩みを相談したりといった方法がおすすめ。自分にとって気分転換になる方法を取ると、心身ともにリフレッシュできます。

友達や恋人に相談する

人は誰かに話をすることで、心が軽くなったり気分転換ができ、ストレスも同時に発散されます。ポイントは、自分が話していて楽しい人と会話をすること。無理に会話をしなければいけない場合は、余計にストレスが溜まってしまうこともあります。

友人や知人、恋人など、ストレスなく話ができ、またしっかりと話しを聞いてくれる人との会話を楽しみましょう。相手がいなかったら、カウンセラーなどに聞いてもらうのも1つの手です。

適度な運動

ウォーキングや軽いジョギングなど、軽く体を動かせる運動を取り入れるのもストレス解消には最適。適度な疲労感が得られる運動がおすすめです。

体を動かすと血流が促進し、緊張して固まったことで停滞していた血液が流れるようになります。体もほぐれ、ストレスが緩和。また運動によって気分をリフレッシュできるメリットもあります。

趣味を楽しむ

ストレスの緩和には、趣味や好きなこと、それに没頭する時間を作るのも重要。集中することでストレスの原因となるものから思考を切り離せるので、気持ちの切り替えになります。

香りを楽しみながら入浴する

入浴は、効果的にストレスを解消できる方法。体を温め、血流が促進されると、ストレスによる体の緊張がほぐれます。また温まることで、気持ちへのリラックス効果も。

おすすめは、アロマオイルを2〜3滴ほどいれること。ストレスの緩和におすすめのアロマは、イランイランやローズウッド、グレープフルーツなどの香りです。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

酵素風呂で得られる効果とは?高い発汗、温熱作用で温活しよう。

近年、健康のために温活が取り入れられています。温活...

2019年07月23日, リラックス

家でリラックスするために。環境を整えて、充実する1日の過ごし方を始めよう。

仕事や外出先から家に帰るとホッとするもの。家は、身...

2019年07月04日, リラックス

リラックスと肩こりの関係とは?つらい肩こりを解消するための方法4つ。

日常が忙しく、身体や心がリラックスできない状態が続...

2019年07月04日, リラックス