筋トレがめんどくさい。続けるために重要なポイントとは?

SIENA編集部
公開, 更新 , 筋トレ

筋トレの効果を実感するためには、やはりある程度の時間が必要です。継続しないといけないと分かっていても、トレーニングを続けていると、飽きたりめんどくさいと感じる人も多いはず。

理想のプロポーションを得られるかどうかは、運動神経が良いことよりも、運動を続けることのほうが重要。

めんどうな筋トレを続けるためには、一体どうすれば良いのでしょうか?単調になりがちな筋トレを飽きずに続けるコツを掴みましょう。

筋トレがめんどうに感じてしまうのは?

筋トレがめんどくさく感じる要因には、運動がそもそも好きではなかった、黙々と体を動かすのに飽きた、ジムへ通うのが辛いなどさまざまあります。

またトレーニングに対して明確な目標をしっかり持っていなかったり、効果を実感できないために、筋トレへのモチベーションが下がってしまう場合も。

筋トレは、継続することで効果が着実に得られる運動。すぐに結果を求めてしまったり、慣れていないのに回数を重ねてしまったりと無理をすると、継続するのが難しくなってしまいます。めんどうに感じても、継続するモチベーションを持つことがポイント。

めんどうな筋トレを続けるためには?

筋トレをめんどうに感じてしまわないためには、計画をしっかりと立てたり、自分のペースで続けていくことが重要です。またせっかくジムに通ったのに、めんどうで行かなくなってしまった、といった状態を避けるためにも、まずは自宅で筋トレをおこなってみるのがおすすめ。

自宅での筋トレでも、正しいトレーニングをおこなえば必ず筋肉はついていきます。

具体的な計画を立てる

筋トレを継続させるためには、最終的な目標を明確にしましょう。まず大きな目標を掲げたら、実現可能な小さな目標を思いつく限りたくさん作っていきます。

小さな目標は、タイムリミットも明確に設定してください。小さな目標も掲げることで、それが成功したときに自分に達成感が生まれ、その体験が自信となっていきます。

自分に合ったペースで続ける

筋肉を強化するためには休息が必要と言われていますが、筋トレを休むと次におこなうのがめんどうになってやらなくなった人もいるはず。効率的に筋肉をつけるためには、休息を取るのが良いとされていますが、継続していけば筋肉は強化されます。

週2〜3などのトレーニングを習慣づけられなくても、毎日短時間ずつ継続すれば効果は期待可能。自分に合ったリズムで習慣づけてみましょう。

また鍛えたい部位を細かく指定するのも、継続するには効果的な方法。たとえば腕やお腹は必ず筋肉を付けたい場合には、腕とお腹の筋トレをメインにおこないましょう。鍛えたい部位が変化すると、達成感も得られます。

トレーニングはできるだけ1人で

トレーニングは、1人でおこなうのがおすすめです。正しいトレーニングをしていれば必ず筋肉はついてきますが、筋肉の付きやすさや代謝の良さには個人差があります。

誰かと一緒のトレーニングの場合、他人と比べてしまい結果が悪ければモチベーションが下がってしまうことも。

1人でおこなうのが飽きてしまう人は、ながらトレーニングを取り入れるのがおすすめ。音楽を聴きながらなど、集中できる環境を作ってみましょう。

おすすめのジム施設・スタジオ

カーブス

展開エリア:全国, 店舗数:1971件

ANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス )

展開エリア:, 店舗数:614件

JOYFIT(ジョイフィット) 24

展開エリア:, 店舗数:238件

関連する記事

アメフトに必要な筋肉。筋トレでパフォーマンスを上げる。

アメフトを上達させるには、たくましい筋肉を手に入れ...

2019年07月04日 筋トレ

筋トレでストレスを解消しよう。リフレッシュできて、睡眠の質も向上。

ストレスが溜まったときの解消法として、筋トレがあり...

2019年07月04日 筋トレ

陸上競技に必要な筋肉とは?瞬発力と持久力を上げよう。

陸上競技では、速く走ったり、持久力が大きなポイント...

2019年07月10日 筋トレ