ストレスでも体がむくむ?効果的な対処法とは?

Siena編集部
公開, 更新 , ボディーケア & 治療

むくみは、運動不足や不規則な生活、またデスクワークや立ちっぱなしの仕事などが原因として上げられることが多いもの。しかし実は、ストレスでもむくみが起こることがあります。ストレスを受けると、筋肉は緊張状態になり血管が収縮し、血流が悪くなります。そうすることで血液やリンパの流れが滞り、むくみが現れるように。

解消するためには、むくみの解消だけではなくストレスも緩和することが大事。ストレスとむくみを同時に対処するために、一体どのような方法があるのでしょうか?

ストレスでむくみが起こる原因とは?

ストレスを受けると、自律神経が乱れやすくなります。自律神経の乱れは、血行不良を起こすため、むくみの原因に。

またそれだけでなくストレスを受けたことで分泌される副腎皮質ホルモンの1つであるコルチゾールが増加すると、筋力を弱らせてしまう作用を持っています。血液循環が悪くなってしまうことにもつながるため、血流が悪くなる負のサイクルに。

ストレスによるむくみは、原因と根本となるストレスを解消することが大きなポイントになります。

ストレスによるむくみを解消するためには

むくみを対処するためには、ストレスを軽減させていくことと血流を良くすることの2つが重要。リラックスすることで、ホルモンバランスを整えましょう。

ゆっくりとお風呂に浸かる

入浴は血流を促進させる手軽な方法。血管が広がることで血行も促進し、リンパ腺に溜まった老廃物が流れやすくなるのでむくみにくい体質を目指すことができます。

またそれだけではなく、リラックスできることで深い眠りにつけるようになるなど、睡眠の質が上げる効果も期待できます。長時間の仕事の疲れも取ることができ、回復の早い体にもなるのでおすすめ。

入浴後にはマッサージを

お風呂で十分体を温め、血行を促進させたら、リンパ腺に残っている老廃物を流すためにマッサージをするのが最適。リラックス効果を増加させることもできます。

マッサージをする際、足と手は、指先から心臓に向けて圧力を加えていくのがポイントです。マッサージをするときは、肌を傷めないようにクリームやオイルなどを使用しましょう。

また、足を細くしたい人にはスリミングジェルを使ってみましょう。血行促進効果があり、温めながらマッサージすることができます。スリミングジェルのなかでも人気のバンビウォーターは、洗い流す必要がなくお風呂上がりでも使えておすすめ。ただマッサージするだけではあまりむくみを解消できない人も1度試してみて。

バンビウォーターをチェック(公式サイト)

眠る前に足元を上げる

就寝前にクッションなどの上に足を置いてみてください。足に溜まった血液やリンパが心臓まで戻れるようになり、むくみが解消されます。ただし、寝ている間は上半身へ血液が流れ過ぎてしまう可能性があるので、おこなわないようにしましょう。

寝る前のリラックスタイムに音楽を聴きながら、アロマを炊きながら横になる習慣を取り入れると、ストレス緩和にもなります。

軽いストレッチでリラックスとむくみの改善

固まった筋肉を伸ばすと、リラックスできるのはもちろん血流も良くなります。簡単なもので構わないので、ストレッチを習慣付けるのもストレス緩和とむくみ解消にはおすすめ。おこなうときには、深い呼吸を意識するのもポイント。血流を促進させ、リラックス効果を高めることができます。

関連する記事

香川のおすすめ整体院5選。自律神経を整えて肩こり腰痛を改善。

整体院を選ぶときは、アクセスの便利さ、施術内容や評...

2019年06月11日, ボディーケア & 治療

西川口のおすすめ整体院5選。全身のバランスを整えて、不調を改善。

日頃の疲れを緩和させるために利用する整体に通い続け...

2019年06月11日, ボディーケア & 治療

足首がむくむ原因とは?老廃物を流して、慢性化を防ごう。

1日の終わりに足首がむくんでいる、と感じている人も...

2019年06月12日, ボディーケア & 治療