冬場でも汗をかく?においが気になる原因と対策。

Siena編集部
公開, 更新 , ボディーケア & 治療

冬なのに汗をかく、においが気になる人もいるはず。冬場は汗をかく機会が少ないため濃くなりやすく、によいが強くなる成分が含まれてしまうのが原因。汗をかかないようにするのではなく、汗をかくように対策するのがポイントです。

なぜ、冬場は汗のにおいが気になるのでしょうか?詳しい原因と対策方法を合わせて解説します。

冬にも汗をかく理由とは?

汗をかく理由は、体温調節のため。夏は体の熱を取り除くために汗が出ますが、冬でも体が暑さを感じれば汗をかきます。しかし冬は汗をかく頻度が夏よりも低くいため、汗腺の機能が衰えており、においの強い汗をかきやすい状態。そのため、冬場の汗が気になってしまいます。

また汗腺にも、全身にあるエクリン腺と陰部や脇下に集中するアポクリン腺の2つ。においが気になるときはアポクリン腺から汗が出ています。エクリン腺から分泌されるのは水にほど近い成分で構成されていますが、アポクリン腺からの分泌はたんぱく質やミネラルを含んでいるもの。そのため、においが強いくなってしまいます。

自律神経の乱れが原因の場合も

自律神経は、体温調節をおこなっている無意識で働く神経。交感神経と副交感神経の2種類あり、交感神経に発汗や体温調節機能の働きがあります。

自律神経が乱れていると、交感神経が担っている発汗や体温調節がうまくおこなえず、異常に汗をかく、体に熱がこもるといった症状から、冷えが気になるようになるといった体の不調が起こります。

自律神経の乱れは、ストレスや運動不足、不規則な生活習慣が原因です。

冬場の汗を対策しよう

冬場の汗を対策するためには、生活習慣を正す、運動をする、ストレスを溜めないことがポイント。習慣に一工夫加えるだけで良いので、冬の汗が気になる人は取り組んでみて。

習慣的に汗をかく

普段から汗をかく習慣がないと、におう成分が含まれた汗をかきやすくなってしまうため、積極的に汗をかくのも大事。とくに運動は、健康的な体を維持するためにポイントとなるので、運動を日々の習慣にしましょう。

また冬は、外の気温が寒いため体温維持のために体のエネルギーが消費されやすい季節。ダイエットにも向いているメリットがあります。

制汗クリームを使う

制汗スプレーよりもクリームのほうが、肌にしっかりと密着するため効果的。ミョウバン入りの物を選ぶと、発汗量を抑えながら汗のにおいを減少させることが可能です。

また皮膚表面にいる常在菌の繁殖を弱らせる役割もあるため、冬場のにおいが強い汗に最適です。

水をたくさん飲む

冬でもこまめな水分補給は大切です。体内の水分が少ないと、汗の濃度が上がってしまうため、においの気になる汗に。15〜20分に1回は口を潤す程度の水を補給しましょう。

利尿作用の高いコーヒーやお茶、紅茶などを飲むとトイレに行く回数が増え、体内の水分が足りなくなって汗が濃くなる可能性もあるので注意。

ストレスのない生活を送る

汗を気にしないのも方法の1つ。気にすれば気にするほど体は緊張状態になり、汗をかいてしまうため、余計ににおいが気になるといった悪循環に陥ってしまう可能性も。

正しい生活習慣や健康的な食生活、適度な運動を心がければ汗のにおいは緩和できます。神経質にならずに、ゆっくり改善していきましょう。

関連する記事

癒される中国の民族音楽とは?楽器や代表的な5曲も紹介!

中国の音楽には、日本の音楽と違った魅力があるだけで...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療

PMS・生理痛の緩和には、骨盤ケアを。ストレッチやバランスボールなどがおすすめ。

つらい毎月のPMS。骨盤とPMSは一見なんの関わり...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療

足首のコリを解消するには、足首回しで血流を促進させよう。

人体は200個以上の骨が下から積み上げられている構...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療