体温が低い原因とは?代謝を上げることが改善への近道。

Siena編集部
公開, 更新 , ボディーケア & 治療

平均的な体温と言われる36.5度よりも低く、常に36度を下回っている場合は、低体温と言われます。体温が低いと免疫が落ちやすく、風邪を引きやすいだけでなく、冷えや疲労などを感じやすくなるため、放っておかずに対処することが大事です。低体温は自覚するのが難しいため、定期的に体温を測って確認する必要があります。

体温が低い状態を改善するためには、どうすれば良いのでしょうか?原因も合わせて解説します。

体温が平均よりも低い低体温とは?

低体温は、体温計で測った体温が36度以下の場合に当てはまると言われています。体温が下がると免疫が低下。風邪や病気になりやすくなるだけではなく、さまざまな不調が起こります。

医学的には、体の深部にあたる中心の体温が35度以下になることを低体温と言います。皮膚の温度と深部温度は異なり、深部温度は比較的高めの37度程度で安定しており、皮膚の温度は36度前後で変化しやすいのが特徴です。

原因は?

低体温になってしまう原因はさまざま。たとえば食生活の乱れや運動不足による筋力低下、ダイエットなどが考えられます。とくに筋肉量の低下は、体の熱を作れなくなるため、低体温につながりやすいため注意が必要です。

低体温をセルフチェック

冷え性は手足が冷たくなるので、すぐに気づきやすいのですが、低体温は体内に異常が起きるまで気づかない人が多い特徴があります。そのために、体温を定期的に測って把握しておけるようにセルフチェックをしましょう。

まず大事なのは、毎日同じ時間に体温を測ること。できれば起床時・日中・夜間と3回測るようにしてください。24時間で体温は上昇・下降。日中に高く、夜間に低いといったように時間によって体温は変化します。

体温を計って、36度未満なら注意が必要。またそのほかにも気温に関係なく手足が常に冷たく感じる、十分な休息を取っているのに体が重く、頭痛や目眩がする、日頃から体調を崩すことが多い、など体に不調を感じる人は低体温の可能性があります。

低体温を改善するためには?

低体温を改善するためには、生活習慣を見直し、運動を定期的におこなうのがポイント。筋肉量を上げて代謝量を増やし、低い体温を上げていきましょう。

体を継続的に動かして代謝を上げる

ストレッチや運動は、血流を促進させることができるため、体温を一時的に上げられます。継続すると徐々に代謝が上がるため、継続的に体温上昇につなげることも可能。

ストレッチは手軽におこなえて、習慣づけやすいので、起床時や就寝前におこないましょう。睡眠の質も上げられるので、生活リズムも改善できます。また運動はウォーキングやヨガなどがおすすめ。できれば毎日30分程度はおこないましょう。

入浴を定期的にする

入浴は、38〜39度のお湯に20分ほど入ることで、血行が改善されるため、体温上昇に効果的。また血液循環が改善されると老廃物を排出できるため、体温を高めると同時に代謝も上げられます。

毎日続けるのが望ましいですが、難しい場合は週に2〜3回程度でも構いません。定期的に入ることが大事です。

温かい飲み物を飲む

温かい飲み物は、内臓から体を温められるので低体温のときには最適です。また起床時や就寝前に飲むのもおすすめ。とくに朝は1日のうち最も体温が低い時間なので、温かい飲み物を飲むと効果的に目覚めることもできます。

関連する記事

脚の疲れを癒す方法とは?マッサージやストレッチで、筋肉をほぐそう。

1日の終わりに感じる脚の疲れは、長時間座りっぱなし...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療

池袋の足裏・リフレクソロジーサロン5選。ほどよい痛みに癒されよう。

リフレクソロジーサロンは、料金はもちろん施術内容や...

2019年07月04日, ボディーケア & 治療

目や瞼のむくみを解消する方法とは?枕の高さもポイント。

「朝起きたら顔がむくんでいて、目も腫れぼったい.....

2019年07月04日, ボディーケア & 治療