ヨガがストレス解消に効果的?リラックスできるポーズと呼吸で、リフレッシュ。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガと身体の不調

健康や美容といった、さまざまな効果が期待できるヨガ。その中には、ストレス解消の効果もあります。1日の中でリラックスする時間を作り、ストレスを適度に解消してくことが大事。溜め込んでしまうことで、体に不調があらわれたりと、生活に支障をきたしてしまうことも。

ヨガでストレス発散できる理由は、どういうものなのでしょうか?ストレス発散に効果的なヨガポーズも実践して、ヨガをストレス解消に役立ててみましょう。

ポーズを実践する前に、ストレス解消をより効果的におこなえるように、ヨガでストレス発散できる理由について知っておくことも大事です。

ヨガでストレス解消できる?

ヨガポーズをおこなうことで、固まった筋肉をほぐすことができるため、体の緊張を緩和させることができます。また体を程よく動かすことも、ストレスの発散につながります。ヨガは静かな動きでおこないますが、れっきとした有酸素運動のため、リフレッシュできるのです。

呼吸でリラックス効果を得られ、瞑想でストレスを溜めにくい思考へと変化していくことができます。

ヨガのポーズや呼吸、そして瞑想は、ストレス解消に効果的な要素ばかりなのです。

ヨガのストレス解消効果とは?

ヨガでおこなうポーズや呼吸、瞑想のそれぞれが、ストレス解消に役立ちます。ポイントは、基本をしっかりと身につけること。

呼吸でリラックス

ヨガでおこなう呼吸は、基本的に腹式呼吸が用いられます。

腹式呼吸は、息を吸うときにお腹を膨らませて、息を吐くときにへこませるもの。深い呼吸がおこなえるため、体中に酸素を行き渡らせることができるのはもちろん、自律神経にも作用し、リラックス状態のときに優位になる副交感神経を活性化させることができるのです。

自律神経のバランスを整えられるようになると、ストレス状態を緩和させられるのはもちろん、ストレスによって起こる不調などを起こしにくくする効果も。ヨガをおこなうことで、1日の終わりにリラックスする時間を作れるのです。

適度な疲労で、睡眠の質が向上

ヨガのポーズは、全身の筋肉や関節が使われるため、適度に体へ疲労を与えてあげることができます。呼吸によって副交感神経が優位になっている状態でもあるので、寝つきが良くなり、ストレスの解消に役立ちます。

ストレスが溜まっていると、神経が研ぎ澄まされてしまって、なかなか寝付けなくなってしまうことも多いはず。ヨガでは、ポーズと呼吸で眠りの質を向上させることができるため、ストレス解消に役立てられるのです。

瞑想で、気持ちの切り替えができるように

ヨガで瞑想をおこない、雑念や邪念を払うことで、ストレスの原因を考え込んでしまうことを減らしていくこともできます。また、自分の世界に集中することで、ストレス要因を考えずに済むようになります。

瞑想は、考えずに無の状態になること。身につけることで、思考の切り替えがおこなえるようになるため、ストレスを受けても溜め込まないように変化していけるメリットもあるのです。

ストレス解消にぴったりのヨガポーズ

ストレス解消に効果的なヨガポーズです。動きの少ないものが多いので、寝る前に習慣づけておこなうようにしましょう。

赤ちゃんのポーズ

仰向けの状態で、両ひざを立てます。両ひざを両手で抱え込み、胸に付けるイメージで、ひざを体のほうへ引き寄せ、左右にゆっくりと揺らします。痛みを感じたときは無理をせず、体の動きを止めましょう。全身に血液が流れていることをイメージして、ゆっくりと呼吸をします。

リラックス効果だけでなく、腰痛の軽減や骨盤の調整の効果も期待できる、赤ちゃんのポーズです。

ワニのポーズ

仰向けになります。片足を抱えて、ひざと胸が付くように足を体のほうへ引き寄せ、足の筋肉をほぐします。抱えていた足を右足だったら左側へ、左足だったら右側へ倒します。このとき、手は大きく広げ、床やマットなどにべったり付くようにしましょう。首と頭は足と反対方向を向くようにします。自分の呼吸音を聞きながら、ゆっくりと呼吸をしましょう。

ワニのポーズは腰痛軽減、お腹周りの引き締め効果、便秘解消など多くの効果があります。

子供のポーズ

正座の状態で足を腰幅に開きます。その後上体を倒し、上半身がもも全体に付くようにします。このとき、お尻からかかとが浮かないようにしましょう。両手は前方に向かって伸ばし、ゆったりと呼吸をします。

子供のポーズで、疲労回復や便秘改善の効果が得られます。

エネルギー呼吸

背筋を伸ばしてあぐらをかき、手をひざの上に置きます。その後、ゆったりと呼吸をしましょう。これ以上吸えないというところまで、鼻からゆっくり息を吸い込みます。その後強く短く息を吐き、お腹をへこませます。これを数回繰り返してください。

呼吸をしっかりと意識しておこなうことで、リラックス効果だけでなく、お腹の筋肉引き締めにもつながります。

屍のポーズ

仰向けの状態から手足を軽く広げ、手のひらを上向きにします。自分の身体だけを意識して何も考えず10分間呼吸に集中しましょう。

10分このポーズを取るだけで、1時間の睡眠に相当するとされています。ヨガの最後におこなうポーズです。

スキのポーズ

手のひらを下にして仰向けに。息を吸いながら、腰は地面につけたまま両足を上に垂直に上げてください。息を吐きながら、両足を頭のほうにゆっくりと倒していき、腰を持ち上げましょう。倒しきったところで、ゆっくりとした呼吸をしながら数十秒キープします。

気持ちのいい伸びを感じることができ、リフレッシュできます。

うさぎのポーズ

正座の状態からスタート。上体を前に倒し、おでこを床につけ、両手を頭の横に置きます。息を吐きつつ腰を持ち上げ、ひざ・腰が直角になるまであげてください。あごを軽く引いて、首の裏が伸びているのを感じます。深い呼吸を繰り返して、頭頂部の気持ち良いポイントを探しながら位置を調整してください。

余裕のある人は両手を真上で組んで、頭の一点で支えるようにすると効果が上がります。

うさぎのポーズは、百合(ひゃくえ)という頭頂部のツボを刺激するので、かなり気持ちがよく、眼精疲労を改善してくれます。

猫の背伸びのポーズ

四つん這いになり、手は肩の真下、ひざは骨盤の真下になるようにしてください。上半身を反らせつつ両手を前に滑らせます。このとき、腰や足の位置は変えないよう注意してください。額、もしくはあごを床に付け、背中の力を抜きながら床に近づけて、無理のないところでキープしましょう。そのまま深い呼吸を繰り返します。

普段丸まりがちな背中を伸ばしたり、肩を伸ばしたりすることで姿勢を矯正することができます。背中や肩などは、凝りが起こりやすいな場所なので、伸ばすと気持ち良さを感じることができます。

安楽座のポーズ

スカーサナ、ともいわれるこのポーズは、いわゆるあぐらの状態。この状態で足首をできるだけ90度にして、深い呼吸を繰り返します。

座禅のようなポーズです。ほかのポーズに比べ所要時間は長いですが、気持ちを落ち着かせることができるので、ストレスの緩和に大きく作用します。また、姿勢は腰が丸まってしまうことのないように、背中に棒を入れているようなピンとした状態でおこなうこともポイント。

ストレス解消レッスンのあるヨガスタジオの利用も

ストレス解消のためにヨガをするなら、ポーズや呼吸、瞑想の方法などをしっかりと身につけておくことが大事。そのために、まずヨガスタジオで基本から学ぶことがおすすめです。

ホットヨガスタジオカルドには、ストレス解消が目的の人へ向けたレッスンプログラムがあり、モーニングヨガやリフレッシュヨガといったレッスンは、ヨガのストレス解消効果をより高めることができます。高温多湿でおこなうホットヨガは、リフレッシュ効果も高く、美容効果も得られるのがポイント。

体験レッスンもおこなっており、初心者でも利用しやすいようにレッスンに必要なものはレンタルできたりと、初めての人でも挑戦しやすいのが特徴です。まずは基本から始めてみましょう。

カルドを予約(公式サイト)

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ホットヨガでO脚を治したい。まっすぐな美脚は、ホットヨガの骨盤矯正効果がカギ。

ホットヨガにダイエット効果があることは知られていま...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調

猫背はヨガで効果的に改善できる?インナーマッスルの強化がカギ。

猫背は、現代人に多い悩み。筋力不足やパソコン、スマ...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調

自律神経の乱れをヨガで整えよう。ポーズと呼吸でリラックス。

自律神経の乱れは、気がつかないうちに起こっています...

2019年07月23日, ヨガと身体の不調