自律神経とダイエットの関係とは?夜はしっかりリラックスすることが重要。

Siena編集部
公開, 更新 , ダイエット

夜、リラックスしたときにお腹が空いて、つい食べてしまうという人も多いはず。これには自律神経が関係しています。

自律神経とは抹消神経系のひとつで、植物性機能を担うもの。植物性機能は自分の意識外の体の働きのことで、胃による消化運動などがこれに当たります。

自律神経は交感神経と副交感神経に分類でき、どちらも同じくらいに大切で、良いバランスを保つことこそが健康的な体作りに必要といえます。もし、片方だけ強く働いたり、反対に弱くなってしまうと、代謝の低下・食欲不振・食欲旺盛・便秘などさまざまな悪影響が生じ、ダイエットの妨げにもなるのです。どうして自律神経のバランスは崩れてしまうのでしょうか?

自律神経が乱れる理由とは?

昼間には活動的な作用を及ぼす交感神経の働きが活発になり、睡眠に入っていく夜には、リラックスする作用を及ぼす副交感神経の働きが活発になるというサイクルが通常の生体リズム。夜遅くまで起きていて昼夜逆転していたり、不規則な時間に食事をとったり、深夜まで残業、徹夜したりするなど、生活習慣の乱れは、自律神経を乱す原因になります。不規則な生活が続くと、交感神経がずっと活動的になり、副交感神経への切り替えが上手くできなくなってしまい、自律神経の乱れが起こるのです。

ダイエットに効果的な自律神経の整え方

自律神経を整えるには、生活習慣の改善が必要不可欠。交感神経と副交感神経のメリハリを意識して生活すると効果的です。

トレーニングは朝におこなう

体を動かすことは交感神経の働きを強めます。1日の始まりに運動することによって、副交感神経と交感神経の交換が明確になり、自律神経を整えることにつながります。朝の時間がとれず、夜寝る前にトレーニングをする方法は効率的とはいえません。寝る前のトレーニングは交感神経の働きを強め、自律神経のバランスを崩してしまうためです。

寝る前に食事をとらない

就寝前に食事をとると、自律神経が乱れ、脂肪の燃えにくい体質になる、眠れなくなる、疲れが取れない、便秘になるなどの不調が起こり、それをきっかけに体重増加を引き起こします。

どうしても小腹がすいて眠れないときなどは、ホットミルクやハーブティーなどを飲みましょう。温かい飲み物で空腹感もやわらぎ、カフェインが入っていないので安眠効果もあります。

お風呂からのストレッチが最強

お風呂に入ることでリラックスして自律神経を整えることができます。心肺機能の向上と血行改善を促し、ダイエット中のトレーニングの質を向上させることが可能です。

また、ストレッチを続けることで動きやすくなった、コリや痛みが軽減した、疲れが溜まりにくくなったなどの体感が得られることも。この効果によって、日常生活の活動量が増加し、太りにくいライフスタイルにつながります。

座禅

心を無にする座禅はストレスから開放され、自律神経を整えます。座禅はメンタルトレーニングとして取り入れられるほど、精神が鍛えられるもの。精神面で強くなることができれば、日頃のストレスが軽減、自律神経が乱れることも減るかもしれません。結果的に、ダイエットにも良い効果があります。

関連する記事

母乳ダイエットとは?妊娠中に増えた体重は、産後4~6ヶ月以内に落とすべし。

出産を終えたあと、妊娠中に増えた体重を戻すことがで...

2019年07月04日, ダイエット

首が太い原因とは?簡単な首やせダイエットでほっそりさせよう。

ダイエットをする人の中には、体全体ではなく部分痩せ...

2019年07月23日, ダイエット

運動とダイエットの関係。運動もして、リバウンドしない体づくりを。

ダイエットをしていると言っても、食事制限ばかりおこ...

2019年07月04日, ダイエット