ふくらはぎのダイエット方法とは?マッサージとエクササイズで、効果アップ。

Siena編集部
公開, 更新 , ダイエット

スラッとしたモデルのような美脚に憧れる女性は多いはず。美脚を目指すためには、ふくらはぎのダイエットは欠かせません。

ふくらはぎの筋肉は、老廃物を流す役割を持っています。筋力が弱まっていたり、動くことが少なかったりすると、老廃物がどんどん溜まり、脂肪とくっついてセルライトを形成してしまいます。ふくらはぎの筋トレをすることで、老廃物が溜まりにくようにしましょう。

ふくらはぎダイエット法

ダイエット法は、筋トレ、エクササイズ、マッサージの3つに分類できます。ふくらはぎが太い原因は人により異なるので、自分に合う方法を試しましょう。

筋トレでふくらはぎの脂肪を落とす

ひざを少し外に向けるイメージで、お尻を締める形で立ちます。親指に体重をかけ、かかとの上げ下げを10回おこないましょう。次に、かかとに体重をかけ、足の指を床から離して上げ下げを10回おこなってください。

ふくらはぎには、全身の体重を支えている大きな筋肉があり、鍛えることで代謝がアップ。カロリーをより効率的消費できる体になります。また、筋トレは、老廃物の排出にも効果的です。

歯を磨いているとき、食器を洗っているときなど、何かをしながらでもできるので、日々の生活に取り入れてみましょう。

エクササイズで脂肪燃焼

仰向けに寝て、手は体の横に添えましょう。両足を天井にあげて、体はL字にしてください。指先は天井でなく頭に向けます。体勢を維持しつつ、足を左右にゆっくり大きく開き、ゆっくりと閉じてください。足の開閉を30~50回程度繰り返してみましょう。

脂肪が原因で足が太い場合、早急に脂肪を燃焼させる必要があります。脂肪がセルライトに変わってしまうと、痩せにくくなり、理想のふくらはぎになるまで時間がかかってしまうからです。

脂肪燃焼により効果的なのは、筋トレに加えてふくらはぎのエクササイズをすること。適度な運動が、筋肉の脂肪燃焼運動に働きかけてくれます。

また、時間のある日には、エクササイズに加えて長い距離をゆっくりと走ったり、ウォーキングをすることも効果的。坂道は余計な筋肉がついてしまう可能性があるので、避けましょう。

このほかに、つま先立ちになる、戻るを繰り返す、つま先立ちエクササイズという方法もあります。メリットは、簡単にできるエクササイズなので、どこでもできて効果的という点。デメリットは、筋肉の使いすぎで逆に太くなってしまうという点です。運動不足でふくらはぎを鍛えたいという人にはおすすめですが、日頃から高いヒールを履いて筋肉が鍛えられている人には逆効果なので、注意してください。

マッサージでむくみを解消

くるぶしの下からアキレス腱に沿って、親指と人差し指でつまんで軽く揉みます。ふくらはぎ全体を、雑巾を絞るようにして足首からひざまで揉んでください、そのあと、両手で足首をつかむようにして、親指以外の4本の指を使って足首からひざまでさすり上げます。最後は、ひざ裏のリンパ節を軽く揉んで終了。

ふくらはぎは、とてもむくみやすい部位。むくみが原因で太く見えることがあります。マッサージで血流の流れを改善すれば、むくみ解消だけでなく、美容にも良い影響を与えてくれるのでおすすめ。また、冷え性などさまざまな健康面の改善にも役立ちます。夜のお風呂上りにおこなうと、より効果的です。

ホットヨガで確実に成果をだす

ふくらはぎのダイエットは、自宅で簡単におこなうことができます。しかし、やり方を間違えたりやり過ぎたりすると逆効果になってしまう恐れも。

自力で正しいケアをできるか不安、という人はホットヨガに通うのも有効です。温かい部屋でヨガのポーズをとることによって、むくみを改善できたり、代謝を上げることで大量に汗をかきデトックス効果も。

ホットヨガLAVAは、全国に390店舗以上を展開する日本最大級のホットヨガスタジオです。自分の悩みにあったコースを選ぶことができるので、ふくらはぎのむくみを改善して美脚を手に入れられること間違いなしです。

LAVAを予約(公式サイト)

関連する記事

腰を細くしたいときの方法とは?ストレッチで筋肉をつけよう。

腰回りのぜい肉は、ダイエットをしてもなかなか落ちに...

2019年07月23日, ダイエット

足が太くなる原因と対処法とは?むくみや冷えを解消しよう。

美脚は多くの女性の憧れ。足が太くて悩んでいる人は、...

2019年07月23日, ダイエット

顔のたるみをケアする方法とは?口元や目元をリフトアップ。

年齢を重ねるとともに、気になってくるのが顔のたるみ...

2019年07月25日, ダイエット