ヒーリング音楽の効果とは?リラックスできて、眠りの質もアップ。

Siena編集部
公開, 更新 , リラックス

ヒーリング音楽には、睡眠を促したり、リラックスさせる効果があります。音楽の選び方を理解しておくことで、さらに効果を高めることが可能です。

通常、音楽を聴くと脳は活性化します。しかし、音楽を聴くとよく眠れる、という経験がある人も多いはず。脳を活性化させすぎないようにリラックス効果を得るには、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

ヒーリング音楽はリラックス効果が高い

ヒーリング音楽とは、1/fゆらぎをベースに作られた音楽のこと。1/fゆらぎとは、音や光など動きの規則性に反して、部分的に生じる不規則性のことです。たとえば、川のせせらぎや小鳥のさえずり、電車の揺れなどがあげられます。

1/fゆらぎ音楽を聴くことで、癒しの効果を得られているときにでる脳波のα(アルファ)波がでやすくなると言われています。心拍や呼吸も1/fゆらぎで動いており、音楽と体が同調することで、自律神経のバランスが整い、リラックス状態になっていくのです。

人間の脳波とは?

人の脳波には、γ(ガンマ)波、β(ベータ)波、α波、θ(シータ)波、δ(デルタ)波の5種類が流れています。なかでも、リラックス状態にでる脳波は、α波です。

γ波が怒ったり興奮している状態、β波が日常生活の普通の状態、α波がリラックスしている状態、θ波がうとうととまどろんでいる状態、δ波が深い睡眠状態と、特徴はそれぞれ異なります。

脳波は基本β波であり、脳が活発に働いている状態を保っています。眠りにつくためには、活発な状態のβ波をリラックス状態のα波へ変換することが必要です。そのためには、脳波をα波に変換する効果のある音楽を選ぶことがカギ。音楽を聴くとよく眠れるという人は、β波をα波へ変換する効果のある音楽を無意識のうちに選んでいるのかもしれません。

短時間だけ聴くと効果的

音楽を聴くと脳は活性化しますが、低い音や静かな音、単調なリズム音はリラックス効果があり、睡眠を促す作用があります。また、リラックス効果のある音楽であっても、睡眠中に聴くと脳は活性化してしまう恐れも。布団に入って、30~1時間後を目安にオフできるようセットしておくと、睡眠の質を損なうことなく、熟睡することが可能です。

ヒーリング効果の高い音楽とは?

ヒーリング効果をもたらし、脳波をα波に変える音楽には基準があります。落ち着いた曲であること、一定のテンポであること、聴いていてリラックスできること、歌詞が入っていないこと、の4つが条件です。基準を満たすと、ヒーリング効果を得ることができます。

ヒーリング音楽には多くの種類があり、効果にも個人差があるため、いろいろ試して、自分に合ったヒーリング音楽を選ぶようにしましょう。

Barcelonaの「Please Don’t Go」という曲は、深い眠りへと誘ってくれる曲です。少し悲しさを感じられる部分も、リラックスできるポイント。Adeleの有名な曲である「Someone Like You」は科学的に音色が配置されている点が特徴で、リラックス効果の高さに定評があります。

Airstreamの「Electra」という曲を聴くと、速度を半分に落として聴くとさらにリラックス効果が高まる、という人もいます。まずは通常の速度で聴き、自分に合った再生速度を見つけましょう。

プロの手によるしっかりとした施術で癒しされよう

音楽はたしかに癒しを与えてくれますが、もっと直接的な効果を実感したいという人には、カラダファクトリーという整体サロンがおすすめ。カウンセリングで不調の原因を追求してもらえ、体が軽くなる施術を受けることができます。整体院に行ったことのない人でも入りやすい、明るい雰囲気も特徴です。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

癒し効果のあるオルゴールの音楽で、心も体もリラックスさせよう。

オルゴールのゆったりとした音楽を聴いてリラックスし...

2019年07月04日, リラックス

ヒーリングとは?ストレスで凝り固まった思考を解放しよう。

ストレス社会が深刻化している昨今、マッサージやスト...

2019年07月19日, リラックス

呼吸やアロマで、リラックス。心と体のストレス解消法とは?

リラックス方法はさまざまですが、体の緊張を和らげ筋...

2019年07月04日, リラックス