ホットヨガに必要な持ち物とは?ポイントは、大量の汗対策。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

女性に話題のホットヨガ。始めてみたいけれど、持ち物はどうすればいいの?と悩む人も多いはず。ウェアやマットなど、基本的にヨガと変わらない部分もありますが、高温多湿の環境でおこない、汗を大量にかくホットヨガは、それを対処するための持ち物も大事。

ホットヨガに必要な持ち物には、一体なにがあるのでしょうか?

ホットヨガに必要な持ち物とは?

ホットヨガをおこなうための必要最低限の持ち物です。レンタルできるスタジオもあるため、確認してみるのもおすすめ。

動きやすいウェア

ヨガのポーズは、動きが大きいもの。動きやすいウェアを選びましょう。ヨガウェアを持っていないという人は、通気性の良いTシャツと動きやすいパンツで構いません。

ウェアのポイントは、機能性が高いものを選ぶこと。ホットヨガはかなり汗をかく運動なので、ウェア選びにも一工夫が必要です。

着替え用の下着

ホットヨガでは大量の汗をかくので、着替え用の下着が必要になってきます。ウェアはスタジオでレンタルできる場合もありますが、下着のレンタルはないので気をつけましょう。

レッスン中に使用するタオル

汗を拭くためのタオルも必須です。タオルはどんなタオルでも良いのですが、ミニタオルだと足りない恐れがあるため、小さくてもフェイスタオルくらいの大きさが便利。

また、他の人が使用したマットがいやな人は、ヨガマットの上にタオルを敷くのもおすすめ。ヨガラグの代用がタオルで可能です。大きめのバスタオルも持っていくのがおすすめ。しかし、スタジオによっては違うので、確認してみましょう。

シャワー用タオル

レッスン後のシャワー時に使用するタオルも必要です。レッスン用のタオルとは別に持参しましょう。大きめのタオルがおすすめ。

スタジオによっては、レッスン用のタオルだけでなくシャワー用のタオルもレンタルしているところもあります。事前にチェックしておきましょう。

また、スタジオからい家が近いからシャワーは家で、という人は汗拭きシートを持参するのがおすすめです。

1リットル以上のお水

ホットヨガのレッスンでは、水は必需品。大量の汗をかくのはもちろん、デトックス効果を高めるためにも水分補給は重要です。

1リットルの常温水がおすすめ。500ミリリットルのペットボトル2~3本でも構いません。温まった体を冷やさないように、必ず常温にしましょう。

また、だいたいのスタジオでは自動販売機を設置しています。購入できるようになっています。水を持ち運ぶのが大変という方は、スタジオで購入して、しっかり水分を取りましょう。

ヨガマットとラグ

ヨガマットは、ヨガにとってかかせないもの。スタジオでレンタルできる場合も多いため、わざわざ買う必要がない場合が多いのですが、知らない人が使ったヨガマットを使用するのがいやな人は、持参しましょう。

また、マットをレンタルしているスタジオならばヨガラグもおすすめ。ヨガマットの上に敷くものなので、マットの状態を気にせずに済みます。ヨガラグもさまざまな柄があるため、自分の好きなものを選んで、気分をあげましょう。

あった方が便利なもの

あったほうが便利な持ち物は3つ。快適にホットヨガをおこなうためにも、持参するのがおすすめです。

意外と重要なビニール袋

大量の汗がしみたウェアや下着を入れるビニール袋は、あると便利。汗をかいた状態のままだと、ベタベタしたままで不快に感じたり、汗のにおいが気になってしまうことも。また、風邪を引きやすくなってしまうため注意が必要です。

忘れがちな化粧水やメイク道具

ホットヨガで汗をかいたあとは、シャワーを浴びても浴びなくても、メイクも落ち肌が乾燥した状態になっているため、化粧水や乳液といったスキンケア用品はもちろん、メイク用品も必須。

スタジオによっては、パウダールームなどが設備に含まれている場合も。

髪の毛が長い人はヘアゴムやブラシを忘れずに

忘れがちなのがヘアゴムやヘアピン。髪をまとめることで、首や顔周りに髪がまとわりつくストレスがなく、集中してレッスンを受けることができます。

普段髪を結ばない人は、よく使うカバンのポケットにヘアゴムなどを入れておきましょう。

髪が短いけど、レッスン中に気になる人はヘアバンドがおすすめです。汗を吸収してくれるスポーツ用のものを選ぶと、汗も気になりません。

ホットヨガスタジオでレンタルできるものも

内容は限られますが、ウェアやタオル、ヨガマットなどはスタジオでもレンタル可能。今回は、大手のヨガスタジオ、LAVAとカルドのレンタル用品について紹介します。

カルド

カルドではウェア上下とバスタオル、フェイスタオルなどを有料でレンタルすることが可能。ホットヨガをおこなうために絶対に持っていかなくてはならないものがないため、手ぶらでレッスンに参加することができます。

また、カルドではヨガマットをそもそも使いません。そのため、レンタルはありません。

水は持参する必要がありますが、水素水サーバーが利用できるプランも。水を持っていくのが重くていや、という人におすすめです。

カルドを予約(公式サイト)

LAVA

LAVAでも、ウェアの上下、タオルやラグなどを有料でレンタルできます。また、これらのレンタル品がセットになっているシステムもあり、個別にレンタルするよりお得。手ぶらで通うことができて便利です。

また、カルドと違いLAVAではヨガマットが必須。マットは自分で用意する必要がありますが、無料でレンタルすることも可能。自分以外の人が使うマットに抵抗のない人は、なにも持たずに通えます。

また、スタジオで水も販売されています。

LAVAを予約(公式サイト)

関連する記事

ホットヨガの効果とは?ダイエットや体質改善、デトックスで美肌にもなれる。

高いダイエット効果や美容、健康効果が期待できると話...

2019年06月12日, ヨガ

ホットヨガスタジオの年齢層って?制限はある?年代別で、目的も異なる。

運動不足やダイエットといった、さまざまな目的で話題...

2019年06月12日, ヨガ

ホットヨガで体質改善しよう。高温多湿の環境で、ヨガをおこなうことのメリットとは?

近年、多くの女性が利用し始めていると話題のホットヨ...

2019年06月12日, ヨガ