奥が深いウォーキング。効果を最大限に得るために、初心者が押さえるべきポイントとは?

奥が深いウォーキング。効果を最大限に得るために、初心者が押さえるべきポイントとは?

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

誰でもできて、運動があまり得意でない人でも気軽に始められるウォーキング。初心者が押さえておくべきポイントには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

ただ歩くだけでは、ウォーキングの効果を十分に得ることができません。歩く、という何気ない動作を意識しておこなうことで、手軽に健康を目指すことができます。簡単なようで意外と奥深いウォーキングをマスターして、歩くことを楽しんでみましょう。

体力や代謝がアップ、美肌効果も

ウォーキングは全身の筋肉を使うため、体全体を温めることが可能です。じんわりと汗をかけるので、デトックス効果の期待も。肌の代謝も上がるため、美肌を目指すこともできます。

血行が良くなり、基礎代謝を上げることもできるので、体力アップも。また、年齢関係なくおこなえるので、友人や家族、パートナーと一緒に楽しみながら、健康を目指すことができます。

ルールってあるの?

身体を温めるためには、最低30分は必要となるため、30分以上はおこなうようにしましょう。歩く時間が短いと、身体が温まり始めたところで終わってしまうため、効果が半減してしまいます。

また、なるべく背筋を伸ばし、股を上げるイメージで歩くのがコツ。頭のてっぺんを上から糸でつられているようなイメージを持ちましょう。ただ、姿勢が悪いから効果がなくなるわけではないので、歩くことに慣れたあとに姿勢も気にするのがおすすめ。より一層効果が得られます。

基本的には、自分の思うとおりにおこなって問題ありませんが、ウォーキングで得られる効果を最大限引き出すためには、ポイントを押さえておくことが大事です。

マナーを守ろう

ウォーキングは、誰でも始めることができるので、友人や親子で一緒に始める人もいるはず。ただ、ウォーキングをしているときに横に広がって歩いてしまうと、通行人の邪魔になってしまうことも。誰かと一緒におこなう場合は、道幅を考えたり、一列で歩いたりなど工夫をしましょう。

最近では、公園の遊歩道などにウォーキングコースが設けられているところも。進行方向や歩く道が決められている場合が多いため、そのような場所を利用する際は、定められているルールを守るようにしましょう。

上達のコツとは?

足の形に合った、ウォーキング用の靴を準備しましょう。サイズが合わない靴を選んでしまうと、靴擦れを起こしてしまうことも。そのままウォーキングから遠のいてしまったということも起こりかねないので、靴選びは大事です。スポーツ用品店などで、足の型をとってもらい、自分だけのウォーキング用の靴を作るのもおすすめ。

また、歩くときは、少しきついと感じるくらいのスピードがより効果があります。始めは難しいかもしれませんが、慣れてきたら少しずつ歩くスピードを上げましょう。

関連する記事

プロのトレーナーが教えるウエストのくびれを作る3つの運動

ウエストにくびれを出したいという人は多く、お腹痩せ...

2019年07月04日, 運動&ジム

夜に運動するメリット・デメリットとは?軽めの有酸素運動で、良い睡眠を取ろう。

夜に運動をおこなうと、睡眠の質に影響してしまうと言...

2019年07月08日, 運動&ジム

スノボに必要な筋肉とは?バランス力を鍛える体幹トレーニングが効果的

スノーボードは、冬季オリンピックでメダルを獲得する...

2019年07月04日, 運動&ジム