剣道を上達させたい。初心者が気をつけるべきポイントと、上手くなるためのコツ。

剣道を上達させたい。初心者が気をつけるべきポイントと、上手くなるためのコツ。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

日本で古くからおこなわれていたといわれる剣道。初心者は、まず基礎知識を身につけるところから始めましょう。

武士道といわれる、日本独特の文化を受け継ぐものの1つです。剣道を始めるときに、初心者はどんなポイントを押さえることが大事なのでしょうか?

スポーツを上達させるためには、練習が大切なのは当然のこと。日々の努力は、必ず成果につながるはずです。

剣道着と竹刀を揃えよう

剣道を始めるためには、剣道着と竹刀が必須。学校の部活などでスタートする場合は、胴着は先輩のものや学校のものなどを使用する場合があるので、購入しないで済むことも。しかし、個人で始める場合には、一式全て揃える必要があります。新品だと費用もそれなりにかかるので、レンタルや中古などを活用するのがおすすめ。

試合は、個人戦と団体戦の2種類があります。個人戦は、個人の試合で勝ち負けが決まり、団体戦は5人対5人で戦い、先に3勝したほうが勝ちとなります。

ルールは年齢別

剣道は、小学生から社会人まで幅広くおこなえるスポーツです。公式の大会用として、いくつか決まりがあります。時間は、年齢に応じて変更されます。

1試合は5分でおこなわれます。小学生の場合は2分、中学生では3分、高校生になると4分から5分となります。時間内に競技の決着がつかない場合は、延長戦がおこなわれることも。時間は3分の場合がほとんど。

有効と言われる、面・小手・胴の3つの技を1試合で2本先取すると勝ち。試合によっては、このうち1本を先取すれば良い場合もあります。

竹刀の扱いには注意

竹刀を使って試合をおこなうので、打ちどころが悪ければ、命に関わることも。そのため、競技をおこなうときは、危険個所の攻撃はしてはいけません。また、故意に危険個所を攻撃した場合は、反則負けとなります。

観戦者が、応援をするのは当然のことですが、競技中は選手の気が散るような行動をとってはいけません。競技者が気持ち良く試合ができるように、観戦者も心がけることが大事。

剣道は、道具を用いるため、気をつけなければいけません。また、1つの会場で複数の試合がおこなわれることが多いため、マナーを守ることは大切です。

上達のコツって?

道具を使う競技は、道具に慣れる、ということが上達するためにはもっとも重要なコツです。

竹刀はそこそこ重さがあるので、試合中に次第に握力が弱くなってきてしまったり、スタミナが切れてしまうことも。素振りをおこない、腕全体の筋力を高めましょう。同時に足の動きも合わせると、剣道のリズムを身体に叩き込むことができます。

また、剣道が上手な人の試合を研究することが、上達の近道。上手い試合を見ることで、自然と自分の試合運びが上手い人の試合に似てくるのです。動画であればいつでも観ることができるので、1日何分と決めて研究してみましょう。睡眠の30分前に見るのがおすすめ。

関連する記事

バレーボールのトレーニング。大事なのは、ジャンプ以外の力。

バレーボールが上手くなりたいのに、どんなトレーニン...

2019年07月04日, 運動&ジム

ジムで汗をかいたときの対策。リストバンドと速乾性のウェアでストレス知らず

ジムで思い切り体を動かして心地良い汗をかくことは、...

2019年07月04日, 運動&ジム

ジムにはどんな種類がある?特徴を知れば自分に合ったジムが選べる

ジムにはいろいろな種類がありますが、大きく分けて4...

2019年07月04日, 運動&ジム