ダンス初心者がおこなうべきトレーニングとは?上達のカギはアイソレーション。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

ダンサーがかっこよく踊る姿に憧れて、ダンスを始めてみたいと思っている人も多いはず。初心者はまず、基礎をしっかり習得するようにしましょう。

踊りを通して仲間とのコミュニケーションを豊かにしたり、自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできるダンス。音楽に合わせて体を動かすことで、ダイエット効果やストレス発散効果も期待できます。

ダンス初心者がおこなうべき基礎トレーニング

体の柔軟性や筋力、体幹などはどれもダンスを踊るうえで重要な要素です。楽しむだけでなく上達したいと思っている人は、生活にトレーニングを取り入れてみましょう。

ストレッチで体の柔軟性を養う

ストレッチは体を柔軟にして、体の可動域を広げます。ダンスは全身を自由自在に動かさなければならないため、柔軟な体が重要。怪我の予防にもつながり、可動域を広くすることによって、技術も上達します。ステップや振付の前には、ストレッチをするように心がけてください。

ボディコントロールで動きの反復練習

ボディコントロールとは、体の一部分を、自分の思い通りに動かせる技術のこと。経験者と同じ動きをしても何となく違う、ぎくしゃくしてしまうように感じるのは、ボディコントロールがうまくできていないからです。

アイソレーションで技術の向上

体の一部分を独立させて動かす技術が、アイソレーションです。この動きは、先天的に身に付いているものではなく、練習の積み重ねによって習得するもの。プロダンサーでもこの技術を重視している人はかなり多く、アイソレーションができるだけでダンスのレベルは格段にアップします。

筋トレで体幹を養う

四肢のバランスや運動能力の向上を狙う体幹トレーニングが、ダンスの上達に効果的です。筋力をつけることにより、不安定な姿勢を崩さずに踊れるようになります。

また、ダイナミックな演技には筋力と体のバランス力が不可欠。体幹が鍛えられ、複雑な振り付けも踊れるようになることで、演技の幅も広がっていきます。

ダンスの基礎知識

ダンスにはいくつかのジャンルが存在します。代表的なものは、ヒップホップ、ジャズ、タップダンス、フラメンコなど。それぞれ独自の振り付けがあり、オリジナルの動きを取り入れる前に、まずは基礎的な振り付けを学ぶことが重要です。

動画サイトで、初心者向けのダンス動画を観てみることもおすすめ。必要な基礎知識が学べたり、オリジナルの振り付けが収録されたものもあるので、独学で勉強をする場合には最適な勉強方法になります。

ダンスのルールやマナー

ダンススクールでは、たくさんの人が踊ります。レッスン中は、踊りのポジションをきちんと取ることが大切。周りの人に邪魔にならない程度の間隔をあけて、ポジションをとるようにしましょう。

ストリートダンスの場合、最も注意しなくてはならないのが音量です。公共の場では、全ての人がダンスを受け入れてくれる訳ではありません。音楽を聞いて不快に感じる人もいるので、音量を大きくし過ぎないようにしましょう。また、場所によtては踊ってはいけない時間帯があるので、いつもその場所で踊っている人にあらかじめルールを聞いておくことをおすすめします。

ダンスの上達のコツ

ダンスの上達に欠かせないのが、自分の体をイメージ通りに動かせる能力です。他の人の踊りを見て、自分も同じように踊ってみたいと思ったときに、いかに正確に踊りを真似できるかが重要です。

また、アイソレーションの反復練習をすることはダンス上達への近道。体の一部を独立して自由自在に動かせるような練習方法を取り入れてみましょう。

関連する記事

バレーボールのトレーニング。大事なのは、ジャンプ以外の力。

バレーボールが上手くなりたいのに、どんなトレーニン...

2019年06月12日, 運動&ジム

筋肉太り解消におすすめのマッサージ。自宅で手軽にほぐしてみよう。

脚をスマートに見せたくて始めた、下半身に重点をおい...

2019年06月12日, 運動&ジム

冷えのぼせの原因。症状や対策の方法を知り、冷えのぼせを改善しよう。

冷えとのぼせは、まったく逆のような症状。しかし、最...

2019年06月12日, 運動&ジム