ゴルフの上達に効果的なトレーニングとは?ストレッチをすることが重要。

ゴルフの上達に効果的なトレーニングとは?ストレッチをすることが重要。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

接待や付き合いでゴルフをするようになったけれど、なかなか上手にプレーができないと悩んでいる人はたくさんいます。

ゴルフをするうえで、どのようなトレーニングをすればいいのか悩む人も多いはず。上達するにはさまざまなポイントがありますが、ストレッチやウォーキングなどの運動が効果的です。

しかし、ゴルフを上達させるためには色々な要素があり、1つだけ鍛えても上手くいきません。バランスよくトレーニングして、上手にゴルフがプレーできるようになりましょう。

トレーニングをするメリット

ゴルフは、道具を使うスポーツ。打ちっぱなしのトレーニングだけで十分と思っている人も多くいます。しかし、実際はそうではなく、さまざまなトレーニングをすることが大切です。

ストレッチをして、肩回りの筋肉をほぐそう

ゴルフはクラブを振っておこなうもの。スイングは体が硬いと可動域が狭くなり、満足に振ることができず飛距離も伸びません。しっかりとストレッチをおこない、体を柔らかくしましょう。

とくに肩甲骨や肩、胸筋の柔軟が重要なので、それぞれ5分以上はかけてほぐしてください。お風呂あがりは体が温まり、柔軟に向いている状態なのでストレッチをするのにおすすめのタイミング。

肩甲骨と胸筋が硬い人は、体の後ろで両腕を合わせるストレッチをしましょう。腕をまっすぐ伸ばすようにすると、さらに効果的。肩をほぐす際は、片腕を上げて頭の後ろでひじを曲げ、もう片方の手で腕をつかみましょう。無理のない範囲で、腕を引っ張ってみてください。肩の外側をストレッチすることができおすすめです。

ウォーキングを普段からする

ゴルフは激しいスポーツではないので、体力や持久力は必要ないと考えている人は多いものです。しかし、ゴルフにはコース移動があり、1日でたくさんの距離を歩きます。

歩く動作によって疲れてしまい、体力が取られてしまったら元も子もありません。日頃からウォーキングをして、歩くことに慣れることが重要。

ランニングをして持久力を鍛える必要はなく、普段から少しでもウォーキングをしておくことで、歩くことに慣れてスイングにブレがなくなります。

素振りをして、フォームを再確認しよう

ゴルフにとって、スイングのフォームはとても重要。しかし、慣れていくにつれ素振りをやめてしまう人も多くいます。フォームは知らないうちに崩れてしまい、それが定着してしまうことも。

そのため、素振りをして自分のフォームをチェックすることを癖づけるようにしましょう。さらに良いのは、そのときに自分の素振りのスイングを動画で撮ることです。撮影したものを見て、自分のフォームを確認してください。

反省することも大切

ゴルフの練習をして反省点を見つけても、次の練習の際には忘れてしまい、せっかくの反省を生かせない、という人が多数います。そうなってしまっては、日々前進しませんし、同じミスを繰り返してしまうことに。

反省ノートを書くことで、自分のプレーを見返すことができ、同じミスを防ぐことにつながります。

関連する記事

ランニングで起こる怪我とは?自分に合ったシューズを履くことが大切。

ランニングは気軽に誰でも始められるスポーツです。し...

2019年07月04日, 運動&ジム

ジムに通っているのに太ってしまった。原因と対策をチェックし、上手く痩せよう。

ダイエットやトレーニングを目的に通うジム。しかし、...

2019年07月04日, 運動&ジム

ボウリングを上達させるトレーニング法とは?体のケアも大事。

「ボウリングでストライクを決めたい」「もっと上達さ...

2019年07月04日, 運動&ジム