バスケ初心者が抑えるべきポイントとは?違反行為に気を付けよう。

Siena編集部
公開, 更新 , 運動&ジム

部活動や趣味などで、メジャーなスポーツであるバスケットボール。ドラマやアニメでも度々登場し、興味が湧いている人も多いはず。

日常的にバスケに触れる機会が多くなっている人もいます。しかし、具体的なルールがまだわからなかったり、始めてみたもののなかなか上達しない、と悩んでいる人も多数。

バスケを上達させるためには、基礎的なことをしっかりと抑え、上手にトレーニングをしていくことが大切です。

バスケットの基礎的な知識をチェック

バスケはボールとゴールがあれば、試合がおこなえます。基本的には室内で競技をおこないますが、屋外でも競技自体は可能です。1チーム5人で試合をおこない、シュートをする位置によって点数が変わるというもの。試合は10分×4試合おこなわれますが、2試合目と3試合目には長めの休憩が入るので、ここでしっかり体を休めましょう。

トラベリングやダブルドリブルなどの違反に気を付けて。ボールを投げるための助走として3歩以上歩くとトラベリングとなり、相手ボールになってしまいます。ボールを持ったら、3歩以上は歩かないようにしましょう。

ドリブルをし、パスをするためにドリブルをやめたあと、再びドリブルをして移動しようとする行為はダブルドリブルとなってしまいます。仲間にパスができなくても、自分が移動するのは避けましょう。周囲の位置関係を把握しておくことが大切です。

マナーを守ろう

バスケットは身体の接触が頻繁にあります。危険度も高いのでマナーは重要です。

選手のマナー

ボールが目の前に来るとなにがなんでもボールを取りたくなるものですが、白熱しすぎるのも危険です。

たとえば、ボールめがけて一直線に走ってしまい、勢い余ってタックルしてしまったり、ユニフォームを思わず引っ張ってしまったりなどの行為は、怪我につながることもあるので気を付けましょう。

応援者のマナー

応援も白熱すると周りが見えなくなってしまうことがあります。コートへものを投げ込んだり、応援席の高い位置での旗振りなどしてはいけないことがあります。

選手の怪我へつながりかねないので、マナーはしっかり守りましょう。

上達のコツをチェック

バスケットの試合を左右するのはドリブルとシュートです。これら2つをしっかり練習しましょう。

ドリブル

ドリブルは強く早くがポイントです。相手から取りずらい位置でドリブルをすることも重要。

手をなるべく開き、ボールをつつみ込むようにドリブルをしましょう。手首ではなく、腕全体でボールをつくイメージでドリブルをします。

シュート

本数をこなせばこなすほどコツがつかめ、ゴール率が上がることは間違いありません。ただ、闇雲にシュートをし続けるのではなく、ゴール板の黒ふちを狙って練習をするほうがより効果があります。

また、利き手にボールを乗せ、反対の手はボールに添えるだけで、ボールを回転させながらシュートが打てるように練習しましょう。

関連する記事

運動とむくみの関係とは?体を動かすことで、効果的に解決できる。

朝起きて顔がむくんでいる、気がつけば足や体がむくん...

2019年07月04日, 運動&ジム

エアロビクスの効果的なやり方。音楽に合わせて、楽しみながら脂肪燃焼。

体を楽しく動かし、ダイエットに効果的な有酸素運動と...

2019年07月04日, 運動&ジム

スノーボード初心者が押さえるべきコツ。必須アイテムや注意事項も。

初めてでも上達しやすく、団体で行くと楽しいスノーボ...

2019年07月04日, 運動&ジム