ヨガで筋肉を鍛えられる?有酸素運動とポーズで、体を引き締めていく。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガによる筋トレ

健康や美容、ダイエット効果が期待されているヨガ。筋肉が鍛えられると言われていますが、誰でもできそうなヨガのポーズで筋トレになるの?と不思議に思う人もいるはず。目的によって、ヨガで筋肉を鍛えることが最適化どうかは変わってきます。

筋肉を鍛えたいという目的の場合、ヨガは効果的に働くのでしょうか?筋トレとの違いも合わせて見ていきましょう。

ヨガで筋肉を鍛えられる理由

基本的に、ヨガで筋肉を鍛えることは可能です。ヨガのポーズは全身の筋肉が使われます。同じポーズを繰り返したり、一定時間ポーズをキープすることで筋持久力も上がります。継続していくことで、徐々に筋肉を増やしていくことができるのです。

ただ、筋トレ効果があまり見られない種類のヨガも。座位が中心の陰ヨガ、負荷の少ないポーズをおこなうクリパルヨガといった場合は、そもそも体の健康よりも心へとフォーカスしているものもあり、筋肉を鍛えることが目的では泣いため、筋肉を鍛えることが難しいものもあります。

筋トレで筋肉を鍛えることとの違いは?

同じ筋肉を鍛える効果があるものでも、ヨガと筋トレには大きな違いがあります。

そもそも筋トレは、ヨガと違って無酸素運動。短時間に筋肉へ大きな負荷をかけるもので、エネルギーの発生に酸素ではなく糖や筋肉に蓄えられているグリコーゲンが必要になります。

また、筋トレで使われるエネルギーは脂肪を燃焼しないため、ヨガのように体を引き締める効果は薄いのが特徴です。

ヨガで筋肉を鍛えるメリットとは

全身の筋肉を使うヨガポーズ、またインナーマッスルの強化で、女性らしいボディラインを目指すことが可能です。

有酸素運動でエネルギー消費

ヨガは有酸素運動。筋トレのように、一点集中的に強い負荷をかけていくものではなく、比較的弱い負荷を継続的にかけ続け、体内にある体脂肪をエネルギーとして消費する運動で、、エネルギーの消費に酸素が必要です。ウォーキングやジョギング、水泳などが有酸素運動に当てはまります。

ポーズによってよりピンポイントで筋肉へ負荷をかけて、その部位を中心に鍛えることもできます。全身を引き締め、また脂肪を燃焼させながら筋肉をつけられるため、女性らしいメリハリのあるボディラインを目指すことも可能です。

インナーマッスルを鍛えられる

ヨガの大きな特徴として、体幹のインナーマッスルを鍛えられるという点があります。体幹の筋肉が鍛えられると、表面的にはあまり変わらないのにもかかわらず、エネルギーを消費させる基礎代謝量が増えていきます。

基礎代謝量は、なにもしなくても消費するエネルギーのこと。つまり、ヨガでインナーマッスルを鍛え、基礎代謝量が上がることで、痩せやすい体へ変わっていくのです。

ヨガで筋肉が鍛えられる理由は、全身の筋肉の伸縮運動にあります。ヨガのポーズを取る過程で、全身の筋肉がまんべんなく伸び縮みを繰り返し、その結果、細くて強い筋肉つきます。長く続けていれば柔軟性も高まり、筋肉の可動域を広げるためにも効果的。

また、ヨガによって代謝が向上し脂肪が落ちれば、隠れていた筋肉が見た目にも現れてくることも。見た目が変わるので、思ったより鍛えられたと感じる人が多いのかもしれません。

ヨガで筋肉を鍛えるのに向いている人は?

ヨガで筋肉を鍛えるのに向いている人は、筋肉をつけすぎたくない、痩せやすい体にしたい、しなやかなスタイルを目指している、という目的のある人です。

また、日々のストレスが溜まりやすい、心身ともにリラックスしたい、激しい運動が苦手、という人にもおすすめ。継続することが得意な人や健康的な体を求めている人にもヨガがぴったりです。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ヨガでインナーマッスルを鍛える方法とは?ポーズと呼吸法を意識しよう。

ヨガでは呼吸とストレッチによって体を鍛えることがで...

2019年07月23日, ヨガによる筋トレ

腸腰筋に効果的なヨガポーズとは?安定した姿勢やヒップアップにも。

腸腰筋は、体を支えるために必要なインナーマッスル。...

2019年07月23日, ヨガによる筋トレ

骨盤底筋は、ヨガポーズで鍛えよう。強化するメリットとは?

骨盤底筋は、聞き馴染みがない筋肉ですが、女性にとっ...

2019年07月23日, ヨガによる筋トレ