米ぬかの効果とは?健康や美肌を目指すのに最適、天然カイロで温活も。

米ぬかの効果とは?健康や美肌を目指すのに最適、天然カイロで温活も。

Siena編集部
公開, 更新 , リラックス

玄米を精米するとできる米ぬか。玄米の9割にあたる栄養が米ぬかに含まれていると言われています。玄米よりも日々の食事に取り入れやすく、健康や美容効果の高い米ぬかを食べて、内側から美しくなりましょう。

米ぬかの効果や栄養素とは、一体どのようなものなのでしょうか?

米ぬかとは?

米ぬかは、精米すると出てくる米の皮部分にあたるもの。精白米に比べて玄米のほうが栄養価が高いと言われていますが、そのうち9割の栄養は米ぬかにあたる部分に含まれています。

天然成分にもかかわらず、さまざまな種類のビタミンや食物繊維が豊富で、健康や美容のサポートとして非常に効果的です。

米ぬかはどうやって取り入れる?

米ぬかは、食べ物として摂取することで栄養素が最大に発揮されるので、日々の食事にプラスして摂るのがおすすめ。1日の摂取量は、大さじ2杯程度です。

大さじ1杯で玄米ご飯1膳程度の栄養素が含まれると言われています。過剰な摂取はかえって体によくありません。自分の体質に合わせて、大さじ2杯を目安に調節してみてください。

米ぬかで得られる効果とは

米ぬかの栄養素から得られる効果は、健康や美容効果などさまざまです。いつまでも若々しく、美しくありたい人には最適。

健康効果

ビタミンや食物繊維が豊富な米ぬかを摂取すると得られる健康効果には、疲労回復や便秘の解消、新陳代謝の活性化などがあります。

米ぬかには、ビタミンB1が白米の約20倍、食物繊維がほうれん草の約10倍が含まれています。カルシウムも豊富なので、心臓・血管疾患の予防なども期待可能。

またγ(ガンマ)オリザノールは、米ぬか独特の成分。抗酸化作用が強いのが特徴です。自律神経を整えて、肩こりや腰痛、眼精疲労を改善する効果が期待でき、更年期の症状を緩和していくことが可能と言われています。そのほかにも、コレステロールを低下させる働きもあり、生活習慣病予防も可能です。

美容効果

米ぬか特有のポリフェノールであるフェルラ酸は、紫外線を吸収してメラニン生成を抑制してくれるので、美白を目指すことも可能。シミ予防にも効果的です。

抗酸化作用があり、女性ホルモンの調整が期待できるビタミンEなども含まれているため、老化防止はもちろん、肌荒れを防ぐ効果も。

いろいろ使える米ぬか

米ぬかは食べるだけでなく、さまざまな方法で使うことができます。たとえば、入浴剤として使用すると、美肌を目指すことが可能です。

入浴剤として

入浴剤としても使用することが可能です。布の袋や手ぬぐいに入れて、中身が出ないように縛った液体を浴槽に入れるだけ。肌が保湿され、しっとりツルツルの美肌が目指せます。そのほかに、米ぬかを大さじ1杯ほどお湯に溶いて、顔や体を洗うと、毛穴に溜まった汚れも取れて肌がスベスベになるという嬉しいメリットも。

食器洗いにもおすすめ

米ぬかをそのままスポンジにつけて食器を洗うと、油汚れが落ちやすくなります。床を磨くときも、米ぬかを撒いて乾拭きするとピカピカに。また、冷蔵庫やクローゼットなどに入れれば、消臭剤としての効果もあります。

米ぬかのカイロで、自然の温活も

米ぬかは、天然素材のカイロにすることも可能です。使い捨てではなく、繰り返して使えるのが嬉しいポイント。作り方は、炒った米ぬか・玄米・塩を2:2:1の配合で混ぜ、柔らかい布、または手ぬぐいなどの木綿の布袋に入れて縫うだけと手軽なのが魅力です。

使うときは、レンジで1~2分温めて使用します。寒い日には下着の上やポケットにしのばせたり、寝る前に布団を温めておくために使うのもおすすめです。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

炭酸泉とは?血行促進で冷え対策や美肌に。

美容や健康増進に効果が期待され、じわじわと話題にな...

2019年07月23日, リラックス

小豆枕とは?夏はひんやりさわやかに、冬はカイロでポカポカに。

小豆を布に入れて作る小豆枕。そのまま使用すれば、熱...

2019年07月04日, リラックス

酵素風呂で得られる効果とは?高い発汗、温熱作用で温活しよう。

近年、健康のために温活が取り入れられています。温活...

2019年07月23日, リラックス