ヨガで太ってしまった場合の原因と対策法。リラックスしながらおこなうことがポイント。

ヨガで太ってしまった場合の原因と対策法。リラックスしながらおこなうことがポイント。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

ダイエットを目的にヨガを始めた人も多いはず。しかし、続けていても痩せない、むしろ太ってしまうことがあるのはなぜでしょうか?

そもそも太ってしまう原因は、動いた分以上に食べる量が増えるから。よって痩せたいときには、食べる量を減らすか、運動量を増やす、またはその両方をおこなう必要があります。ヨガは本来、運動をしながら過度な食事制限なしでおこなえるダイエット方法なのです。

ヨガで太ってしまった原因

原因は1つではありません。自分の生活を振り返って、太る原因となる行動をしていないかチェックしてみましょう。

プログラムがハード過ぎる

ヨガのプログラムがハード過ぎると、疲労が強く、回復しようとしてそれまで以上に食事を摂ってしまう場合も。また、ホットヨガなどで大量に発汗し、暑さで喉が乾くと、水ばかりでなく甘い飲み物を多く摂ってしまうこともあります。

水分を多く摂取する習慣がつくのは良いことですが、動いた分以上のカロリーを摂ってしまっては逆効果なのです。

ハードな運動からヨガに切り替えた

ヨガを始める前にエアロビクスやマシントレーニングである程度運動を続けていた人は、ヨガに切り替えてすぐには運動の効率が上がらず、うまく脂肪燃焼ができなていない可能性があります。

その場合、以前と同じ量の食事をとっていては食べ過ぎ。ヨガの運動量に合わせて、食事量を制限する必要があります。

ヨガで太らないための対策法とは

今の自分としっかり向き合うことが、上手にヨガを続けるコツ。頑張りすぎず、リラックスして楽しめる程度におこないましょう。

プログラムをリラクゼーション系に変更する

ダイエット成功のポイントは、いかにリラックスできるかです。人は疲れたり、ストレスを感じると、それを上回る食事や睡眠で体を休めようとします。激しい運動をすれば、それだけ体も疲れて一生懸命回復しようとするのです。

運動自体が心地よくリフレッシュできるものであれば、ドカ食いやカブ飲みを防ぐことができます。リラクゼーション系のプログラムに変更することで、ストレス解消にも繋がり、無理なくダイエットを続けられるはず。

欲に対して謙虚になる

必要最低限のもので喜びを感じられるということが、ヨガのゴールでもあります。美味しいと感じたら、その喜びを貪欲に求めるのではなく、深い呼吸と共に心で噛み締めましょう。良く噛んで食べ、素材1つひとつを味わうようにしてみてください。

ゆったりとしたペースでおこなう

エアロビやマシントレーニングは比較的早いリズムでおこないますが、ヨガはゆったりとしたペースのなかで力を発揮していきます。頭の先からつま先、手、指の先まで意識を集中させ、腕を遠くに伸ばす、足をしっかり踏ん張るなどして、負荷を感じてみてください。激しく動いてしまっては、ヨガの効果は最大限に発揮できません。

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

都内の無料でヨガを体験できるスタジオ8選。初心者でもやりやすい。

ヨガは、運動不足の解消やシェイプアップの目的なだけ...

2019年07月04日, ヨガ

ヨガプラスの評判とは?バリエーション豊かなレッスンが魅力。

主に東京、関西エリアにあるヨガスタジオのヨガプラス...

2019年07月04日, ヨガ