ヨガ前後はどのタイミングで食事をするべき?良い栄養素と、避けたい食べ物。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

ダイエットや美容、健康といった目的でおこなうヨガ。その効果を十分に発揮させるためには、食事のタイミングにも気をつける必要があります。

基本的にヨガをおこなう際には空腹の状態であることが良いとされています。またヨガのあとに食べる食事にも気をつけることで、ヨガで得られる効果をより高めることも可能。ヨガの前後で食べる食事には、一体どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか?

ヨガ前後の食事の最適なタイミングとは?

ヨガの前は、空腹になることを見越して食事を取らなければいけません。またレッスン後の食事も、お腹が空いていても我慢することが大事になってきます。

ヨガの前

基本的には、ヨガをおこなう2時間前までには食事を済ませておき、実際にヨガをおこなうときには空腹の状態にしておく必要があります。難しい場合でも、最低1時間前には食事を済ませておくことが大事。

筋肉やインナーマッスルを大きく刺激するヨガで効率的にエネルギーを消費し、運動効果を得るためには、空腹の状態でおこなうことが重要です。

また、胃に食べ物が多く入った状態で体を動かすと、気分を悪くしてしまうことも。ヨガポーズは全身を動かすため、種類によっては内臓を圧迫するような体勢になるものもあります。

気分が悪くなってしまっては、ヨガに集中することができません。空腹状態なら集中力も上がるため、ヨガで得られるリラックス効果もより期待することができるはずです。

ヨガの後

ヨガ後の食事は、レッスンが終わってから1~2時間は空けるようにすることが大事。ダイエットや美容目的でおこなっている人は、とくに注意が必要です。

適度な運動によって血流が良くなり、消化器官も活発な状態になります。脂肪を燃焼してくれているのですが、反対に吸収率も高まっており、栄養を摂るといつも以上に体に取り込まれます。

このときに、運動したからといってご飯を食べすぎてしまったり、カロリーの高いものを選んでしまうと、痩せることができなくなってしまいます。

またそれだけではなく、ヨガポーズで刺激された内臓は、筋肉などと同様適度に披露している状態。脂っこいものや辛いものなど、胃腸に負担をかけるものを食べてしまうと胃もたれを起こしやすくなってしまうこともあります。

ヨガ後の食事は、タイミングだけでなく食べ物にも気をつけなければいけません。

ヨガの効果を高める食事とは?

食事に気をつけるだけで、ヨガの良さをより実感できるようになります。体の内側からきれいになることを意識してみましょう。

ヨガの前

ヨガ前の食事は、胃腸に負担があまりかからないもの、消化されやすいものを意識して食べるようにしましょう。スープや味噌汁、おかゆといった温かいもの、もしくはヘルシーな野菜ジュースやスムージーなどがおすすめ。肉や魚も、脂質や偏りが少ないものであれば食べても大丈夫です。

しかし、ヨガをおこなうときには空腹状態にしなければいけないからといって、エネルギーのもとを摂取しないのはおすすめできません。適度な量の炭水化物を摂ることが大事です。このときなるべく、パンよりもお米を選ぶことがポイント。

また腹6分目くらいで終わらせておくことで、レッスンのときに空腹になることができます。

ヨガの後

栄養の吸収率が高まっているタイミングで、良質な栄養素を摂ることがポイント。ヨガ後の食事は、効果的に活用できます。

まず、ダイエットにも良いとされ、良質な筋肉を作るのに大切なタンパク質をメインに摂取しましょう。カロリーが低い鳥のささみや大豆製品などがおすすめ。また、食物繊維やミネラルをバランス良く摂ることも大事。

鳥のささみはもちろん、豚肉もタンパク質が肉類の中では多いので、これらの食材を温かい野菜と一緒に摂取するのもおすすめ。スープや蒸し煮といったメニューが最適です。

また、積極的に摂りたいのがビタミンCを始めとしたビタミン類。疲労回復にも効果のはもちろん、ビタミン類はほかの栄養素の働きをサポートする役割もあるため、同時に摂ることで、より効果的な食事がおこなえます。

ヨガの際には避けるべき食事とは?

ヨガ前後の食事で避けるべき食べ物で共通しているのは、脂っこいものやカロリーが高いものといった、胃腸に負担がかかるもの。具体的には、パスタやラーメンなどの小麦製品や揚げ物、またスパイスが多く使用されているものも注意しなければいけません。

小麦製品は消化されにくく、胃の負担が大きい食べ物。パンなども避けましょう。揚げ物はもちろん、脂っこい食べ物も避けることが大事。肉や魚は基本的に問題ありませんが、脂質が多い部位や種類には気をつけましょう。

また意外なのが、スパイス系の食べ物。スパイスは食欲を増進させる作用があり、胃を刺激してしまうため、負担を与えてしまうのです。玉ねぎやにんにく、生姜といった香味野菜も同様の理由で、避けたほうが無難です。

関連する記事

上田のおすすめヨガスタジオ5選。リラックス効果の高いレッスンも。

ヨガスタジオを選ぶときは、自分の目的や希望が叶えら...

2019年07月04日, ヨガ

ホットヨガの体験レッスンはどういうもの?予約の仕方、持ち物、当日の流れも徹底解説。

近年話題のホットヨガ。始めてみようと思って、体験レ...

2019年07月04日, ヨガ

ヨガで股関節の柔軟性を上げよう。原因やメリット、効果的なポーズとは?

股関節の柔軟性を上げるために、ヨガのポーズが効果的...

2019年07月04日, ヨガ