ヨガとピラティスの違いとは?効果だけでなく、歴史や目的も異なる。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

美容や健康を目的におこなわれる、女性に人気のヨガとピラティス。似ていると思われがちな2つのエクササイズを比較してみると、実は明確な違いが多数。どちらも効果的な有酸素運動ということは同じですが、歴史はもちろん、おこなう目的や運動内容、得られる効果にもそれぞれ異なった特徴があります。ヨガとピラティスには、一体どのような違いがあるのでしょうか?

ヨガとピラティス

似ていると思われがちなヨガとピラティス。しかし、実は歴史や方法、目的といったものも全く異なります。

ヨガとは?

ヨガは、ポーズと呼吸、瞑想を組み合わせておこなうもの。ヨガという言葉には、心と体をつなぐという意味があり、単なるエクササイズというだけではなく、呼吸法や瞑想、ポーズを通して心の在り方に変化をもたらし、精神面の安定を図るものだと言われています。また、スピリチュアル的な側面を持つのがヨガの特徴です。

ヨガの起源は、約4,500年前のインダス文明だと言われています。また、インドの伝統的なさまざまな宗教と深い結びつきがあり、ヒンドゥー教や仏教などの修行としておこなわれていたという歴史も。

ポーズにはたくさんの数があり、それぞれのポーズによって効果や効能が違います。道具や器具は一切使わず、関節や筋肉を伸ばしたり曲げたりさせて、ストレッチのように筋肉や関節を柔軟にしていくことがメイン。また、ポーズをとったあとは、そのまま一定の時間静止し、その間に呼吸や瞑想をおこないます。

ヨガスタジオのレッスンにも、瞑想や精神統一を目的としてプログラムが多いのもヨガの特徴の1つです。

また、ヨガでおこなう呼吸は腹式呼吸。吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる方法で、副交感神経が優位にさせやすく、リラックス効果が期待できます。

ピラティスとは?

ピラティスはヨガのストレッチ的な要素を取り入れており、体にフォーカスしてエクササイズをおこないます。全身の細かな筋肉や骨格にダイレクトに働きかけ、心身のコントロールを目指します。

1920年代にドイツ人従軍看護師ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したと言われています。体幹とインナーマッスルを鍛えることで、骨の歪みを矯正し、正しく効率的な体を作ることが目的です。

ピラティスでは常に体を動かし、主にインナーマッスルが鍛えられます。一見ハードな運動に見えますが、もともとはリハビリのために開発された運動。動きはどれもゆるやかで、初心者でも簡単におこなえます。プログラムによっては、ゴムバンドやバランスボールなどの器具を用いておこない、負荷を抑え、インナーマッスルをより効果的に鍛えていきます。

ピラティスでおこなう呼吸は、ヨガの腹式呼吸とは違う、胸式呼吸です。胸に空気を入れていくイメージで呼吸をおこないます。胸式呼吸は交感神経が優位になるので、集中力が増すため、体をスッキリとアクティブな状態にしていくことが可能です。

またマットにも特徴があり、床に転がっておこなう運動が多いピラティスは、薄いマットだと背骨や腰骨に痛みを感じてしまいます。そのため、使用するマットは分厚い作りになっているのが一般的で、厚さ5mm以上のものが多くみられます。

ヨガとピラティス、それぞれの得られる効果とは?

リラックス効果のヨガと筋力アップがメインのピラティス。目的や歴史といったことだけでなく、得られる効果ももちろん異なります。

ヨガ

ヨガの最大の特徴は、リラックス効果。副交感神経の働きを活発にしてくれる腹式呼吸をおこなうヨガでは、リラックスといった心の効果が特徴。適度に体を動かすと同時に、瞑想をおこなうことで、ストレス解消だけでなく、気分の落ち込みやイライラもなくなっていきます。また、自律神経が整うという効果も。

また、ヨガは心だけでなく身体的な面でも効果が得られます。ヨガをおこなうことで血流が良くなり、基礎代謝アップします。そうすることで、冷え性や肩こり、腰痛といった体の痛みを改善することができます。また基礎代謝がアップすることで、痩せやすい体に体質改善していく効果も期待できます。

ピラティス

ピラティスはヨガと異なり、主に身体的な効果が得られます。大きい特徴は、通常の筋トレや日常生活では鍛えるのが難しいインナーマッスルが鍛えられること。インナーマッスルが鍛えられると、姿勢の改善にもつながり、美しい姿勢を目指すことができます。

また、姿勢の悪さや怪我などが原因で起こってしまった筋肉のアンバランスな状態を正しくしていくことも可能。日々の生活を楽に過ごせるようになります。

また、インナーマッスルの強化や筋力のバランスが整うことで、体の使い方をコントロールできるようになり、怪我といったリスクを抑えることもできるというメリットも。

ヨガの技法を取り入れているため、ピラティスでも血流を良くして基礎代謝をアップする効果や自律神経を調整する効果が得られます。

ヨガとピラティス、どちらがおすすめ?

気持ちの面を改善したいならヨガ、体の面を改善したいならピラティスがおすすめです。

ヨガは、心と体のバランスを整え、穏やかさを手に入れることができます。瞑想や呼吸法、ポーズを通して、リラックスすることで、日々の慌ただしさから離れ、本来の自分自身を取り戻すことができます。ゆとりのある生活を目指したい人には、ヨガが合っているかもしれません。

ピラティスは、積極的に体を動かすためリフレッシュすることができます。体幹の筋肉を鍛え、エネルギーを高めるので、毎日がパワフルで活き活きとしたものに。運動不足を解消したい人やダイエットをしたい人も、ピラティスがおすすめ。

ヨガとピラティスを始めてみる

ヨガは精神的なリラックス効果を期待できるのに対して、ピラティスはインナーマッスルを鍛えることで、正しい身体づくりを目指します。2つの共通点は、どちらも身体だけでなく、精神バランスを整えることで、心身ともに健康的な身体づくりを目指すという部分。ヨガとピラティス、それぞれのメリットどデメリットを考え、自分の健康状態やライフスタイルに合わせて生活に取り入れてみましょう。

ヨガとピラティスの違いを知って、どちらも試してみたくなった人に、ホットヨガスタジオLAVAをおすすめします。全国的に店舗展開している大手のホットヨガスタジオですが、ピラティスがおこなえるコースもあり、ヨガもピラティスも楽しむことができます。体験レッスンではヨガレッスンが受けられます。

ピラティスを始めたい人も、まずは心のリラックスから始めてみても良いかもしれません。

LAVAを予約(公式サイト)

関連する記事

便秘なら、朝晩3分の腸ヨガ。お腹に良いポーズを実践しよう。

女性に多い便秘の悩み。便秘が原因で、お腹がポッコリ...

2019年07月04日, ヨガ

カルドのホットヨガはマットがなくても大丈夫?気軽に通える!

ホットヨガは身体にもよく、気軽にできる運動として最...

2019年07月11日, ヨガ

大阪のおすすめハンモックヨガスタジオ6選。初心者でも安心して通える。

心身のバランスを調整する効果のあるヨガ。ただマット...

2019年07月12日, ヨガ