ピラティスの効果とは?不調を改善し、基礎代謝アップで太りにくい体質に。

Siena編集部
公開, 更新 , ピラティス

第一次世界大戦中にドイツ人従軍看護師だったジョセフ・ピラティス氏が、負傷した兵士のリハビリをおこなっていた際に、インナーマッスルや体幹を鍛えるためのエクササイズを考案したことがピラティスの始まり。このメソッドは「コントロジー」と名付けられ、普通のエクササイズとは異なる、筋肉と精神をコントロールするための学問として拡まっていきました。

1920年代にピラティス氏はアメリカに渡り、自身のスタジオを開設。その後、ピラティスメソッドは多くの人から注目されるようになり、真の健康と幸福を手に入れるためにおこなう体の調整法として提唱され、現在は日本でも広まっています。

ピラティスによって体幹を鍛えると、姿勢や骨盤の歪み、腰痛や肩こりを改善する効果、基礎代謝が上がることで太りにくく引き締まった体になる効果も。

リハビリのために生まれたピラティス

ピラティスは、もともとリハビリや虚弱体質を改善させるために生まれた運動です。体力に自信のない人でも、あまり負担を感じることなく筋力を強化できる点が特徴。

人間は自分でも気づかないうちに、歩き方や動作にクセが原因で、体の歪みや部分的な筋肉の低下が起こってしまうことがあります。体のバランスが崩れると、怪我や慢性的な痛みの原因に。また、怪我を治したとしても根本的な歪みが解消されていないので、再発する可能性は高いです。

目的は、体をコントロールできるようになること

深い呼吸をしながら、体をゆっくりと動かすのがピラティスの特徴。体幹を鍛えるポーズが多いため、筋トレの一種だと思われがちですが、ピラティスの目的は自分の体のクセを知り、コントロールできるようになること。

ストレッチを中心に体を動かし、体の奥にある筋肉を動かして体幹を鍛えることによって、基本的な姿勢が整えられます。筋肉量が増えることで、怪我予防や痛みを軽減する効果も。

ヨガとの違いは?

ヨガとピラティスの違いが分からないと言われがちですが、その違いは明確です。ヨガは、心や精神に焦点を当て、リラックス効果を重要視するのに対して、ピラティスでは筋肉に焦点を当てて積極的に体を動かし、筋力を鍛えていきます。

インナーマッスルを強化し、不調を改善

ピラティスのエクササイズは単なる筋トレではなく、体を支えるためのインナーマッスルを鍛え、体の軸である体幹を強化することに特化しています。目に見える筋肉とは鍛え方が異なるのが特徴。

インナーマッスルが鍛えられると、普段から正しい姿勢を維持しやすくなります。その結果、肩こりや腰痛など歪みからくる痛みを軽減できるだけでなく、骨盤の位置も矯正されるので、生理痛の症状が和らぐ効果も。

続けることで基礎代謝を上げ、太りにくい体へ

ダイエット効果を期待して、ピラティスを始めようと思っている人も多いはず。

ピラティスをおこなうことで消費できるカロリーは、体重やおこなう時間によって大きく異なりますが、体重が約50kgの人が30分のピラティスをおこなった場合、約80kcalを消費することが可能です。

ピラティスで得られるダイエット効果には、即効性は期待できません。しかし、単純に体重を落としていくのではなく、太りにくい体質に変わる点が魅力です。徐々に筋肉をつけながら体を引き締めていくので、リバウンドしにくいとも言われています。

ダイエット効果を期待するのであれば、一定の期間継続することがポイントです。周囲の人から見た目の変化に気づいてもらえるようになるまでに、10~20回程度継続することが必要と言われています。また、30回ほどおこなうと、体質自体に変化が起こるように。

ポッコリお腹の解消に役立つ

インナーマッスルが鍛えられることで、ポッコリお腹の原因である下がってしまった内臓を正しい位置に戻すことができます。内臓が正常に機能し始めると、一時的なダイエット効果だけでなく、太りにくい体作りにつながります。

全体的なラインを美しく整えながら、シェイプアップできる点が特徴です。

呼吸法の実践で、リラックス効果を得られる

ピラティスでは胸式呼吸法で呼吸を整えていきます。正しい呼吸法を身につけることで、気持ちを落ち着かせられるのもメリットの1つ。

人はストレスを感じると呼吸が乱れがちです。ピラティスは、効果を高めるために深い呼吸を繰り返すので、ゆったりとした深い呼吸を取り戻すことが可能。体質の改善には時間がかかりますが、ストレス解消の効果は1回おこなっただけでも実感することができます。

また、ピラティスを継続することで代謝が上がって血行が促進されることで、質の良い睡眠を得られる効果も。

食事管理はやっぱり必要

基本的には、ピラティスを開始する1時間~2時間前までに食事を終えることが推奨されています。ピラティスで太りにくい体質を手に入れることも可能ですが、日々の食事の内容には気を使う必要があるのです。

直前の食事は胃が驚いてしまうので、たくさんの量を食べることは控えましょう。脂肪の燃焼を促進するような、ビタミン類などを含んだものや肉や魚、野菜などバランスの良い食事を意識することが大事。

ビタミンB群やナイアシンが含まれる食材がおすすめです。お菓子やインスタント食品、アルコールなどにはほとんどビタミン類が含まれていないので、避けたほうが無難。

また、ピラティスの直後は、疲れた体に糖質や脂質が吸収されやすくなっている状態。カロリーを消費した直後に食べてしまうと十分なダイエット効果が得られません。なるべくレッスン前に食事を終え、ピラティスをおこなった後は、水分補給をする程度にしましょう。

ピラティスを始めてみよう

健康的な体作りだけでなく、美容や意識の向上など、さまざまな効果が期待できるピラティス。専門スタジオを利用することで、ピラティスの持つ本来の効果を最大限に得ることができます。

おすすめなのが、zen place pilatesというピラティス専門スタジオ。店舗数が全国に55店舗あり、全て駅近。レッスンの種類も豊富で、本物のピラティスを実感することができるピラティス専用マシンが全店に設置されています。

24時間いつでも予約が可能。ピラティスで、健康的なダイエットをしましょう。

zen place pilatesを予約(公式サイト)

関連する記事

品川のおすすめピラティススタジオ4選。こり固まった体に癒しを。

デスクワークが続くと、腰や首がこり固まり、悩んでい...

2019年07月04日, ピラティス

反り腰は、ピラティスで効果的に改善しよう。筋力アップがカギ。

インナーマッスルなどの筋肉を強化したり、骨格を正常...

2019年07月04日, ピラティス

郡山のおすすめピラティススタジオ4選。無料で体験できるスタジオも。

郡山には、ホットピラティスのプログラムが受講できる...

2019年07月04日, ピラティス