ホットヨガで筋肉を鍛えるメリットとその理由:インナーマッスルを鍛えて美しい姿勢に

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガによる筋トレ

ホットヨガにはさまざまなメリットがあります。ダイエット目的の人も多くいると思いますが、ホットヨガでは筋肉を鍛えることもできます。ホットヨガで筋肉をつけて、バランスの良い美しい身体づくりをしてみるのもいいかもしれません。

今回は、なぜホットヨガで筋肉を鍛えることができるのか、またどのようにすれば筋肉をつけることができるのかなど、ホットヨガの筋肉に関する効果を紹介していきます。もちろん、ホットヨガには筋肉をつけること以外にも、ダイエットや美容など多くの効果があります。

ホットヨガで筋トレをしたい方におすすめなのがヨガスタジオのLAVAです。ホットヨガも通常のヨガも出来る上に、筋トレのためのレッスンもあります。まずは体験レッスンに行ってみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

1.なぜホットヨガで筋肉がつくのか

筋肉は使わないとつかずに落ちていく一方です。特に普段は使わない筋肉があると、その部分の筋肉はどんどん衰えていきます。筋肉をつけるのは筋トレが効果的ですが、筋トレはなかなか続かないという人が多いでしょう。

しかし、ホットヨガではさまざまなポーズをとり、さまざまな筋肉を使いながら動かすので、日常生活であまり使わない筋肉を使うことで活性化されます。また、ホットヨガでは緩やかな動きで無理なく筋肉を刺激することができるので、これまで続けられなかった人にもおすすめです。

2.どのように筋トレにつなげるのか

筋肉は負荷をかけなければつきません。ホットヨガで鍛えようと思っていてもずっと同じプログラムをしていると体が慣れてしまい、体に負荷がかかりません。そこで、身体が慣れてきたら少しずつハードなヨガに変更していくことをおすすめします。ホットヨガにはさまざまなプログラムが用意されているので、自分のペースに合わせてコースを選びましょう。

ヨガはプログラムによって、使う筋肉が異なってきます。そのため同じプログラムをずっと続けるよりもさまざまなプログラムを行った方が、筋肉にとっていいそうです。

3.どこの筋肉が鍛えられるのか

ホットヨガでは、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルとは、体の内側にある筋肉、筋肉の下にある筋肉のことです。

インナーマッスルは鍛えようと思っても、なかなか鍛えることができない筋肉だといわれています。しかしそんなインナーマッスルを鍛えられるのがホットヨガです。

3-1.ホットヨガでインナーマッスルが鍛えられる理由

なぜホットヨガを行うことでインナーマッスルを鍛えることができるのかというと、1つ1つの行うヨガのポーズを呼吸に合わせてキープしながら行っていくからです。

この呼吸に合わせて体を動かすという点がインナーマッスルを鍛えることに繋がっています。

ヨガのポーズを長い時間キープしていくと、だんだんと体がぷるぷるしてきませんか?この体がぷるぷるしている時に、インナーマッスルが鍛えられているのです。

このインナーマッスルは見た目では分かりません。そのためホットヨガをしても筋肉はつかないのでは?と思ってしまう人も多いようです。しかしきちんと内側には筋肉がついています。

4.ホットヨガで筋肉を鍛えるメリット

ホットヨガで鍛えることができるインナーマッスルには、体にとってさまざまなメリットがあります。なかなか見た目では分からない筋肉なので、つける意味がないのではと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

4-1.むくみの解消

筋肉の力が弱くなると、血流とリンパを流れるようにする体の中の筋肉も弱くなります。体内の筋肉が弱くなると、体も冷えやすくなり、むくみの原因にもなるのです。

呼吸とポージングで普段あまり使わないインナーマッスルを使い、刺激することで内臓の機能が向上し、血流やリンパの流れが活発になることでむくみが改善します。

4-2.体を正しく動かすことができる

インナーマッスルを鍛えることによって、体を正しく動かすことができるようになります。関節が正しい方向に曲がりやすくなるので、体が動きやすくなるのです。また体が動きやすくなるということで、体を痛めにくくなります。

4-3.体全体ののバランスが良くなる

また体のバランスが取りやすくなるという効果があります。正しい姿勢をキープしやすくなり、太りにくい身体づくりが可能になるなど、インナーマッスルを鍛えることで身体にはメリットがたくさんあるのです。

5.ホットヨガで筋肉痛になる原因

ホットヨガで筋肉を鍛えることができると説明してきましたが、実際にホットヨガをやったら筋肉痛になってしまったという方も多いはず。筋肉痛になると筋肉が鍛えられている実感はもてますが、やはり辛いですよね、ホットヨガで筋肉痛になってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

5-1.普段使わない筋肉を使った

まず、ヨガ初心者に多い筋肉痛の原因は普段は使わないような筋肉を使ったことです。ヨガでは体の筋肉をまんべんなく使うので、日常生活では使わない部分に負担をかけることもあります。普段使わないために衰えていたキン肉を突然使うと筋肉痛になりやすいです。

特に、インナーマッスルは表層の筋肉とは違って日常生活で意識して使うことはあまりない筋肉なので筋肉痛になりやすいです。

5-2.無理なポーズを取ってしまった

インストラクターの美しいポーズを見て、無理してポーズを取ってしまうこともありますよね。無理にポーズを取ると筋肉が伸びすぎてしまった筋肉痛になることが多いです。自分の限界を超えて伸ばしすぎて、さらにそれをキープしてしまうと筋肉を傷つけることになるので注意しましょう。

5-3.準備運動が足りなかった

ホットヨガに限った話ではありませんが、準備運動不足は筋肉痛の主要な原因です。ホットヨガは普段使わない筋肉を使うので、レッスン前に入念に準備運動をして体を慣らしておくようにしましょう。いきなり慣れないポーズを取ったりすると体が驚いてしまい、確実に筋肉痛になってしまいます。

6.ホットヨガで筋肉痛になったときの対処法

ホットヨガで筋肉痛になってしまう原因を説明しましたが、特に最初のうちは筋肉痛は避けられません。では、筋肉痛になった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

6-1.患部を冷やす

レッスン直後や家に帰ってからなど、早い段階で筋肉痛を感じた場合は痛い部分を冷やすようにしましょう。

ただ、冷やし続けるよりは時間の間隔を空けながら冷やした方が効果的です。20分間冷やして5分空けるのを2,3回繰り返すのが理想だと言われています。

6-2.お風呂やシャワーで温める

1日たっても痛みが取れない場合は、お風呂やシャワーで温めるようにしましょう。

お風呂やシャワーで患部を温めると血行が良くなり、筋肉痛が治りやすくなります。筋肉痛が長続きする場合には患部を温めてみてください。

6-3.ビタミンBやタンパク質を摂取する

筋肉痛になった際は、栄養補給も非常に重要になってきます。特にビタミンBやタンパク質は筋肉痛の改善に効果的なので、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンBは貝やレバーに多く含まれ、タンパク質は肉類や魚介類、卵などに多く含まれています。

なかなか筋肉痛が治らないときは食事にも気を使うようにしましょう。

7.まとめ

ホットヨガで筋肉やインナーマッスルを鍛えるメリットや、その理由を紹介してきましたがいかがでしたか?

ホットヨガにはダイエット効果だけでなく、筋肉や美容にもメリットがあるため、美しい身体づくりを目指したい方におすすめです。

ホットヨガスタジオLAVAでは、20種類以上の充実したプログラムが用意されているため、自分に合ったコースを選びホットヨガを楽しむことができます。

中でもパワーヨガやお腹引き締めヨガでは、インナーマッスルを鍛える効果が大きいので、しなやかな筋肉を鍛えたいという方はぜひレッスンを受けてみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

おすすめのヨガ施設・スタジオ

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:81件

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホットヨガスタジオloIve(ロイブ)

展開エリア:全国, 店舗数:46件

関連する記事

ヨガで筋肉を鍛えられる?有酸素運動とポーズで、体を引き締めていく。

健康や美容、ダイエット効果が期待されているヨガ。筋...

2019年07月23日, ヨガによる筋トレ

腸腰筋に効果的なヨガポーズとは?安定した姿勢やヒップアップにも。

腸腰筋は、体を支えるために必要なインナーマッスル。...

2019年07月23日, ヨガによる筋トレ

骨盤底筋は、ヨガポーズで鍛えよう。強化するメリットとは?

骨盤底筋は、聞き馴染みがない筋肉ですが、女性にとっ...

2019年07月23日, ヨガによる筋トレ