レコーディングダイエットとは?メモを見返すことが成功へのカギ。

Siena編集部
公開, 更新 , ダイエット

書くだけダイエットと称し、一躍有名になったレコーディングダイエット。具体的な方法やコツには、どのようなものがあるのでしょうか?

レコーディングダイエットとは、記録による視覚化で、自分の食事量を見直し、食欲を抑えようとする行動につなげる方法です。辛い運動や食事制限は不要。摂取カロリーを意識して、無理なく理想の体を手に入れましょう。

レコーディングダイエットのやり方

初めからカロリーを意識するのではなく、まずは食事内容を記録するということに慣れましょう。食生活の問題点に気づくことが重要です。

とにかくメモする

基本的には、食べたものをメモするだけの簡単なダイエット。食事内容を全て書き出し、毎日同じ時間に体重、体脂肪をはかってメモするだけです。

重要なのは、口に入れたものを全て、毎日メモを取ること。気のゆるみで食べてしまったチョコレートひとかけらでも、必ず記録します。ポテトチィップス1枚でも、コーラ1口でも、同様です。

レコーディングノートは常に持ち歩く

記録用メモはできるだけ常に持ち歩いて、食べたものをオーダーした瞬間や食べる前に書きだすことがポイント。食前に記録することで、食事量の抑制を狙います。食後に追加で食べようとしても、メモする面倒さにより、食べる気が失せるはずです。

書くことに注力する

最初はとにかく、食べたものを書くことだけに集中しましょう。この時点では、まだカロリーを調べたり、カロリー制限をするのは厳禁。ダイエットの敵は食欲ではなくストレスとも言われているので、最初から無理をしすぎないことが重要です。メモが苦痛でなくなってきたら、カロリーをすべて調べて書き出す段階に移行しましょう。

レコーディングダイエットを成功させるためのポイント

毎日メモをするなかで大事なことは、自分の食生活を見直し、問題点に気づくことです。その日の振り返りをを習慣にしましょう。

食事の問題点に自分で気づく

記録して終わりではなく、毎日メモを見直すことがポイントです。その日食べたものを見直して気づくことがあれば、意識的に改善できるはず。また、少し食べすぎても落ち込まず、ゆっくり取り組むことも大切です。

自分の食生活を振り返ることで、自分がどのくらい不健康な生活をしているかに気付くことができます。気がついたならば、あとは改善のみ。普段気にしていない外食や、コンビニ弁当に記載されているカロリーを意識するだけで、摂取カロリーを控えることができるでしょう。

運動で引き算

食べ過ぎてしまった日には、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動をして、カロリーの引き算をしましょう。運動をすることが嫌で、食べ過ぎを防ぐことができるという効果も。カロリーを消費する大変さを感じておけば、自然と食事を我慢できるようになります。

関連する記事

ダイエットでひざが痛い。負担がかからない有酸素運動をしよう。

ダイエットは、美容だけでなく健康にも効果的。自分自...

2019年06月12日, ダイエット

フラフープダイエットの方法:くびれや便秘解消にも効果ありの万能グッズ

誰もが1度は経験したことがあるであろうフラフープ。...

2019年06月12日, ダイエット

ダイエットに成功するためにカロリーは重要?最適なカロリーやおすすめの食事や成分も紹介

ダイエットをするうえで、カロリーに配慮することは最...

2019年06月12日, ダイエット