筋トレは毎日やった方が良い?効果的な頻度を紹介。

Siena編集部
公開, 更新 , 筋トレ

筋トレのメニューを組むにあたって、毎日やるべきか、悩んでいる人は多いはず。毎日筋トレを続けなければ、筋肉は落ちてしまうのでしょうか。

筋トレは、すればするほど効果が出る、というわけでなければ、やらなさ過ぎも効果がありません。適切な頻度をおさえておくことが、筋トレ成功のカギです。

効果的な筋トレの頻度とは?

トレーニングをサボると筋肉が落ちるかもしれない、と不安になって、つい毎日筋トレしたくなる人もいるはず。しかし、筋肉を成長させるためには回復の時間を確保することがカギです。体の部位によって必要な時間は変わりますが、筋肉の回復には平均して48~72時間かかるので、同じ部位の筋トレをしたい場合は2~3日の休憩を入れましょう。

なお、運動不足を解消する目的で軽い筋トレをおこなう場合は、疲れが溜まりにくいので毎日おこなっても問題ありません。

レベル別のおすすめ頻度

筋トレは、慣れれば慣れるほど筋肉を追い込むことができ、その分休養も必要になります。また、筋トレの種目が増えれば増えるほど、筋肉が疲労するので、休養を長く取ることが大切です。

筋トレ初心者の場合は、1日で全身の筋トレをおこない、休養を2~3日設けるプランがおすすめ。週に2~3回の筋トレをして、徐々に慣れていきましょう。

中級者の場合は、上半身と下半身に分けて、週に2回筋トレを続けると良いです。上級者の場合は、1週間で1部位1回の筋トレができるように、メニューを設定すると効果的。

同じ部位は毎日筋トレしない方が良い

同じ部位を毎日筋トレしてしまうと、筋肉を回復させる時間が十分に取れません。筋肉は回復のタイミングで成長する、と言われているので、せっかく頑張っても逆効果になります。今日は背中、明日は腕、明後日は足、というように部位を変えて筋トレを続けることがおすすめです。

休養を取り過ぎても逆効果に

筋トレをした後、筋肉が元の状態よりも回復することを、超回復と呼びます。筋トレによって筋肉がダメージを受けるので、いったん筋力が下がりますが、筋肉が回復するタイミングで元の筋力レベルを超えるのです。筋トレと超回復を繰り返すことで、筋肉が成長していきます。

休養をとり過ぎると、超回復した状態から筋力が落ちてしまうため、元の筋力レベルに戻ってしまうのです。筋トレの強度や回数、体の回復力によって、自分にあった休養の期間を設けることが大切。最初は筋トレの調子を見ながら試行錯誤していくと、徐々に適切な期間を見つけていくことができます。

筋トレを毎日おこなうデメリットとは?

筋トレを毎日おこなうと、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルが高まり、かえって脂肪を溜め込む恐れも。

また、オーバーワークになってしまうと、体がショートしてしまうような状態が起こってしまいます。中央神経系を伝わって脳からのメッセージを受けていますが、筋肉を使いすぎるとストレスがかかり過ぎて、機能がストップしてしまうのです。その結果、筋肉が成長しない、うつ症状、風邪をひきやすくなる、といった不調が生じる場合が多くあります。適切な頻度を守って、筋トレを継続しましょう。

関連する記事

ダイエットには筋肉が重要。健康的に痩せるためには筋トレをしよう。

ダイエットは、多くの女性にとって永遠のテーマ。食事...

2019年07月04日, 筋トレ

ゴールドジムのダイエットプログラムとは?筋トレのサポートが充実!

皆さんはゴールドジムと聞くと、女性は入りづらく、外...

2019年07月04日, 筋トレ

アンチエイジングには筋トレが効果的。成長ホルモンが若返りの鍵だった。

加齢とともに気になってくる、アンチエイジングという...

2019年07月04日, 筋トレ