人気急上昇。ヨガの種類には、一体どんな違いがあるの?

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

女性を中心に話題のヨガ。スタジオも全国に増えており、健康や美容、リラックスといった効果を体感したい人が増えていることが分かります。ただ、ヨガと言ってもさまざまな種類があり、それぞれ特徴や効果が異なるもの。

身体面や精神面それぞれどちらかを重視しているものや運動量が多いもの少ないものなど、ヨガの流派によって違いがあるのです。ヨガのそれぞれ異なる特徴とを知って、知識を深めていきましょう。

ヨガの発祥は、約4500年前のインダス文明。また、ヨガという言葉が初めて表記されたのが、「ウパニシャッド」という古代インドの哲学書とされている奥義書です。紀元後5世紀ごろに、ヨガの指針となることが書かれている「ヨガ・スートラ」は、インドの哲学者であるパタンジャリによって、編集・要訳されたと言われています。

また、もともとはヨガは瞑想と座法を中心とした静かなもの。ヨガはもともと、精神統一がメインの宗教的な修行だったのです。

それぞれ異なる、ヨガの特徴

動きが大きいことでフィットネス効果が高いものや1つのポーズに集中していくもの、リラックス効果が高く初心者にもおすすめしやすいヨガなど、その種類はさまざま。自分好みのヨガを見つけてみて。

ベースは「ハタヨガ」

ヨガの種類・流派は、伝統的なものから最新のまで含めると、数多く存在します。その多くのの基本となっていると言われているのが、ハタヨガ。サンスクリット語で、太陽をあらわす「ハ」と月をあらわす「タ」。この2つの言葉が組み合わさった「ハタ」は、太陽と月、陽と陰というように相反する言葉として解釈されています。ここから意味が転じ、ハタは相反する2つを結びつけるパワーを持つ言葉、になると言われています。また、「ハ」には吸う息、「タ」には吐く息という意味も。

ヨガのポーズと呼吸法、瞑想を基本とし、多くのヨガスタジオでもレッスンプログラムが設けられています。無理のないゆっくりとした動きで、普段動かさない筋肉をじっくり伸ばすことで、柔軟性を高めることが可能です。

動きは比較的緩やか。ゆったりとした無理のないものなので、幅広い層に人気があり、ヨガ初心者でも楽しめます。

高温多湿でおこなうホットヨガ

温度39度前後、湿度60%前後の高温多湿の環境で、ハタヨガのポーズと呼吸法を組み合わせておこなうヨガ。ホットヨガは、専門のスタジオも増え、人気が出てきています。高い温度のなかで運動をおこなうと呼吸が深くなり、汗をかきやすく代謝が上がりやすいのが特徴です。

常温の快適な環境でおこなうヨガよりも、発汗作用が期待できるのでデトックス効果も。また、汗をたくさんかくことで美肌効果にもつながるだけでなく、代謝が上がることで脂肪の燃焼を促進。ダイエット効果も。

初心者から経験者まで、ヨガ経験を問わずに楽しむことが可能。

1つのポーズに集中、アイアンガーヨガ

現代ヨガの父と言われるクリシュナマチャーリヤ師のもとで15歳のときに修行したとされている、B.K.S.アイアンガーによって作られたヨガ。

1つ1つのポーズを丁寧に正しい姿勢で長時間かけておこなっていく、という特徴を持つだけでなく、ベルトや椅子、ブロックなどの道具を用いるというユニークな点も。個人の体の状態に合わせて、それぞれがおこなえる最大限のヨガポーズを追求していくのです。

運動量はあまり多くないですが、長時間同じポーズをキープすることにより、高い柔軟性を目指すことや集中力を養うことなどが可能。ゆったりとできるので、リラックス効果も。

アシュタンガヨガは運動量が多め

アシュタンガとは、サンスクリット語で「八支則」と言います。八支則とは、段階・行法のことで、ヨガの基本的な教えのこと。アシュタンガヨガは、ほかのヨガに比べて運動量が多めなので、上級者向けのヨガ。ポーズの順番や呼吸は決められており、世界共通となっているのです。

同じポーズを決められた順番で、途切れることなく、短時間で繰り返していくのが特徴。高い消費エネルギーと発汗作用の効果が期待できるので、エクササイズ効果が高いヨガと言えます。

流れるようにポーズをとっていくパワーヨガ

アシュタンガヨガをベースに作られた、筋力トレーニング作用が高いのが特徴のヨガ。比較的新しく考案されたヨガで、その名のとおり筋力をつけることでボディバランスを良くしていくことが可能なです。

呼吸と動きを連動させ、一連のポーズを流れるようにスピーディーにおこなうので、運動量も多く、ヨガのなかでも運動していることをより感じられます。

ダイエットや美容目的でおこなう人が多いのですが、動と静の動きをおこなうので、リラックス効果やストレス解消にも効果的。

ハンモックヨガでリラックス

天井からハンモックのような布を垂らし、それに身体を委ねながらヨガのストレッチをおこなう目新しいヨガ。エアリアルヨガとも呼ばれています。布が体をサポートしてくれるので、余計な緊張や負荷をかけることなくストレッチをすることが可能。初心者でも簡単におこなえます。

ハンモックに包まれながら瞑想をおこなうと、より高いリラックス効果が期待できるとも。疲労回復したい人におすすめです。

ハードなヴィンヤサヨガは、シェイプアップに効果的

アシュタンガヨガから派生したヨガで、連続してさまざまなポーズをおこなうため、運動量が多くハード。流れるようにポーズを取り、その流れとともに瞑想が深まっていくというのが特徴です。

指導者によって、躍動的な面が強くなったり、瞑想的な部分に力を入れたりレッスン内容が異なります。指導者の個性によって変化するクリエイティブなヨガです。

インナーマッスルが鍛えられるので、シェイプアップにも効果的です。また、次のポーズに移るときに体全体の関節を大きく使うため、関節の動きがしなやかになります。ヨガを通じて筋力も鍛えたい人におすすめのヨガとなっています。

アシュタンガヨガと比べて、自由さや独創性がプラスされていることが特徴。ヨガスタジオのインストラクターごとにそれぞれ違ったプログラムなので、ヨガ初心者でも楽しむことが可能。自分のレベルに合ったものを見つけられるはず。

クリパルヨガは、心を穏やかにする

スワミ・クリパル師が創設した流派。精神の強化、自分自身を受け入れることを目的としたヨガ。健康的な体や悟りの思考というよりも、心を清らかにするというヒーリング効果が強いのが特徴です。

クリパルヨガのレッスンは瞑想の時間も多く、ポーズも無理なものはあまりおこなわないため、ヨガ初心者でも問題なく楽しめます。

ゆっくりとポーズを取る陰ヨガ

1つひとつのポーズを3~5分と長くキープしていくのが大きな特徴の陰ヨガ。また座位のポーズを中心に、ゆったりとした動きでていねいにポーズを取っていきます。

動きは穏やかですが、体の奥深くの筋肉にしっかりと働きかけられるため、リンパの巡りを整えられる効果が期待できます。また、ゆったりとした動きと深い呼吸を合わせておこなうため、ストレスの解消やリラックスの効果が得られる期待もできるヨガです。

バランス重視のシヴァナンダヨガ

西洋医学の医師だったスワミ・シバナンダ師が創設。12種類の基本となるポーズと瞑想、マントラをおこなう伝統的なヨガです。心身の健康を目的に、全てのバランスが安定した状態を目指します。

1つひとつのポーズの間にシャバアーサナを取り入れたり、2種類の呼吸法があったりするのもシヴァナンダヨガの特徴。精神面を重視しています。

ヨガを始めてみよう

それぞれのヨガの特徴や効果を知って、ヨガが気になった人は、実際にスタジオに行ってレッスンを受けてみましょう。おすすめは、大手ヨガスタジオのカルド。

カルドでは、ホットヨガとパワーヨガをおこなうことができます。また、ダイエットにぴったりのヨガ、リラックスにぴったりのヨガなど、それぞれの悩みや目的に合わせたレッスンプログラムがあるので、体の不調が気になる人にもぴったり。

駅から近い店舗も多いので、仕事帰りにも通えるヨガスタジオです。

カルドを予約(公式サイト)

関連する記事

ヨガの歴史とは?古代から続く、インドの伝統を知る。

美容と健康のために良い運動として、多くの女性や男性...

2019年06月19日, ヨガ

初心者でも簡単にできる、基本のヨガポーズを覚えてみよう。

ヨガは、健康や美容の効果が期待できると言われていま...

2019年06月19日, ヨガ

ヨガで代謝を上げて、痩せやすい体に。引き締めに効果的なポーズも。

代謝を上げて、ダイエットや体の引き締めに効果がある...

2019年06月19日, ヨガ