ヨガで体が痛い原因とは?背中や腰、肩など部位別に探ってみよう。

ヨガで体が痛い原因とは?背中や腰、肩など部位別に探ってみよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

ヨガのレッスンを受けたあと、背中や腰、肩などに痛みを感じたことがある人も多いはず。筋力が弱く、ポーズにも慣れていないときに無理をすることで筋肉を痛めてしまい、筋肉痛を起こしてしまうパターンが多く、ヨガを始めたばかりの人はとくになりやすい、と言われています。

ヨガのポーズでは、思っていたよりも全身の筋肉や関節を使うので、知らず知らずのうちにあらゆる部位に負荷がかかっているのです。慣れていないとリラックスできていないままポーズをおこなってしまい、痛めてしまうということも。原因と対処法を知ることで、それぞれの痛みを回避することができるかもしれません。

筋肉を酷使してしまうことで、痛みが発生

ヨガでは、体全体の筋肉を、まんべんなく使って動いていきます。よく見える表層の筋肉だけでなく、体の奥深いところにある筋肉まで働きかける効果があるので、普段使わない筋肉を使うことで、筋肉痛になることも。

また、インストラクターや周りの経験者がやっているキレイなポーズを見て、理想のポーズに到達しようと焦ってしまい、筋肉を伸ばしすぎてしまうパターンも。自分ができる範囲を超えて、さらに無理をしてしまうと、筋肉を傷つけることになってしまいます。傷ついた筋肉が正常な元の状態に戻るときに、筋肉痛になるのです。

ウォーミングアップ不足でも筋肉痛につながりやすいので注意。ヨガはスローな動きばかりだから、と油断してはいけません。筋肉をギュッと収縮させて負荷をかけていたり、腕や脚全体をダイナミックに使って動いていたりすることもあるので、ウォーミングアップを忘れずにおこなうようにしましょう。

部位別のヨガで痛みが発生してしまう原因とは?

痛みを感じる原因は、それぞれ部位によって異なります。ヨガでおこなうポーズは、体の各部位に負担をかけるものが多いのです。

背中

ヨガをおこなって背中の痛みを感じる原因は、主に筋力不足です。背筋は、普通に生活しているだけではなかなか鍛えるのが難しい部位。弓のポーズやコブラのポーズなどは、背筋に直接アプローチするポーズのため、筋力が弱いときにはすぐに筋肉痛になってしまうことも。

また、ポーズに慣れていないときに無理な体勢を維持してしまうことで、背骨を痛めてしまうこともあるため注意が必要。

腰を痛めてしまう原因は、インナーマッスルや腹筋、背筋をうまく使えていないことで、腰や関節に負担がかかってしまうことが原因。ヨガのポーズには、前屈や後屈など腰に負担がかかるものが多く、きれいな形にしようとすればするほど、腰に負担がかかってしまいます。

筋力があれば良いのですが、筋肉が弱い場合骨や関節でポーズを保たせているため、背中と同様に背骨を痛めてしまうことに。腰椎を痛めてしまうことで、腰痛や坐骨神経痛へとつながってしまうのです。

ヨガで腰痛が治る場合と悪化する場合に関して詳しく知りたい人は、下記の記事をチェックしてみてください。ヨガで腰痛が悪化?ヨガで腰痛が治る場合と悪化した場合の対処法。

膝周りの筋肉が弱いことが原因で関節を痛めてしまい、痛みを感じてしまいます。また、筋肉が十分にほぐれていない段階でポーズを取ってしまうことで、靭帯が伸びてしまい痛みを感じることも。筋肉の緊張を取り除くことが大事です。

ヨガで膝を痛めてしまう原因と対処法に関して詳しく知りたい人は、下記の記事をチェックしてみてください。ヨガで膝が痛い?原因と対処法3選:橋や弓のポーズに注意!

肩・首

ヨガのポーズは、腕や肩などの上半身も含めて全身を使っておこなうもの。肩の関節は、可動域が広いのですが、その分不安定にもなりやすい場所。しっかりとストレッチをおこない、肩周りの筋肉を解さない状態でポーズを取ってしまうと、肩を痛めてしまうことに。また、勢いよくポーズを取ってしまうことで、関節を痛めてしまうこともあります。

首の場合は、頭立ちのポーズといった、首の力で体を支えるポーズなどが原因の場合も。首や肩の関節、筋肉で体重を支えることは、非常に負担がかかるものです。筋肉痛はもちろん、関節を痛めてしまうことも。初心者はもちろん、ヨガの経験がある人でも痛めてしまうことがあるので、注意が必要です。

ヨガのあとに体に痛みを感じてしまったときにするべきこと

背中が痛いときは、応急処置をすることが大切。また、負担がかかるような動作も控えましょう。1番大事なのは、痛めない予防として腹筋や背筋を鍛えること。

筋肉痛かもしれないときは、まず冷やして温めること

24時間~48時間は、痛む場所を冷やしてみましょう。その後は温めて、血行を良くします。

冷やして温めても痛みが治まらず継続している、もしくは悪化してしまったという場合は、筋肉痛ではなく、ほかに別の原因がある可能性が。病院を受診するようにしましょう。

負担がかかることは控える

痛みがあっても、レッスン内容に組み込まれているから、とそのまま継続しておこなってしまうと、症状が悪化してしまうことも。痛みが出ているときや元々背中が心配な人があらかじめ注意しておくと良いのが、前屈やツイスト、肩立ちのポーズ。背中に負担がかかりやすいため、避けるのが無難です。

また、痛みを感じているときは日常生活においても安静でいることが、早く治すためには大事です。

腹筋や体幹を鍛え、柔軟性を高めることがポイント

筋肉痛はもちろん、関節や骨を痛めてしまうことを防ぐためには、腹筋や体幹を鍛えておくことが重要。ヨガで筋肉を鍛えようとしている人も多いはずですが、そもそも筋力が付いていない状態で無理なポーズを取ってしまい、筋肉痛や関節痛になってしまうことが多いため、徐々に負荷をかけていくことを心がけることが大切です。

また、使いすぎた筋肉は、柔軟性がなくなり、固くなってしまいます。筋肉が固くなると、背中や背骨の筋肉が柔らかく動かせなくなり、無理やり動かすことに。結果、痛める原因となるってしまうのです。ヨガでゆっくりと筋肉を伸ばす前に、ストレッチなどをしておくのもおすすめ。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

ヨガのアーサナとは?自分に合ったポーズに取り組んでみよう。

ヨガのレッスンを受講していて、「アーサナ」という言...

2019年07月04日, ヨガ

ホットヨガスタジオLAVAのプログラム一覧を紹介。自分に合ったレッスンに行こう

男女問わず、あらゆる年代に大人気のホットヨガ。一口...

2019年07月10日, ヨガ

食べ過ぎたときはヨガをしよう。消化促進に効果のあるポーズでリセット。

食べ過ぎてしまった日は、できるだけ早く食べたものを...

2019年07月04日, ヨガ