ヨガの歴史とは?古代から続く、インドの伝統を知る。

ヨガの歴史とは?古代から続く、インドの伝統を知る。

Siena編集部
公開, 更新 , ヨガ

美容と健康のために良い運動として、多くの女性や男性に人気があるヨガ。初心者でも気軽におこなえる運動で、心身ともにメリットが大きいのが特徴です。ヨガは、現代ではエクササイズの1つとして知られていますが、もともとは修行法。悟りを開くための方法としておこなわれていたのです。

ヨガの歴史や発祥、また現代のヨガは、一体どのような変遷を辿っているのでしょうか?世界におけるヨガの歴史と、日本の歴史を解説します。

ヨガの歴史はインドから始まった

ヨガの発祥は、紀元前2500年頃のインダス文明まで遡ると言われ、継承を繰り返しながら発展しています。

初めてヨガという言葉が出てきたのは、「ウパニシャッド聖典」。ウパニシャッドは奥義書で、紀元前800年頃から西暦200年頃のうちに200以上書かれているもの。中期に書かれたウパニシャッドにヨガという単語が確認されているため、紀元前300~350年頃には、ヨガはすでに確立されていたと考えられています。

どのように変化していったの?

紀元前400年頃には、ヨガの経典「ヨーガ・スートラ」が成立。インドの哲学者であるパタンジャリによって書かれたヨーガ・スートラは、ヨガの基本となる経典。瞑想や八支則と呼ばれるヨガを説き、悟りまでの方法を段階的にまとめています。

そして西暦1300年頃に、行者スヴァートマーラーマのヨガ論書「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー」で、ハタ・ヨーガが体系的に説かれました。瞑想や座法に加え、ポーズと呼吸が加わったもので、現在おこなわれているヨガの元祖とも言えます。

現代のヨガ

1920年代に、インド中央政府がヨーガ大学を設立しています。その後1970年代に米国で第1次と言えるヨガブームが一時的に発生。1990年代に、エクササイズを中心とした第2次ヨガブームが起こり、セレブを中心に世界規模で人気に。そして現在も、流行を拡大しいます。

現代でおこなわれているヨガは、悟りを開くためを目的としてものだけではなく、心身を健康にするためのエクササイズとしても広く浸透。また種類も増え、ハタヨガをベースにさまざまな流派が生まれており、それぞれおこなうポーズや目的などが異なるのが特徴です。

ヨガは生活の一部としておこなわれるようになっており、かつて修行法としておこなわれていたヨガとはまた別の目的でブームになっています。

ヨガの歴史、日本では?

日本では平安時代に、「ゆが」と呼ばれる瞑想を中心におこなうヨガが親しまれていました。インドで発祥したヨガと同様、修行法です。

その後1900年代頃で徐々にヨガとして発展し、米国と同じ1970年、1990年頃に流行します。2000年に入り、ハリウッドセレブによって起こったヨガブームは日本にも伝わり、日本でも美容と健康のエクササイズ方法として広く浸透。

2010年代になると、ヨガ人口が100万人規模になるなど、日本でも世界と同様にヨガは発展し続けています。

おすすめのフィットネス施設・スタジオ

ホットヨガスタジオ LAVA

展開エリア:, 店舗数:421件

ホリデイスポーツクラブ

展開エリア:, 店舗数:91件

カルド

展開エリア:全国, 店舗数:82件

関連する記事

初心者でも簡単にできる、基本のヨガポーズを覚えてみよう。

ヨガは、健康や美容の効果が期待できると言われていま...

2019年07月04日, ヨガ

ヨガの効果とは?美容や健康だけでなく、心のリフレッシュも。

運動不足解消やダイエットなどの目的で人気のヨガです...

2019年07月05日, ヨガ

ヨガで代謝を上げて、痩せやすい体に。引き締めに効果的なポーズも。

代謝を上げて、ダイエットや体の引き締めに効果がある...

2019年07月04日, ヨガ