むくみを解消するストレッチ法とは?自宅で脚痩せしよう。

Siena編集部
公開, 更新 , ストレッチ

立ち仕事をしていたり、長時間のデスクワークなどで体を動かさない人はむくみやすく、脚の太さが気になる人も多いはず。また、脚が太い人の特徴として、体のバランスと歩き方が悪いケースも考えられます。

立つときに重心を片足に傾けて立っていたり、変な歩き方になっている可能性があると、脚の筋肉を正しく使うことができないので、むくみやすくなる要因に。体の中で脚が1番むくみやすいと言われており、ストレッチで溜まった老廃物を流してあげることが脚痩せのカギです。簡単なストレッチを実践し、キレイな脚を目指しましょう。

簡単ストレッチでむくみを解消し、脚痩せ

疲れていても自宅でも簡単にできる、脚痩せストレッチをピックアップ。どのストレッチも血流を促進させる効果があるので、むくみの解消にピッタリです。数分で終わるので、毎日の習慣に取り入れて、スッキリとした美脚を手に入れましょう。

つま先を伸ばして、むくみ解消

膝は曲げない状態でつま先を5秒間伸ばし、さらに5秒間かかとを押し出していくストレッチです。足先をお辞儀させるようなイメージで、ペコペコと5回繰り返しましょう。デスクワークの合間にも取り入れやすいのがメリットです。

脚を上げて、むくみ解消

寝る前に布団の上でできる、むくみ解消に効果的なストレッチです。

仰向けの状態で、両手とお尻は地面につけた状態のまま、両脚を天井に向かって伸ばしていきます。つま先を伸ばしたり、足首を回すと、さらにむくみを解消する効果を期待できるので、おすすめ。5分間を目安におこなってください。

股関節をほぐして、むくみ解消

股関節は、骨盤と太ももの骨をつなぐ大切な部位。生活習慣のクセにより、本来は正しい位置に安定している股関節がズレてしまうことがあります。股関節まわりの血流が悪くなり、太ももの前側にある筋肉が縮んで硬くなってしまう原因に。詰まりを解消すると血流が改善されるので、むくみ解消につながります。

方法は、股関節を意識しながら片脚を後ろに引いて、よく伸ばすだけ。引いた脚とは逆方向にストレッチするのも効果的です。反対の脚も同様に繰り返しましょう。

座りながらできる、脚のむくみ解消ストレッチ

まずフェイスタオルを用意し、仰向けになります。片方の足裏にタオルを敷き、タオルを両手に持ったまま上げていきましょう。膝を伸ばした状態で3~5分ほどキープしたら、反対側も同様におこないます。

立ちながらできる、脚のむくみ解消ストレッチ

机や壁に両手をつけ前傾姿勢になり、かかとをつけたまま足を大きく開きましょう。このとき、かかとを離さないのがポイント。かかとをしっかりつけることで、足裏を効果的に伸ばすことができます。

後ろ足をしっかり伸ばし、前の膝を曲げていきましょう。反対の足も同様に繰り返してください。

膝の抱えこみストレッチ

まず布団や座布団など柔らかいものの上に横になります。両手で両膝を抱え込み、頭を丸めて全体的に丸まったポーズで太ももを伸ばしていきましょう。

バタ足ストレッチ

太もも前面の筋肉を刺激できるストレッチです。うつ伏せで横になり、バタ足をするように足をバタバタと動かしていきましょう。

お風呂上がりにする、むくみ解消ストレッチ

筋肉がほぐれてリンパの流れが良くなり、むくみの解消に効果的なストレッチです。お風呂上がりは血行が促進されている状態なので、体が柔らかくなっています。体が硬い人でも、おこないやすいはず。

方法は、床に座って足を前に伸ばします。手を伸ばし、足先を体に近づけるように引っ張りましょう。

体の歪みを改善して、脚痩せを目指す

効率よく脚痩せを目指すには、毎日のストレッチに加えて、整体院で骨格の歪みを整えることも有効です。全国的に展開している大手の整体サロン、カラダファクトリーでは脚痩せ・下半身痩せをサポートしてくれるコースが用意されています。自分では気づかなかった体のバランスや日常生活のクセを知る機会にもなるので、おすすめです。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

足首のくびれがほしい。太くなってしまう原因と、細くするためにできることとは?

理想的な脚のバランスは、太もも・ふくらはぎ・足首が...

2019年06月12日, ストレッチ

原因は冷えと食事。足首のセルライトを無くして、引き締まった脚へ。

美脚になりたい、というのは多くの女性が思うこと。た...

2019年06月12日, ストレッチ

理想のふくらはぎになるためには、マッサージでリンパを刺激して血行を改善しよう。

ミニスカートやタイトなパンツを履いたとき、すらっと...

2019年06月12日, ストレッチ