くるぶしのマッサージ方法とは?足首のむくみ解消に効果的。

記事の著者:Siena編集部

くるぶしをマッサージしてほぐしてあげることで、足のむくみ解消に効果があります。とくにヒールをよく履く人は、重点的にマッサージしてあげることがおすすめ。

ヒールを履くと、かかとが上がり、つま先が下がった状態になります。この姿勢をずっと続けていると、ふくらはぎの筋肉である腓腹筋が縮んだ状態となり、血管やリンパ管を圧迫してしまうことに。血行が悪くなるだけでなく、筋肉の動きによって流れているリンパがうまく流れなくなり、足首がむくむ原因になります。

くるぶしマッサージの効果とは

くるぶしマッサージは、足首のむくみ解消に効果的。アキレス腱がきゅっと引き締まった足首は、ヒールを履いたときに足が美しく見えます。

また、マッサージは食生活の改善やストレッチに比べて即効性があるものなので、すぐに効果を体感したいという人にもおすすめ。くるぶしだけでなく、ふとももやふくらはぎ、足の甲、アキレス腱などのまわりにある組織も合わせてマッサージすると、相乗効果でより早くむくみの解消が期待できます。

太もも、ふくらはぎ、くるぶしの順番でマッサージしよう

くるぶしマッサージは、足首だけでなく、足全体の血流やリンパの流れを良くすることが可能。また、心臓に近いふとももからはじめて、ふくらはぎ、くるぶし、と足の上から下へ順番にマッサージをおこなえば、より効果が高まります。

ふともものマッサージ

付け根にあるリンパ節に向けて、太ももをさすり上げるようにマッサージしていきます。軽くなでるだけでも十分に効果的。

ふとももの付け根のリンパ節には、老廃物を排出したり、外部の菌から体を守る役割があります。

ふくらはぎのマッサージ

ふくらはぎも太ももと同様、リンパ節があるひざ裏へ向けて、足首からさすり上げるようにマッサージしていきましょう。最後に、ひざ裏のへこみを刺激することがポイント。ふとももからふくらはぎまで、良いリンパの流れをつくることができます。

くるぶしマッサージ

足の内側、くるぶしの内側の下からゆっくりと圧をかけながら回していきます。1周回ったら、親指でくるぶしの下を押しましょう。これを3回程度繰り返しおこないます。そのあと、くるぶしの外側を同じように圧をかけながらぐるっとマッサージ。1周回ったら、親指でくるぶしの下を押します。これも同様に、3回ほど繰り返します。

次に、アキレス腱まわりのマッサージ。アキレス腱のへこみに指をあてて、ふくらはぎへ向かってさすり上げます。

最後は、足の甲。甲の側を指先から足首に向けて押していきます。痛きもちいいくらいの力加減でおこなうのがコツです。

ヨガで体質から改善しよう

くるぶしマッサージを習慣にすることで、引き締まった足首を手に入れることができます。しかし、職業柄どうしてもハイヒールの靴を履かなければいけない人やむくみやすい体質の人は、マッサージだけでは十分な効果が得られないかもしれません。

そんな人は、ホットヨガで体質から変えていきましょう。温かい室内でヨガをおこなうと、通常のヨガに比べて代謝アップ効果がより期待できます。さらに血行もよくなり、むくみにくい体へと変わっていきます。

ホットヨガスタジオのカルドは、全国的に店舗展開していて、駅からも近く、通いやすいのが特徴。店舗によっては、岩盤浴やジムが併設されているところもあるので、よりホットヨガの効果を実感できるはずです。

カルドを予約(公式サイト)