くるぶしをマッサージして、足全体のむくみを解消しよう。

記事の著者:Siena編集部

くるぶしをマッサージしてほぐしてあげることで、足のむくみに悩むことがなくなるかもしれません。ヒールをよく履く人は、重点的にマッサージしてあげることがおすすめ。

ヒールを履くと、かかとが上がり、つま先が下がった状態になります。この姿勢をずっと続けていると、ふくらはぎの筋肉である腓腹筋が縮んだ状態となり、血管やリンパ管を圧迫してしまうことに。血液の流れが悪くなるだけでなく、筋肉の動きによって流れているリンパがうまく流れなくなり、足首がむくむ原因となるのです。

また、ヒールを長時間履いていると、むくみだけでなく、体に疲れがたまることも。体の歪みを整えていくことで、体の疲れとむくみを同時に解消していくことが可能です。おすすめは、大手整体サロンのカラダファクトリー。

体の歪みを改善していく施術で、1回受けただけでも効果を実感することが可能。疲労が取れてすっきりとした体になります。また、継続していくことで、体の歪みを正しい位置に戻していく効果が期待できるので、血行も良くなり、むくみの改善にも。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

マッサージは、即効性が期待できるもの

くるぶしマッサージは、足首がむくんできたと感じたときに効果的です。アキレス腱がキュッと引き締まった足首は、ヒールを履いたときに足が美しく見えます。

日々の食生活と生活習慣の見直し、足の筋肉をほぐすストレッチなども足首のむくみを解消するために有効な方法ですが、効果が見えるまでは気長に根気よく続ける必要が。マッサージは、即効性があるものなので、日常的におこなうことで、むくみのない足を目指すことができるのです。

くるぶしだけでなく、ふとももやふくらはぎ、足の甲、アキレス腱などのまわりにある組織も合わせてマッサージすると、相乗効果でより早くむくみの解消が期待できるはず。

また、スリミングジェルを使ってマッサージをすると、より効果を実感できます。バンビウォーターは、洗い流す必要がなく気軽に使用できるスリミングジェル。寝る前に使用すると翌日にはむくみが解消されていた、という口コミもあるで使ってみてください。

No.1スリミングジェル!バンビウォーターをチェック(公式サイト)

太もも、ふくらはぎ、くるぶしの順番で

くるぶしマッサージは、足首だけでなく、足全体の血流やリンパの流れを良くすることが可能。また、心臓に近いふとももからはじめて、ふくらはぎ、くるぶし、と足の上から下へ順番にマッサージをおこないましょう。

ふともものマッサージ

太ももを、付け根にあるリンパ節に向けて、さすり上げるようにマッサージしていきます。軽くなでるだけでも十分効果的。

足の中で一番心臓に近い部分、ふともものマッサージから始めましょう。ふとももの付け根のリンパ節には、老廃物を排出したり、外部の病気の菌から体を守る役割があります。

ふくらはぎのマッサージ

ふくらはぎもくるぶしと同様に、リンパ節がある膝裏へ向けて、足首からさすり上げるようにマッサージしていきましょう。

最後に、膝裏のへこみを刺激することがポイント。これで、ふとももからふくらはぎまでリンパの流れをつくることができます。

くるぶしマッサージ

足の内側、くるぶしの内側の下からゆっくりと圧をかけながら回していきます。1周回ったら、親指でくるぶしの下を押しましょう。これを3回程度繰り返しおこないます。その後くるぶしの外側を、同じように圧をかけながらぐるっとマッサージし、1周回ったら、親指でくるぶしの下を押します。これも同様に3回ほど繰り返します。

次に、アキレス腱まわりのマッサージ。アキレス腱のへこみに指をあてて、ふくらはぎへ向かってさすり上げます。

最後は、足の甲。甲の側を指先から足首に向けて押していきます。痛きもちいいくらいの力加減でおこなうのがコツ。

ホットヨガで、むくみ体質を改善していこう

むくみは普段から、という人は、むくみの改善も目指していきましょう。おすすめはホットヨガ。温かい室内でヨガをおこなうのですが、通常のヨガに比べて代謝アップに効果が期待できるほか、体を温めた状態でヨガをおこなうことで、血行もよくなり、ゆったりとしたヨガのポーズは運動効果の期待も。むくみの改善のために効果的な要素がホットヨガには多数あります。

ホットヨガスタジオのカルドは、大手のヨガスタジオ。全国的に店舗展開していて、駅から近い店舗が多いので通いやすいのが特徴です。事前予約もいらないので、好きなときにレッスンを受けることが可能。店舗によっては、岩盤浴やジムが併設されているところもあるので、運動不足解消や冷え性改善にも。

カルドを予約(公式サイト)