ヨガとピラティスの違いとは?異なる歴史、得られる効果は対照的。

記事の著者:Siena編集部

美容や健康を目的におこなわれる、女性に人気のヨガとピラティス。似ていると思われがちな2つのエクササイズは、それぞれを比較してみると、実は明確な違いが多数あります。

ヨガの起源は、約4,500年前のインド最古とも言われているインダス文明。インドの様々な宗教と深い結びつきがあり、ヒンドゥー教や仏教などの修行としておこなわれていたという歴史も。ヨガは、瞑想に入り精神統一をおこなうもの。呼吸や姿勢を正すことで、精神面の安定やリラックス効果があると言われています。

ピラティスは、1920年代にドイツ人従軍看護師ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したと言われています。体幹とインナーマッスルを鍛えることで、骨の歪みを矯正。正しく効率的な身体をつくるエクササイズです。ヨガのストレッチ的な要素を取り入れ、心身を自分自身でコントロールする目的でおこなわれています。

ヨガとピラティスの違いは、歴史だけではありません。そのエクササイズ方法や得られる効果にも、異なる部分が多数あるのです。

ヨガは腹式、ピラティスは胸式

ヨガとピラティスは、どちらも呼吸法を大切にしていますが、ヨガは腹式呼吸なのに対し、ピラティスでは胸式呼吸を推奨しています。

ヨガの腹式呼吸では、吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹を凹ませるのが特徴。腹式呼吸をすると副交感神経が優位になるので、心身が内側から緩み、リラックス効果が期待できます。

ピラティスの胸式呼吸では、胸に空気を入れていくイメージで呼吸をおこなうのが特徴です。胸式呼吸をすると交感神経が優位になるので、集中力が増し、スッキリとアクティブな状態へと導くことができます。

体の動かし方も異なる

ヨガは、ポーズをとった状態で静止します。瞑想や精神統一などを目的とすることプログラムが多いことも特徴の1つ。ヨガのポーズにはたくさんの数があり、それぞれのポーズによって効果や効能が違います。道具や器具は一切使わず、身体をストレッチして伸ばすことがメイン。

ピラティスは、ヨガとは異なり常に体を動かすエクササイズ。主に筋肉であるインナーマッスルを鍛えます。一見ハードな運動のようですが、もともとはリハビリのために開発されたエクササイズ。動きはどれもゆるやかで、初心者でも簡単におこなえます。また、プログラムによっては、ゴムバンドやバランスボールなどの器具を用いる運動も。負荷を抑えられ、インナーマッスルをより効果的に鍛えることができます。

得られる効果は対照的

ヨガの最大の特徴はリラックス効果です。ヨガの呼吸は、副交感神経の働きを活発にしてくれるので、ストレス発散や精神と身体のバランスを整えることができます。また、腹式呼吸は腹筋を鍛えることができるので、内臓を刺激し、便秘改善を期待できるだけでなく、体の内側からじんわりと体全体を温められるので、冷え症の改善にも効果的。

ピラティスは、呼吸によって交感神経の働きが活発になるので、インナーマッスルを効果的に鍛えることが可能。血行促進や代謝アップ、また体幹が鍛えられるので姿勢の改善なども期待できるかもしれません。短期間で効果が出せるのも、ピラティスの特徴です。

心のヨガ、体のピラティス

ヨガという言葉には、心と体をつなぐという意味があります。単なるエクササイズではなく、呼吸法や瞑想、ポーズを通して心の在り方に変化をもたらします。また、スピリチュアル的な側面を持つのがヨガの特徴です。

ピラティスは、ヨガの技法を取り入れているため、似ている要素がいくつかありますが、ピラティスの場合は体にフォーカスし、エクササイズがメイン。全身の細かな筋肉や骨格にダイレクトに働きかけることで、心身のコントロールを目指していくのが特徴。

ピラティスで使うマットは分厚い?

ヨガやピラティスをおこなう際のウェアに違いはありません。どちらも汗をかくエクササイズのため、吸水性のあるウェアがおすすめ。

マットに関しては、ヨガとピラティスで使用するものには違いがあります。ピラティスは床に転がっておこなう運動が多く、薄いマットだと背骨や腰骨に痛みを感じてしまうため、ピラティスマットは、ヨガマットよりも分厚い作りになっているのが一般的。厚さ5mm以上のものが多くみられます。ピラティスを始めようという人は、マット選びに注意してましょう。

選ぶポイントは2つ

気持ちの面を改善したいならヨガ、体の面を改善したいならピラティスをおすすめします。

ヨガは、心と体のバランスを整え、穏やかさを手に入れることができます。瞑想や呼吸法、ポーズを通して、リラックスすることで、日々の慌ただしさから離れ、本来の自分自身を取り戻すことができます。ゆとりのある生活を目指すことができるかもしれません。

また、さまざまなポーズをとることで、普段の生活の中で使用しない筋肉を刺激し、体の内側を鍛えていきます。それによって体の代謝をアップさせ、太りにくい体質へと改善することが可能です。

ピラティスは、積極的に体を動かすためリフレッシュすることができます。体幹の筋肉を鍛え、エネルギーを高めるので、毎日がパワフルで活き活きとしたものに。運動不足を解消したい人やダイエットをしたい人も、ピラティスがおすすめ。インナーマッスルを鍛えることで筋肉量を増やすことができるほか、基礎代謝が上がることで脂肪が燃焼しやすくなり、痩せやすい体に。

また、妊婦におすすめなのがピラティスです。妊娠は喜ばしいことである反面、精神的にも肉体的にも大きく影響します。筋肉強化や骨の柔軟性アップを実現することによって、負担を軽減でき、妊娠期間中を楽に過ごせるようになるかもしれません。

ヨガとピラティスを始めてみる

ヨガは精神的なリラックス効果を期待できるのに対して、ピラティスはインナーマッスルを鍛えることで、正しい身体づくりを目指します。2つの共通点は、どちらも身体だけでなく、精神バランスを整えることで、心身ともに健康的な身体づくりを目指すという部分。ヨガとピラティス、それぞれのメリットどデメリットを考え、自分の健康状態やライフスタイルに合わせて生活に取り入れてみましょう。

ヨガとピラティスの違いを知って、どちらも試してみたくなった人に、ホットヨガスタジオLAVAをおすすめします。全国的に店舗展開している大手のホットヨガスタジオですが、ピラティスがおこなえるコースもあり、ヨガもピラティスも楽しむことができます。体験レッスンではヨガレッスンを試すことができるので、まずは心のリラックスを目的に、ヨガを始めてみるのも良いかもしれません。

LAVAを予約(公式サイト)