ヨガで膝が痛い?原因と対処法3選:橋や弓のポーズに注意!

記事の著者:Siena編集部

最近、美容や健康目的で若い人からお年寄りまで、ヨガを行う人は増加中です。人気のヨガですが、ヨガを行うことで膝の痛みを感じる人が出てきています。

健康になるために始めたヨガで怪我をしないために、今回はヨガで膝を痛める原因と3つの対処法についてご紹介していきます。

膝を痛めないポイントは、関節の伸ばし方にもあります。今まで常温空間でヨガをやってきた方は、温室空間で身体を温めながら筋肉を伸ばせるホットヨガを体験してみませんか?

ホットヨガスタジオLAVAでは、体験レッスンを926円で受けることができます。温かい環境下では筋肉が伸ばしやすくなっているので、膝の関節にも負担をかけずにヨガをすることができるでしょう。

LAVAを予約(公式サイト)

ヨガで膝が痛くなる以外に、10パターンの怪我が挙げられます。怪我を未然に防ぐには、原因を知っておくことが大切です。ヨガの怪我10パターンと対処法

ヨガで膝を痛めてしまう原因とは?

膝関節は、非常に複雑で繊細な結合組織で構成されており、無理なエネルギーが長時間かかると痛みが生じます。

膝が痛む原因として1番多いのは、膝が本来動く方向とは違う方向に負荷がかかってしまうことです。もともと膝は縦方向に動きますが、ねじれるようにはできていません。しかし、ヨガで毎回ねじるような負荷をかけていると、次第に損傷していきます。

膝周りの結合組織は血液が流れている組織ではないので、治るまで時間がかかり、長期化する可能性もあります。もし痛みを感じるときは、決して無理せずお休みすると良いでしょう。さらにひどい場合は、病院で診察を受けてみてください。

ヨガで膝を痛めてしまったときの3つの対処法

ヨガで膝を痛めてしまった場合、どのような対策を取ることができるでしょうか。今回は3つの対処法をご紹介します。

対処法①不自然な膝の動きにならないよう注意する

膝だけでなく、あらゆる関節は可動域が広ければ広いほど良い、柔らかけば柔らかいほど良いという訳ではありません。安全に稼働するためにロックがかかることは正常な仕組みです。

ヨガに慣れていて柔軟性が高い人は、特にロック機能が緩んでいます。筋肉はもちろん、もともとあまり伸縮性のない靭帯まで過剰に伸張し、オーバーワークになりがちです。

自分の膝や、体の状態を感じながら、過度になりすぎないように注意してヨガを行いましょう。呼吸を腹式呼吸にすると、膝の状態や自分の体も冷静に観察できるのでおすすめ。

対処法②膝に過度の負担がかからないポーズを行う

もともと、膝に痛みがある人や、膝の故障が心配な人におすすめの方法です。あらかじめ、膝に負担がかかりそうなポーズを知っておくと、膝の怪我を予防することができます。

基本的には、膝が伸びた状態で体重がかかるようなポーズは危険です。

橋のポーズ(仰向けの状態で膝を立てて足を床につき、肩と足で胴体を持ち上げ起こすポーズ)や、弓のポーズ(うつ伏せの状態から手で足首を持って体を反らせるポーズ)なども膝に変な方向に負担がかかりやすいので、膝が開きすぎないように注意しましょう。

少人数制のクラスなどで、変なポーズになっていないかなどインストラクターにみてもらうことができれば安心です。

対処法③痛みがある時は、つま先を持ち上げ膝のお皿をキュッと上げる

つま先を上にググっと持ち上げると、膝を支える筋肉のスイッチがオンになり、膝を支える筋肉が膝の怪我から守ってくれます。

そんなに痛みがない方は、つま先をリラックスさせる程度でも大丈夫です。もし、不安な方はインストラクターに相談して、ポーズの負荷を軽減する方法やアドバイスをもらうのが1番良いでしょう。

ホットヨガで筋肉の伸ばしやすさを実感!

高温多湿の空間で身体をじんわりと温めながら行うホットヨガは、身体に負担をかけにくいため、膝を痛めている方でも効果的に関節を伸ばすことができます。

汗をかきやすい温められた空間でヨガを行うことで、代謝が促進されてデトックス効果も高まるでしょう。

自己流でヨガをしていた方は、プロのインストラクターの指導によって正しい姿勢を身に付けることができ、内臓の働きをも活性化させる効果を期待できます。

ホットヨガスタジオのLAVAでは、会員になると豊富なプログラムの中から悩みに合わせたコースを受けることも可能です。

体験レッスンは926円で試すことができるので非常に人気があります。今までと違うヨガを体験してみたい方は、LAVAでホットヨガを始めてみませんか?

LAVAを予約(公式サイト)