ヨガで腰痛が悪化?ヨガで腰痛が治る場合と悪化した場合の対処法3選

記事の著者:Siena編集部

ヨガは、身体の歪みや姿勢の悪さを矯正できるので、腰への負担を減らして腰痛を改善することができると言われています。日本人の4〜10人に1人は腰痛持ちと言われる時代なので、ヨガで腰痛を改善したいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、場合によってはヨガで腰痛が悪化してしまうこともあります。今回は、ヨガで腰痛を治したい人に向けて、ヨガで腰痛が治るケースと悪化するケースの違いと、腰痛が悪化してしまった場合の対処法を3つ紹介します。

記事を参考にして自分の身体の状況を理解しておくことで、ヨガをしながら不安になることもなく心から楽しめるでしょう。

また、腰痛改善に効果的なヨガをするなら、ホットヨガスタジオLAVAがおすすめです。姿勢と骨盤の歪みを整えながら、体幹を鍛えて効果的なヨガを体験することができます。

自分でヨガをやるのは不安という人は、LAVAに通ってプロから教わると良いでしょう。不安を感じることなく腰痛の改善に繋げることができます。

LAVAを予約(公式サイト)

ヨガで腰痛が悪化してしまう以外にも、肩こりが悪化したり、膝が痛くなる人など様々な怪我があります。怪我のパターンと原因を知って、事前に怪我をしないようにするために、以下の記事を参考にしてみてください。ヨガの怪我10パターンと対処法

ヨガで腰痛が治るケース

ヨガで腰痛が治るケースをいくつか紹介していきます。当てはまらない場合は、ヨガが悪い影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

①骨盤や姿勢の歪みから腰痛になっている

腰痛の原因の1つは、骨盤や姿勢が歪んでしまい、腰周りの筋肉に負荷がかかり過ぎているパターンです。歪みが原因の腰痛だと、ヨガで歪みが整ったり、姿勢が良くなることで腰痛が良くなる人もいます。

②精神的な原因で腰痛になっている

実は、腰痛に悩む人の8割が原因不明と言われており、物理的な原因の他に、ストレスなどの精神的な面も腰痛を引き起こす原因となっているのです。

アメリカの研究では、ヨガなどの瞑想プログラムで精神面もカバーした治療を取り入れた患者さんの方が、通常の治療よりも効果があったというデータがあります。ヨガは、精神的にリラックスする効果も高いので、ストレスからくる腰痛の場合はヨガでの改善も期待できます。

③体幹の筋肉が鍛えられている

腰痛の人のほとんどは、腰周りの筋肉に負荷がかかっていることが多いです。腰ばかりではなく、お腹周りも一緒に鍛えてあげることで、腰の筋肉を周りの筋肉がサポートしてくれるので、改善したと感じる場合も多くあります。

ヨガで腰痛が悪化するケース

ヨガで腰痛が悪化してしまう人の特徴は、大きく2つあります。しっかりと理解して、腰痛を悪化させないようにしてください。

①腹筋が弱い

お腹のインナーマッスルを使えない状態で、腰や脚の筋肉だけでヨガを頑張りすぎてしまった人です。お腹のインナーマッスルが使えない状態で運動を行うと、腰・脚・お尻などの筋肉の緊張が抜けず、ヨガをしていてもどんどん体が固くなってしまうことがあります。

腰痛持ちの人のほとんどが腰の筋肉を使い過ぎることがクセになっている人が多いので、自分では正しいポーズをしてると思って気づけていない場合がほとんどです。

②反り腰

反り腰の人は、普段から腰まわりが反っているのが当たり前になり、腰まわりの筋肉を使い過ぎている傾向にあるので注意が必要です。

後屈系のポーズ(コブラ・ラクダなどのポーズ)が原因で腰痛になる場合が多くあります。例えばコブラのポーズなどは手をマットについて後ろに反りますが、腹筋への意識が抜けると背筋だけの力で反ることになり、背筋が過度に緊張してしまうことで腰痛が悪化しやすくなります。

ヨガで腰痛が悪化してしまった場合の対処法3つ

ヨガで腰痛が悪化してしまった場合、どのように対処すれば良いかご紹介します。ですが、痛みがひどい場合は、無理をせずに医療機関などに通うようにしてください。

①腹筋やインナーマッスルを鍛えるポーズも行う

腰痛持ちの人のほとんどは、腹筋やインナーマッスルがうまく使えず、腰まわりの筋肉にばかり負荷がかかってしまっています。腹筋を鍛えて、腰の負担をやわらげてあげましょう。具体的には、杖のポーズ・舟のポーズ・ねじった三角のポーズなどがおすすめです。

また、腹式呼吸もお腹の筋肉を意識しながらやると鍛えられるので、意識しながら行ってみましょう。

②呼吸を感じる

もし、ヨガの途中で呼吸が止まっていたり、浅くなっていたら身体が無理しているサインです。

呼吸がコントロールできないほど苦しい状態だと、身体が緊張で固まっている状態なので、ポーズの強度を軽減させてみましょう。そのポーズはお休みしても良いかもしれません。

また、腹式呼吸によって筋肉の柔軟性は上がるので、緊張している身体の部分に酸素を送るイメージで呼吸をすると柔らかくなることもあります。まずは自分の状態を観察して、自分に合ったヨガを行いましょう。

③少人数のレッスンに通う

腰痛の原因は人によって違うので、インストラクターに細かい指導をしてもらうことが一番です。

大規模なクラスだと細かい指導を受けられない場合も多いので、心配な場合は事前にインストラクターに腰痛があると伝えておくのも良いでしょう。負荷を軽減したポーズや、ポーズを軽くする方法を教えてもらえるでしょう。

ヨガで腰痛を悪化させてしまわないよう、しっかりとポイントを抑えてヨガを行いましょう。

インナーマッスルを鍛えるヨガで腰痛改善!

原因と対処法でも触れたように、ヨガを行う上でのインナーマッスルは腰痛と大きく関係しています。

ホットヨガスタジオLAVAでは、インナーマッスルを鍛えることができるのでおすすめです。体幹を鍛えるヨガのポーズを知ることで、姿勢や骨盤の歪み改善にも繋がります。

高温多湿の環境でヨガを行うことで、筋肉の伸びが促進されるだけでなく、代謝が良くなってデトックス効果も高まります。

インナーマッスルを鍛えることで、腰の負担が軽減されて腰痛改善に役立つでしょう。LAVAのレッスンでは骨盤の歪みも改善できる効果が期待できるので、腰を痛めにくい姿勢を身に付けることもできます。

体験レッスンは1000円で受けることができ、とてもお手軽です。腰痛に悩んでいる人は、LAVAのレッスンで腰痛を改善しながらヨガを楽しんでください。公式サイトから体験レッスンの予約ができるので、チェックしてみましょう。

LAVAを予約(公式サイト)