リンパ詰まりの原因と予防法とは?マッサージで老廃物を流そう。

記事の著者:Siena編集部

リンパは、老廃物の排出やウィルス・細菌から体を守る免疫の働きなど、健康な毎日を送るために大切な役割を担っています。

しかし、老廃物が滞ってしまうこともしばしば。顔や足のむくみや免疫力の低下など、さまざまな悪影響が起きることも。ストレッチやマッサージを日常的におこない、リンパをきちんと流すように努力することが大切です。

リンパが詰まる原因

リンパは、老廃物や細菌などの体にとって不要なものを除去する働きをしており、血液と同じような成分で構成されるアルカリ性の黄色い液体です。

血液は心臓がポンプの役割を果たして全身に運ばれますが、リンパは筋肉の収縮によって流れる仕組みになっています。そのため、ずっと同じ姿勢のままでいたり、運動不足になるとリンパがうまく流れなくなるのです。

とくに注意したいのが、リンパ節にリンパが詰まってしまうこと。リンパ節とは、リンパ管のなかにある1~25ミリ程度のコブのような節で、体全体では800個程度あると言われています。

病気が体に広がらないように食い止める役目を担っている大切な器官なので、詰まると体の抵抗力が落ちてしまうため、注意しましょう。

リンパ詰まりによる症状

リンパは、体中に張りめぐらされたリンパ管を通って全身に流れています。うまく流れないことで、体がむくんだり、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりといった症状が起きてしまうことも。

喉から細菌に感染したり、肩が痛くなったりするといった症状もでてきます。日々なんとなく感じる不調は、リンパがつまっていることが原因というケースが多々あるので気をつけましょう。

リンパ詰まりの予防法

リンパが詰まらないようにするためには、体をよく動かし、筋肉をつけることが大切。また、マッサージは効果的です。

リンパ節がある首や鎖骨のくぼみのあたり、ひじ、指先、脇、お腹、足首、ひざ、ふとももの付け根を、リンパの流れに沿ってマッサージしましょう。老廃物はリンパ節から心臓に向かって排出されるため、手でリンパの流れを補助してあげるマッサージは効果的です。

リンパマッサージに関して、詳しく知りたい人はリンパの流れを改善する方法とは?お風呂上がりに優しくマッサージしよう。をチェックしてみてください。

ストレッチや筋トレも効果的

年齢を取るとどうしても筋力が衰えてきてしまいます。50歳からは、10年で15パーセントずつ減少してしまうとも言われているのです。必然的にリンパの流れも悪くなってしまうため、日々意識してストレッチや筋トレを取り入れましょう。

その反面、筋肉は90歳になっても鍛えられるという嬉しいニュースもあります。筋肉を鍛え、リンパの流れを良くして、毎日を快適に過ごしましょう。

プロの施術を受けるのもおすすめ

リンパの詰まりが気になる人は、プロの施術を受けてみるのもおすすめ。人気のカラダファクトリーでは、リンパドレナージュというコースを受けることができます。

フットケアコースでは足裏を刺激することで、全身の老廃物を流し、体を軽くすることができると評判です。整体院に行ったことがない人の満足度も高い整体院なので、気軽に足を運んでみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)