快適な睡眠を導くリラックス法とは?癒される音楽やアロマも効果的。

記事の著者:Siena編集部

仕事のことを考えたり、不安なことを思い出したりして、不眠に悩む人も多いはず。睡眠不足は、心身ともにさまざまな不調を引き起こす可能性があります。

ストレスは快眠にとって最大の敵。職場の人間関係、仕事の量や内容、収入や家族のことなどで悩んだりイライラすることで、徐々にストレスを溜めていってしまいます。大小さまざまな心理的ストレスは、交感神経を活発化。副交感神経を抑制することで、睡眠を妨害してしまうことも。

睡眠前にリラックスできる工夫をすることで、不眠が解消されるかもしれません。

睡眠前にハーブティーを飲む

ハーブティーには、カフェインが含まれていません。体を温めてくれるだけでなく、不安な気持ちを和らげる効果もあるので、快適な睡眠につながります。なかでもカモミールティーは、ハーブティー初心者の人でも飲みやすいのでおすすめ。

寝る1時間前には、明るい光を避ける

パソコンやスマートフォンが発するブルーライトと呼ばれる光は、安眠を妨害します。しっかりと熟睡するためには、ベッドに入る1時間前にはスマートフォンの電源を切って、リラックスタイムにしましょう。また、このタイミングで部屋の照明を暗くすると、より深い眠りにつくことができるはずです。

寝る前にアロマやリネンスプレーでリラックス

眠る前には、アロマやリネンスプレーを使用するのも効果的です。ポイントは毎晩継続すること。毎日眠る前に同じ香りを嗅ぐことで、脳がこれから眠りにつくということを覚えてくれます。出張先や旅行先に同じ香りがするものを持って行くと、自宅と同じ気分になれるので、どこでも安心して熟睡することができます。ラベンダーの香りは自律神経を整え、心配な気持ちを和らげる効果があるのでとくにおすすめ。

ベッドに入る前にリラックスできる音楽を聴く

滝や川の流れる音など、自然の音は安心感を与えてくれます。リラックスできる音楽を聴くと、脳波がα波に変わるため、入眠しやすい状態に。ネットやアプリでも簡単に聴くことができるので、聴覚からもリラックスしていきましょう。

深部体温を下げる

深部体温とは、内臓の温度のこと。耳から上を冷やして、内臓の一部である脳の温度を下げると寝付きが良くなります。また、足首を温めて汗をかくことで内臓の温度を冷やすのも効果的。しかし、表面体温が冷えると深部体温は上がってしまうので、体は冷やさないようにしましょう。

枕を見直してみる

使っている寝具のなかでも、枕はとくに重要。体に合ったものを使うことが大切です。体に合わないものを使って毎日寝ていると、首や肩こりの原因に。とくに、痩せ型で体が薄い人は、一般の枕だと高すぎる可能性があります。そんなときはタオルを枕代わりにして、自分に合った高さに調節してみましょう。

リラックスして睡眠の悩みから解放されよう

熟睡するメリットは、健康面だけではなく、仕事のパフォーマンス向上にもつながるなど、さまざまな良い影響を与えてくれます。朝起きてからぼーっとしてしまう人やなんとなく疲れがとれないという人は、枕を見直したり、音楽を聞いてみたりするなど、気軽におこなえるものから始めてみましょう。

睡眠の問題は、プロの力に頼るのも1つの手。整体でバランスを整えることもおすすめ。カラダファクトリーという整体院なら、快眠整体コースでは首、肩、腰を中心とした疲労などの不調を改善。熟睡感がない、夜中起きてしまうといった悩みに対して効果的にアプローチしてくれます。さらに腸もみによって、自律神経のバランスを整え、睡眠物質であるメラトニンを分泌させやすい腸内環境に変えていくことが可能です。。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)