ストレスを解消するマッサージとは?頭をほぐして不調もケア。

記事の著者:Siena編集部

明治大学法学部の堀田秀吾教授が2017年に出版した『科学的に元気になる方法集めました』によると、マッサージを受けることでコルチゾールが31%低下し、セロトニンが28%増加するほか、意欲向上に効果的なドーパミンも31%増加することが判明しています。

コルチゾールとはストレスを受けたときに分泌が増え、ストレスホルモンとも呼ばれるホルモンです。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質の1つであり、精神の安定に関与しています。セロトニンが不足すると脳機能に低下がみられたり、ストレス障害・うつ・睡眠障害といった原因にも。

ここでは、セルフでマッサージをするときにストレス解消に効果的な方法を紹介します。日常にマッサージを取り入れて、コンディションを整えていきましょう。

頭のマッサージで、ストレスを解消しよう

人はストレスを感じたときに頭蓋骨の筋肉が収縮し、血行が悪くなってコリが生じると考えられています。頭蓋骨と頭皮の間には、前頭筋(ぜんとうきん)・側頭筋(そくとうきん)・後頭筋(こうとうきん)などの筋肉が存在しており、筋肉の中・周辺には細かな血管や神経が多数。

ストレス処理は脳の役割なので、頭の筋肉はストレスの影響を受けやすく、コリが生じやすい部分です。コリを放置してしまうと、頭痛・眼精疲労・睡眠障害といったトラブルを誘発する原因になります。

頭にコリがあるか、セルフチェックしてみて

普段、頭のコリについて気にしている人は少ないはず。頭のコリは頭皮に触れてチェックすることで、知ることができます。下記の項目に当てはまっていないか、頭皮を確認してみましょう。

  • 頭皮を指で押しても頭皮が動かない・硬さがある
  • 頭皮を指でつまんだとき、上手くつまめない・痛みがある
  • 額(髪の生え際)を押したとき、凹んだまま元に戻りにくい・指の跡が残る

上記の項目で1つでも該当する場合は、頭にコリがある状態と言えます。

頭のコリをほぐして、ストレスを解消するマッサージ法

ストレスを解消するためには、頭蓋骨をマッサージして頭のコリをほぐすことが大事です。ここでは、こめかみのマッサージ法を紹介します。

まず両手を軽く広げたら、小指の付け根で膨らんでいる部分をこめかみの下に押し当てて、後ろ回しで10回を目安にぐるぐるとマッサージ。次に、両手をこめかみのくぼんだ部分に当てて、10回ほど同様にマッサージしましょう。

こめかみエリアには、頭痛・眼精疲労・耳鳴りといった症状の改善に効果的なツボが存在しています。このマッサージは、目の疲れ・痛み・充血・かすみ・老眼のケアとしても有効です。

マッサージをすると、自律神経が整う効果も

マッサージの健康効果はさまざまですが、自律神経のバランスが整う効果もあります。マッサージをすることで体の緊張がほぐれ、リラックス状態に。

ストレスがかかったり、疲れを感じているときは交感神経が優位になり、体が緊張している状態です。マッサージでリラックスすることで、体を休める副交感神経が優位になります。

その結果、イライラや不安が落ち着き、睡眠の質が向上するメリットも。