胃痛を解消するツボとは?手足のツボで手軽に症状を緩和しよう。

記事の著者:Siena編集部

食べ過ぎやストレスなどから生じることの多い胃痛。症状を手軽に緩和させたいとき、ツボが有効です。ツボ押しのポイントは、1回5秒程度を目安に、ゆっくり深呼吸しつつ息を吐くタイミングで押すこと。

個人差があるので回数に大きな決まりはありませんが、強すぎない力で押してください。機能が弱ってしまった胃をツボ押しでいたわることで、体のコンディションを整えましょう。

足三里(あしさんり)

足三里は万能のツボとも呼ばれており、胃痛の症状を緩和する効果を期待できます。場所は、膝のお皿から指4本ほど下にある、くぼんだ部分です。

親指を使って気持ち良いと感じる強さで刺激をすると、胃の機能を活性化し、消化吸収を助けてくれます。

合谷(ごうこく)

手の甲にある合谷は、親指の付け根と人差し指の付け根の骨の真ん中に位置しているツボ。胃痛の改善だけでなく、手にある筋肉の緊張を緩めてリラックスさせたり、便秘を解消する効果も期待できます。

親指をツボに当てて、優しく刺激しましょう。ボールペンのキャップなど道具を使って刺激するのも効果的です。

中脘(ちゅうかん)

胃腸の働きを整えるうえで役立つツボが中脘です。胃を丈夫にし、胃痛や嘔吐、膨満感や消化不良といった胃の不快な症状を和らげる効果を期待できます。

場所は、みぞおちとおへそを結んだラインの中央です。指で押すだけでなく、お灸やカイロなどで温めるのも効果的。ただし、満腹時の刺激は避けましょう。

内関(ないかん)

内関は胃を中心とした消化器系の不調に効果があるツボです。自律神経を整え、心の不安やストレスを緩和してくれる効果も。吐き気や嘔吐にも有効で、乗り物酔いにもおすすめ。

手をグーにしたときに腕の真ん中に現れる2本の筋を確認したら、手首の1番太いシワから人差し指〜薬指を置いてください。人差し指の位置と筋2本の中央が交わる部分にあるくぼみがツボの場所です。

内関を押すと痛みを感じる場合、消化器系の内臓が弱っているサイン。暴飲暴食に注意して、消化の良いものを積極的に摂りましょう。

大陵(だいりょう)

手首にできる横ジワの中央部分に位置しているツボが大陵です。胃をはじめとする消化器官の不調に有効です。親指を使って、優しい力で刺激しましょう。

労宮(ろうきゅう)

労宮を刺激すると血行の促進につながり、緊張を和らげてストレスを緩和する効果を期待できます。ストレス性の胃痛を解消したいときにピッタリです。さらに、自律神経の乱れを整えてくれる効果もあるので、イライラや不安な気持ちを鎮めたいときにもおすすめ。

場所は、手を軽く握ったとき中指が手のひらにつくところ。親指を使って息をゆっくり吐きながら、少し強めの力で刺激してください。左右どちらも10回程度を目安に刺激するのが効果的。

押すと痛む場合は、ストレスが溜まっているサインです。リラックスできる時間を確保し、自分なりのストレス発散方法を見つけて実践しましょう。