簡単ストレッチを悩み別に紹介。毎日継続して、不調を解消しよう。

記事の著者:Siena編集部

ストレッチをすることで筋肉の疲労回復を促進でき、肩こりや腰痛など体の不調を解消する効果を期待できます。さらに、ストレッチをすると副交感神経が優位になるので、リラックス効果も。

ここでは、代表的な悩みの解消に有効な、日常で簡単にできるストレッチをピックアップして紹介します。毎日の日課にストレッチを取り入れて、体のコンディションを整えましょう。

簡単ストレッチで体の不調を改善しよう

長時間同じ姿勢を取ることが続くと、血行が悪化し筋肉は緊張状態に陥ってしまいます。ストレッチすることで血流が促進され、筋肉に必要な酸素や栄養がまわるようになることで、コリや痛みといった不調の解消に有効です。

ストレッチのポイントは、自然な呼吸を続けながら、無理をして伸ばしすぎないこと。反動をつけると筋肉を痛めてしまう恐れがあるので、痛みの出る手前で留めましょう。伸びを感じながら20秒を目安に状態をキープさせることで、ストレッチの効果を実感しやすくなります。

オフィスではトイレに行くタイミングで肩をまわす、スマホを使っているときは15分に1回首のストレッチをするなど、自分でストレッチする時間を決めておき、こまめにおこなうことが大切です。

肩こりを解消するストレッチ

肩こりを解消するストレッチです。

姿勢を伸ばして立ったら、頭を前後左右に倒していきます。慣れてきたら手を添えて、少しずつ力を加えていきましょう。余裕がある場合は、倒すときに口を開いたり閉じたりして、カチカチと歯を鳴らすイメージで大きく動かすと、ストレッチ感をアップさせることができます。

猫背を解消するストレッチ

猫背の解消に効果的なストレッチです。胸の緊張をほぐすことができ、姿勢が良くなることで呼吸が楽になるメリットも。

姿勢を正して立ったら、両手を後ろで組み少し上げます。体の前面を張るイメージで胸を開き、肩甲骨を寄せた状態を10〜20秒キープしましょう。

首の歪みを整えるストレッチ

首のコリにつながる歪みを整えるストレッチです。首と頭をつないでいる関節を伸ばすことができます。

背筋を伸ばして立ったら、頭だけを真っ直ぐ前に出して10秒キープ。次に、あごに手を当てて後ろへ強く押し、水平にスライドさせた状態を10秒キープしてください。

ヒールで疲れた足首のストレッチ

足首をストレッチすることで、ヒールで固まってしまった足首の可動域を広げることが可能です。

まずは、足の指をつまんで、1本ずつ刺激していきます。次に、イスや床に楽な姿勢で座り、右足首を左の太ももに乗せてください。右手で足首を押さえたら、左手で甲を持って手前に引き、足の甲が伸びているのを感じながら1分キープしてください。

続いて、かかとを押さえて足裏を反らせたら、左手でかかとを持って右手で足を反らせ1分キープ。今度は、リラックスして足首をクルクルと回しましょう。右手で足首を押さえて、左手でつま先を掴んでください。足首の力を抜いて、手の力を使って足首を大きく10回まわしたら、左足も同様にまわしてください。