コルギの脚痩せ効果とは?むくみ太りの脚をスッキリ細くしよう。

記事の著者:Siena編集部

骨にアプローチするコルギの施術は、顔だけではありません。美脚効果を期待できる、脚へのコルギもあります。女優の西内まりやさん、モデルの道端カレンさんもこのコルギを受けており、脚のむくみを解消するうえでも有効です。

ここでは、気になるコルギの脚痩せ効果について、セルフコルギ法もあわせて紹介します。

コルギの脚痩せ効果とは?

コルギで脚痩せを実感しやすいのは、脚がむくんでいることで太くなっているタイプの人だと言われています。

本来は脚の筋肉がポンプのような働きをしてリンパを流し、老廃物を排出。しかし、運動不足などで筋肉が衰えていると、ポンプのパワーも弱いので老廃物が排出されず溜まった結果、むくみとなって現れるのです。このむくみ解消にコルギの施術が有効。

脂肪太りのタイプがコルギの脚やせ効果を得るには?

では、脂肪で脚が太くなっているタイプの人が効果を実感するには、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、コルギに有酸素運動をプラスすること。筋肉をつけるためにジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を20〜30分おこない、コルギによってポンプ機能を高めることがカギとなります。

時間が取れない場合は、エレベーターの代わりに階段を利用するなど、歩く機会を増やすことが大切。また、移動中の電車内では、かかとを上げることで、ふくらはぎの筋力強化につながります。

日中は筋力をアップさせ、夜にコルギをおこなうと、むくみを解消できスッキリした脚に。

脚痩せを期待できるセルフコルギ法

まず、コルギを始める前の準備として、ツボが集中している足裏をマッサージします。全体的に気持ち良いと感じる強さで、揉みほぐしてください。

座った状態で、指の付け根から足首に向かって、グーにした手でさすり上げます。痛気持ち良い強さで、親指の付け根から足首まで、位置をずらしながら小指までおこないます。4〜5回を目安に、3セット繰り返しましょう。

次に、グーにした両手で足首の骨を挟み、膝に向かってさすり上げます。ふくらはぎも同様に、3〜4セットおこなってください。

今度は、グーにした両手で膝から股関節に向かってさすり上げ、太ももにも同様に3〜4セットおこないましょう。最後に、股関節を左右に揺らすようにマッサージして終了です。

効果を高めるコツは?

脚痩せコルギは下から上に向かって、さすり上げるのが基本です。スムーズにコルギをおこなうために、ボディオイルやクリームを使うのがおすすめ。

手をグーにするとき、主に第2関節、場合によって第1・第2関節の間を使うように意識しましょう。また、お風呂上がりなど体が温まっているタイミングでおこなうと効果的。

サロンに通う場合、目安となる頻度は?

コルギの施術を受けたり、セルフでおこなうと、脚痩せの即効性を感じる人は多くいます。効果を最も実感できると言われているのは、個人差がありますが、施術後2日程度です。

効果の持続期間は、だいたい1〜2週間程度と言われているため、サロンに通う場合はその期間内に次回の予約を取っておくと、効果を維持しやすくなります。セルフでおこなう場合は、できるだけ毎日継続しましょう。

とくにコルギを始めたばかりのタイミングは、骨の位置を体に記憶させる必要があります。少なくとも3ヶ月程度は継続的におこなうことが大切です。