岩盤浴の効果とは?美肌やダイエット、健康維持にピッタリ。

記事の著者:Siena編集部

高温にした岩石の上にタオルを敷き体を温める岩盤浴は、女性を中心に人気となっている健康効果の高い入浴法です。温泉施設や岩盤浴専門店などを中心に広まっており、年齢を問わず楽しめる点が特徴。

岩盤浴には美容やダイエット、健康維持など多くの効果があり、体調を整えたり体質を改善させるうえで役立つ入浴法です。岩盤が発する赤外線や温熱効果、マイナスイオンなど普段感じることが少ない要素がたくさん含まれており、それらが体をメンテナンスしてくれます。ここでは岩盤浴で得られる効果について、理解を深めていきましょう。

岩盤浴の美容効果とは?美肌やデトックスにピッタリ

岩盤浴の効果として、まずは女性に嬉しい美容効果を紹介。美肌はもちろん、体の中の余分なものが排出されていくデトックス効果です。

岩盤浴では高い温度に熱された岩石の上に横たわることにより、体の芯から温まるので大量の汗をかきます。体の中に溜まった老廃物や酸化した皮脂が汗と一緒に流れ出ることでデトックスでき、美肌効果が生まれるという仕組みです。

美肌やデトックスを促進させてくれる大量の汗には、実は赤外線が関係しています。赤外線とは電磁波の1種であり、特定の周波数と合致することで共鳴が起こり、振動する点が特徴。これは電子レンジが電磁波によって食材の水分を振動させ、そこに生じた摩擦熱で温まる、という仕組みと同じです。

岩盤浴でも岩盤が発する赤外線により体内の水分が振動し、体の内側からじっくりと温まることが可能。岩盤浴による美肌やデトックス効果を高めるには、2つほどポイントがあります。

岩盤浴後の汗を拭きとらないことが、美容効果を高めるカギ

岩盤浴では大量の汗をかきますが、美肌効果を高めるためにはできる限り拭きとらないことが大切です。「汗を拭かないと不潔では?」と思うかもしれませんが、岩盤浴に入っているうちに段々とサラサラした汗に変わり、その汗が美肌効果を高めてくれます。

岩盤浴でかく汗は天然の美容液と言われるほど美容効果が高いので、拭きとってしまうと効果が半減し、もったいないです。拭きとる代わりに、その汗を体にサッとすり込むように撫でるのがおすすめ。お風呂上がりはすぐに化粧水を塗らないと肌が突っ張ってしまう、という人でも岩盤浴の汗によって潤いを保つことができます。

シャワーは岩盤浴前に浴びておこう

大量の汗をかいた後にシャワーを浴びてスッキリしたい、という人も多いはず。しかし、美肌効果を求めるのであれば岩盤浴後のシャワーを控えましょう。岩盤浴前にシャワーを浴びて表面の汚れをサッと流しておくと、岩盤浴でかく汗に汚れが付着せずキレイなままの汗になります。

岩盤浴のダイエット効果とは?新陳代謝アップを期待できる

岩盤浴では、ダイエット効果も見逃せません。体の芯から温め発汗が促されることで、新陳代謝アップを期待でき、それにより脂肪燃焼効果も高まります。新陳代謝が高まると、痩せやすい体になることも魅力です。岩盤浴がダイエットに有効な理由を抑えておきましょう。

岩盤浴で得られる一時的なダイエット効果

まず、岩盤浴に入ることで、むくみの原因となる余分な水分が汗となり排出され、一時的なダイエット効果を得られます。しかし、あくまで一時的なので新陳代謝は促進されず、大きなダイエット効果を得ることはできません。岩盤浴で十分なダイエット効果を得るためには、継続して岩盤浴に入ることが必要になります。

血流が良くなることで、脂肪燃焼を促す効果を期待できる

岩盤浴では岩盤が発する赤外線の効果により、体の芯から温まって体温が上がることで、新陳代謝がアップし痩せやすい体へと変化。個人差はありますが、人間は体温が1度上がることで基礎代謝は13~15%上がると言われています。血流が良くなることで、脂肪燃焼の効果を期待できるのです。

また、新陳代謝がアップすると、とくに何もしなくてもカロリーが消費されやすくなるので、よりダイエット効果を高めることが可能に。

岩盤浴の健康効果とは?免疫力アップ、疲労回復、リラックスにも

岩盤浴は健康効果も高く、温熱効果で免疫力がアップしたり、疲労回復やリラックス効果も感じられ、心身ともに癒される入浴法です。

岩盤浴でNK細胞を活性化

岩盤浴では美容やダイエット効果が話題に上がりやすく、免疫力アップと言うとイメージが湧かない人もいるはず。岩盤浴に含まれる赤外線やマイナスイオンが、免疫力アップの元になるNK細胞を活性化させることが明らかになっています。

NK細胞は体内に侵入したガンやウイルスを撃退する力を持っている細胞です。パーファリンと言うタンパク質でできた物質がNK細胞の力を引き出していると言われており、パーファリンは岩盤浴で増加することが研究から分かっています。これが、岩盤浴に入れば免疫力アップにつながる理由です。

空気中のマイナスイオンと温熱効果で疲労回復

日頃の疲れや慢性的に溜まっている疲労を回復させるうえでも、岩盤浴は有効。岩盤浴で疲労回復効果を得られる理由には大きく2つあり、空気中にあるマイナスイオンと温熱効果です。

マイナスイオンは疲労回復を促進させるストレス軽減効果があり、岩盤浴で心理的なストレスが解消されていくことにより疲労回復を促すというもの。もう1つの温熱効果は、岩盤浴により体が芯から温まることで疲れが溜まっていた内臓や筋肉が軽くなり、疲労回復していくというものです。

岩盤浴はマイナスイオンと温熱効果の2つを同時に体感できるので、疲労回復にピッタリ。

岩盤浴で副交感神経が優位に

岩盤浴には心身を整えるうえで役立つリラックス効果もあり、独特の静かな雰囲気や心地良い温かさが安心感につながり、リラックス効果が高まります。さらに、岩盤浴の温熱効果で体が芯から温められると、自律神経のなかの副交感神経が優位に。副交感神経はリラックスを活性化させる神経なので、自然と体が休まり癒されていくのです。

岩盤浴の体質改善効果とは?冷え性の解消に有効

冷え性に悩む人は多いはず。岩盤浴には体質改善効果も期待でき、冷え性の解消に役立ちます。

岩盤浴は通常のサウナやお風呂と異なり、内臓など体の芯から温まることができるので、普段は温まりにくい部分を活性化することが可能です。芯から温まることに体が慣れていくことで温かさが持続し、基礎代謝が上がる結果、冷え性の解消につながります。

ただし、岩盤浴による冷え性の解消効果を得るには、週に3回を目安に入るなど、継続することが大切です。