クリスタルボウルヨガとは?癒しの音色で、リラックスしたい人に。

記事の著者:Siena編集部

クリスタルボウルという楽器を使用しながらヨガをおこなう、クリスタルボウルヨガ。ヒーリングの効果があるため、普通にヨガをするよりもリラックス効果が高いことが特徴です。

またそれだけでなく、体に良い影響を及ぼすと言われています。クリスタルボウルヨガとは、一体どういうものなのでしょうか?

クリスタルボウルヨガとは?

ヒーリング効果が高いと言われる、クリスタルボウルを奏でる空間でヨガをおこなうのがクリスタルボウルヨガです。癒しの効果が高く、非常にリラックスできます。

クリスタルボウルから発せられる振動音は、体の細胞レベルに働きかけ、マッサージと同じ効果をもたらしてくれるため、血行やリンパの流れを良くすることが可能。

また、ヨガのポーズと呼吸に音色が組み合わさることで相乗効果が期待できます。代謝が上がりやすく、いつも以上に体が温まるのが早くなるため、汗をかきやすくなると言われています。

多くのレッスンで、最後にクリスタルボウルの音色を聴きながら、シャバアーサナという屍のポーズをおこないます。

クリスタルボウルとは?

クリスタルボウルは、水晶などの石を材料に作られた楽器。音響による精神的な癒しと、音の圧力による肉体的なほぐしの効果で、深いリラックス効果が得られます。

水晶などのパワーストーンを溶かし、筒状の型に入れて作られます。音色はとても柔らかく、仏教で使われる「おりん」のように、長く響く倍音が特徴。心身をリラックスさせるヒーリング効果があります。ゴムのマレット(バチ)で、複数のボウルのふちを叩いたり擦ったりして音を奏でます。

歴史は浅く、1970年代には、楽器ではなくコンピュータチップの原材料となるシリコンウェハーを製造するための容器、石英るつぼとして使われていた過去も。その後、1980年代ごろから楽器として使われるようになり、徐々に改良されていき、現在の形に変化していきます。

クリスタルボウルヨガには、ほかにもさまざまな効果が

クリスタルボウルには音階があり、いくつかの音がハーモニーを奏でます。その音色を聴くことで、脳からα波が出て、脳を活性化させたり、ストレスを軽減し免疫力を高めて病気を予防する効果がある、β(ベータ)エンドルフィンというホルモンが分泌されます。音で癒されるだけでなく、実際に体にも良い影響を及ぼすのです。

音や振動は、耳だけで聴いているわけではなく、空間全体に音の振動が伝わっています。音圧によって、全身が包まれたような感覚が得られ、体の緊張を取り除き、ほぐしていくことが可能に。

クリスタルボウルの音を体で感じることで、より深い瞑想状態に。緊張や不安を和らげ、幸福感を感じられるホルモンのセロトニンが分泌。クリスタルボウルヨガを通じて、前向きな思考を持つことができるようになります。