酵素風呂で得られる効果とは?高い発汗、温熱作用で温活しよう。

記事の著者:Siena編集部

近年話題になっている温活。その1つに、酵素風呂で体を温めるという方法があります。一体どんな効果が得られるのでしょうか?

酵素風呂は、体感温度は40度程度と普段の入浴とはほぼ変わらないにもかかわらず、女性に多い冷えの悩みに効果を発揮します。体を温め、不調を解消しましょう。

酵素風呂とは?

電気やガスを使わず、酵素の自然発酵熱で体を温めていくもの。酵素風呂で使用されているのは、酵素を生み出すための酵母となるパウダー状のおがくずや米ぬか。そこに野菜や果物から抽出したエキスの酵素液を混ぜ込むことで、自然発酵し熱を発生させます。

木製の浴槽に発酵した酵素が含まれるおがくずを敷き、足の先から肩までを覆うようにおがくずを被せます。体への負担が少なく、普通の入浴ではリラックスどころか疲労を感じてしまう、全身がなかなか温まらないことがあるという人にもおすすめ。

酵素風呂の4つの効果

酵素風呂で得られるのは、体を温める効果はもちろん、美肌効果も。継続していくことで、内からも外からもきれいになっていくことができます。

発汗作用でデトックス効果

普通の入浴時と同じくらいの適温に設定されている酵素風呂。しかし、発汗量に違いがあり、たった15分入っているだけで、約15kmランニングをおこなったときと同じくらいの発汗作用があると言わています。

体に溜まった老廃物を発汗によって排出させることで、むくみの解消や肌荒れ予防に効果的。

肌の調子が整えられ美肌効果にもおすすめ

酵素や米ぬかには、美肌効果があります。古い角質が除去されたり、肌にうるおいが与えられたりと、女性にとって嬉しいポイントが多数。

また、美肌効果も。シミやそばかすを改善する効果があります。酵素風呂を定期的に利用することで、全身すべすべの肌を手に入れることが可能です。

体温上昇により免疫力をアップさせる効果

酵素風呂は、普通の入浴よりも温まった体温を長く維持させる効果があります。基礎代謝も上がり、冷え性の改善にもつなげていくことが可能。また、体温が上がることで免疫力がアップ。風邪や病気になりにくくなり、疲労回復の力も上がります。

また、代謝が上がると脂肪の燃焼も活発になり、ダイエット効果も得られるほか、太らない体を維持するのに役立ちます。

酵素風呂の入り方・デメリット

酵素風呂で使用されているおがくずには、米ぬかが混ぜられていることが多く、独特の香りが苦手という人には少し辛いかもしれません。その場合、ヒノキのおがくずを使った酵素風呂を選ぶようにすると、香りに悩むことは少なくなります。

また、好転反応が起こる場合があります。デトックス効果で老廃物が体外に排出される際や温熱効果によって、一時的に吹き出物や発疹、かゆみなどが現れることがあります。すぐ治ることがほとんどなので、心配はいりません。ただ、何日経っても治らない場合は、体質が合っていないことも考えられるので、酵素風呂はやめ、病院を受診しましょう。