リンパを流して、疲れも癒す。下半身のマッサージ法。

記事の著者:Siena編集部

立ちっぱなし、座りっぱなし、など長時間同じ姿勢を続けることで、リンパの流れが滞りがちな下半身。老廃物が溜まるとむくみとして現れ、脂肪と複雑に絡まることでセルライトになってしまう恐れも。

老廃物をしっかり排出するには、リンパの流れを改善するマッサージが効果的です。むくみが解消されて下半身痩せの効果が期待できるだけでなく、血が巡るようになるので疲労回復にも。

下半身のおすすめマッサージ

お尻や太もも、ふくらはぎを触ってみて、冷たい・硬いと感じた場合、老廃物が溜まっている証拠です。老廃物が流れると体液がしっかり巡るようになるので、血色が良くなり、触り心地が柔らかになります。

時間が無い場合は、足裏をまんべんなくマッサージするだけでも効果的。足裏には全身につながる反射区が多数あり、適度に押すことで体がポカポカするはず。

太もものマッサージ

太もも周辺には、腸骨リンパ節、そけいリンパ節といったリンパ節が位置しています。腸骨リンパ節は脚や超、生殖器からのリンパ液が集まるスポットで、そけいリンパ節は脚や下腹部の内臓からリンパ液が集まってきます。この部分をマッサージでほぐすことで、効率よく老廃物を流すことが可能です。

方法は、両手で膝上の内側を挟み込むように掴み、脂肪を絞るようにして膝裏に向かって5回動かしていきましょう。次に、膝上にある骨に沿って、中心から外側に向かって広げるように親指で5回しごきます。

内ももを掴んで、膝上の内側から太ももの付け根に向かって、全面もんでいきましょう。全体的にもみほぐせたら、両手の第2関節で膝上から付け根に向かって、脂肪を流します。

太もも全体を膝からさすり上げ、そけい部のリンパを両手の親指で外から内に押したら完了です。反対の脚も同様におこないましょう。

ふくらはぎのマッサージ

ふくらはぎがむくんでいるときは筋肉が硬直して血流が滞っている状態なので、積極的にマッサージするのがおすすめ。

足首から膝裏にかけて筋肉を揉みながら、さすっていきましょう。左右の手を交互に使って滑らせるようにすると効果的。

リンパの流れと血行が改善されて、疲れが取れやすくなります。少し痛いくらいの力加減にするとデトックス効果も。

テニスボールを使った、足裏マッサージ

テニスボールを使った足裏のマッサージです。テニスボールを踏みつけて、爪先からかかとに向かって転がすように動かしましょう。靴下の上からでも可能です。

全身の疲労回復やむくみの解消のほか、冷えの予防にも効果を期待できます。

また、足裏を刺激したときに痛みを感じるようであれば内臓機能が低下している可能性があるので、食生活の改善も意識しましょう。

腰のマッサージ

腰の筋肉をほぐすマッサージです。腰痛や腰のコリが緩和されるので、デスクワークの後におこなうのがおすすめです。

猫背状態で両手で握りこぶしを作り、背中から腰にかけてグリグリとさすっていきましょう。手の甲の硬い部分を使うことがポイントです。仕上げに、背筋を真っ直ぐにして腰に手を当てるポーズをします。そこから両手の親指を使って、腰の筋肉をぐるぐる押し回していきましょう。

下半身をマッサージするメリットとは?

下半身のマッサージは足腰の疲労や痛みだけではなく、全身の疲労回復にも効果があると言われています。とくに、脚は全身に血を巡らせるポンプの役割があるため、マッサージするだけで全身の血行改善に有効。

また、下半身の筋肉を日頃から柔らかくしておくことで、ケガや姿勢の歪みの予防にも役立ちます。